★ マレーシア国会議員が大活躍!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! 前回記事でマレーシア国会議員の王建民(Ong Kian Ming)先生が、マレーシア政府から北朝鮮労働者287人がいるとの答弁を引き出したことを書きましたが、その王先生がアメリカのケリー国務長官に、マレーシア外相に北朝鮮労働者追放を迫るよう求める声明を出しました! また駐マレーシア北朝鮮大使と直接面会することになりました!

(前回記事は下記をご覧ください)
本ブログ2015年7月20日付記事


さっそくアメリカ政府系のRFA(自由アジア放送)韓国語放送がこのことを報じ、「王先生には北朝鮮大使に、マレーシア人拉致被害者についても問い質してほしい」という私のコメントが紹介されました。すでに王先生には、マレーシア人拉致事件の資料を送ってお願いしてあります。
http://www.rfa.org/korean/in_focus/human_rights_defector/laborhr-07312015161505.html
(翻訳ページに入れると、だいたい分かる日本語になります)
https://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=wT


さあ、ケリー国務長官は取り上げるか? 王先生と北朝鮮大使の面会は、どんな対決になるか? 楽しみですね!


62e7bba6.jpg



★ マレーシア人女性拉致事件

ここで再び、マレーシア人女性4人が隣国シンガポールで拉致された事件をおさらいしたいと思います。事件は昭和53年(1978年)8月に発生しています。これは拉致が集中的に行われた時期と重なります。昭和53年は政府認定事案だけでも6月に田口八重子さん、田中実さん、7月に地村保志さん・富貴惠さん、蓮池薫さん・祐木子さん、8月に市川修一さん・増元るみ子さん、曽我ひとみさん・ミヨシさんが拉致されています。またタイ人女性アノーチャ・パンジョイさん、韓国人男性4人(映画監督と高校生3人)、レバノン人女性4人、マカオ人女性2人も昭和53年7月と8月に拉致されています。

マレーシア人女性拉致は、日本人を装う3人の北朝鮮工作員によって実行されました。まず自称ホン(あまり日本人らしくない名前ですが)がシンガポールのクレメンソー・アベニューにあったマダム・ユン・キーイン経営のコンパニオン派遣会社に女性の派遣を依頼します。そして拉致の前夜ショッピングに連れて行き、気前よく金を使って信用させ、「船上パーティーに来れば時給100ドルとダイヤモンドをあげる」と誘います。この誘いに乗ったマレーシア人女性4人とシンガポール人女性1人(年齢19~24歳)がイースタン・アンカレッジに停泊していた貨物船に乗り込むと、そのまま拉致されました。

事件の知らせを受け、シンガポール警察は自称ホンが泊まっていたペニンシュラ・ホテル812号室に急行します。しかし2日前にチェックアウトした後でした。その後マレーシア警察とインターポールの協力も得て大規模な捜査が行われますが、手がかりはつかめませんでした。シンガポール警察は地元紙ストレート・タイムズの取材に対し、「最悪の未解決事件の一つ」と述べています。

マレーシア人拉致被害者は、韓国人拉致被害者の女優・崔銀姫さんが北朝鮮で彼女たちについて聞いたと証言したほか、ジェンキンスさんが平壌で目撃しています。

被害者の国籍・民族は違えども、拉致犯罪の卑劣さに変わりはありません。一日も早く被害者を救出する必要があります。その動きは日本人拉致被害者救出を大いに助けます。王先生に期待しています!



★ クウェートは北朝鮮国家犯罪を阻止すべし!

さて、ここで今回の本題に入ります。1月から皆様とともに、北朝鮮労働者雇用を止めさせるためマレーシアやカタールに働きかけてきましたが、今回は中東最大の4000人を受け入れているクウェートにロビー活動を行いましょう。


Kuwait1991
第一次湾岸戦争時に炎上するクウェートの油田


なぜ人数が多いクウェート、ロシア、中国が後回しになっていたかというと、ストレートに訴えても効果がない国々だからです。クウェートは人口の過半数を外国人労働者が占めていますが、政府は外国人の労働環境など歯牙にもかけておらず、アメリカ国務省の人身売買報告書では毎年最低評価(tier 3)です。そこでマレーシアのように野党議員の良識に期待できる国(当たりでした!)や、カタールのようにワールドカップ開催地変更の危機に瀕している国を先に狙ったのです。


ところが7月3日に、北朝鮮のマネーロンダリングがクウェートを舞台に行われているとの報道がなされ、状況は変わりました。クウェート政府は労働者問題の批判には馬耳東風ですが、自国が国際金融犯罪の舞台になっていて国連制裁違反の可能性があるなら、真剣に対処します。

問題の記事は、韓国の朝鮮日報に出ました。北朝鮮が国営・高麗航空のクウェート・平壌便を使って大量のドル紙幣を運んでいるほか、クウェート検察当局が朝鮮貿易銀行クウェート支店をマネーロンダリングや違法送金の容疑で強制的に閉鎖し、100万米ドルを押収したと報じました。日本語記事は有料会員でないと見ることができませんが、英語版なら無料です。
http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2015/07/03/2015070301475.html


北朝鮮の核・ミサイル開発に寄与する恐れのある現金を密輸する行為は、国連制裁破りの重大な犯罪です。北朝鮮による大量の現金の移転について国連安保理決議2094号(2013年採択)14項は、制裁破りのため行われることに「懸念を表明し」、国連加盟国に対抗措置を義務付けています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/n_korea/anpori2094.html
クウェートには、朝鮮日報が報じた事実を捜査し、阻止する義務があるのです。


Amir of Kuwait
クウェート首長 ザバーハ4世


ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。クウェート首長(王様)にメールを送って、北朝鮮国家犯罪阻止を訴えていただきたいのです。例文をコピーするだけなら1分でできます。

例文は王族である国家元首宛なので、丁寧な表現になっています。マネーロンダリング阻止義務についてだけでなく、奴隷労働の黙認がILO条約違反であることや、北朝鮮企業への支払いが国連安保理決議・FATF声明に違反することを書きました。


クウェートがイラクに占領されたとき、日本国民は救援のため血税から1兆円を支払いました。私たちは、1人1万円近いお金をクウェートのため支出しているのです。そのクウェートが、我が国を脅かす凶悪犯罪国家・北朝鮮を支援して良いはずありません。

例文ではメッセージが伝わるように、アメリカが北朝鮮に激怒していることを書きました。若い兵士が血を流してクウェートを解放したのに、そのクウェートが北朝鮮核開発の資金を提供していると知ったら、アメリカ国民は裏切り行為と憤激するでしょう。
北朝鮮と付き合う危険性を、クウェート政府はよく考えるべきです。


それでは皆様、いますぐお送りください。よろしくお願いします。



送り先
info@da.gov.kw, amirsoffice@da.gov.kw


ファックスで送る場合
965-22430559

例文
件名: North Korea’s criminal activities in Kuwait
例文:
His Highness Sheikh Sabah Al Ahmad Al Jaber Al Sabah
Amir of the State of Kuwait
Al Diwan Al Amiri


Your Highness,

I am deeply concerned over North Korea’s money laundering operations in Kuwait and the plight of 4,000 North Korean slave labourers in Kuwait who are subject to forced labour under North Korean supervisors. These criminal activities are funding North Korea’s nuclear and missile programmes that are posing serious threat to the international community. May I respectfully request that Your Highness prevents money laundering and expels North Korean slave labourers immediately?

South Korea’s leading newspaper the Chosun Ilbo reported on 3 July that North Korea (DPRK) is using twice-monthly Air Koryo flights from Kuwait to Pyongyang to illegally transfer bulk cash.
http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2015/07/03/2015070301475.html
Kuwait is a member state of both the UN and the Middle East and North Africa Financial Action Task Force (MENAFATF) and is obliged to crack down on North Korea’s money laundering activities.
Paragraph 14 of UN Security Council resolution 2094 (2013) stipulated: “Expresses concern that transfers to the DPRK of bulk cash may be used to evade the measures imposed in resolutions ... and clarifies that all States shall apply the measures set forth in paragraph 11 of this resolution”. Regarding North Korean diplomatic passport holders who often act as cash couriers in the money laundering operations, paragraph 24 stipulated: “Calls upon States to exercise enhanced vigilance over DPRK diplomatic personnel so as to prevent such individuals from contributing to the DPRK’s nuclear or ballistic missile programmes, or other activities prohibited by resolutions”.
http://www.un.org/press/en/2013/sc10934.doc.htm
The Financial Action Task Force (FATF), global standard setting body for anti-money laundering and combating the financing of terrorism, urged all its members and jurisdictions in its Public Statement: “to apply effective counter-measures to protect their financial sectors from money laundering and financing of terrorism (ML/FT) risks emanating from the DPRK.”
http://www.fatf-gafi.org/documents/news/public-statement-june-2015.html

The plight of North Korean slave labourers in Kuwait has been widely reported by the international media, including CNN and The New York Times, and is seriously damaging Kuwait’s reputation in the international community.
http://edition.cnn.com/2015/05/15/asia/north-korean-foreign-workers/
http://www.nytimes.com/2015/02/20/world/asia/north-koreans-toil-in-slavelike-conditions-abroad-rights-groups-say.html
Former slave labourer in Kuwait Mr Rim Il said at a news conference in Seoul: “We were never paid our wages, and when we asked our superiors about them, they said we should think of starving people back home and thank the leader for giving us this opportunity of eating three meals a day. ... Our life was nothing but slavery,”
The UN human rights investigator for North Korea said on 16 March that he would probe allegations of North Koreans working in slave-like conditions abroad.
http://www.reuters.com/article/2015/03/17/us-northkorea-workers-idUSKBN0MC24420150317

The US State Department Trafficking in Persons Report 2014 stated clearly that North Korean labourers sent abroad are “subjected to forced labor.”
http://www.state.gov/documents/organization/226847.pdf
It is in violation of ILO’s Forced Labour Convention (1930) , Declaration on Fundamental Principles and Rights at Work (1998) and Supplementary Convention on the Abolition of Slavery (1956) to use North Korean labourers, and payment to North Korea violates paragraph 11 of UN Security Council resolution 2094 (2013) as well as aforementioned FATF Public Statement. Kuwaiti businessmen who deal with North Korea could be arrested in the US for violating Executive Order 13687 that prohibits deal with controlled entity of the North Korean government or the Worker’s Party of Korea, effectively meaning all North Korean companies.
https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2015/01/02/executive-order-imposing-additional-sanctions-respect-north-korea
Bulgaria, Czech Republic and Romania stopped their employment programmes for North Korean labourers as a matter of legal obligation and I am hoping that Kuwait will follow suit immediately.

North Korea has been threatening the international community with nuclear weapons. On March 2013, North Korea’s foreign ministry issued a statement: “Since the United States is about to ignite a nuclear war, we will be exercising our right to preemptive nuclear attack against the headquarters of the aggressor in order to protect out supreme interest.”
http://www.reuters.com/article/2013/03/07/us-korea-north-attack-idUSBRE9260BR20130307
Kuwait’s ally, the US, took the threat very seriously and they are trying to clamp down on North Korea’s illicit activities that are funding nuclear and missile programmes, such as the export of slave labourers. It would be treacherous for Kuwait to continue funding the pariah state.

Thank you for your consideration.

I have the honour to be, Sir, Your Highness’s humble and obedient servant,
(あなた様のお名前)




gaisenkannpeishiki
あまたたび戦かちしつはものを この青山にみるぞうれしき
(明治天皇御製)


明治39年に青山練兵場で行われた、日露戦争凱旋陸軍将兵の観兵式を詠まれた御製