★命日

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、あれからもう一年になりました。先日柿沢未途先生が国会で取り上げた、中国企業による北朝鮮へのミサイル運搬・発射用車両密輸事件が新聞で報じられたのは、昨年613日でした。


あの時てっきり日本政府による意図的リークと思い「やるじゃないか! 日本政府」というタイトルでブログを書きました。

本ブログ2012年6月20日付記事

全然違っていました。情報源ではないかと取り調べを受けた海上保安庁(外務省に出向中)のK氏が、1週間後の昨年620日に自決されました。たいへん有能な方だったそうで、日本にとって大きな損失でした。

本ブログ2012年7月5日付記事

あの日から1年、国連安全保障理事会の新決議で北朝鮮制裁は強化されましたが、我が国を脅かすミサイル発射車両を密輸した会社も、手配した会社も、製造した国営企業も、なんら罰せられていません

 

我が国への重大な脅威となったミサイル発射用車両

中国が国家ぐるみで密輸



★弔い合戦だ!

私たち日本人の生命を危険に陥れ、ボロ儲けした者が、報いを受けずに逃げ切るなど決してあってはならないことです。どこまでも執拗に追いかけ、柿沢未途先生が国会で訴えたように「お金のルートが絶たれれば、こういう会社は存続不可能になる」ようにする必要があります。


北朝鮮に武器を密輸した者は、確実に破滅させなければなりません。武力行使できない我が国は、頭脳戦や外交戦の能力を抑止力にするしかないのです。その最前線で闘うのは、私たち民間志士の役割です。

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。国連安保理理事国の国連大使にメールを送り、中国企業への制裁を訴えていただきたいのです。例文をコピーするだけなら、1分とかかりません。国連への訴えは、K氏へのなによりの供養になると思います。どうぞよろしくお願いいたします。

次の国連制裁決議は、北朝鮮が新たな挑発行為を行った後に採択されますが、今年中ではないかと思います。北朝鮮は現在偽りの対話姿勢を見せていますが、オバマ政権はバカでないので、行動の伴わない交渉に乗ろうとしません。いずれ金正恩はしびれを切らして、核実験をやるでしょう。制裁強化のため、いまから着々と準備を進めていきましょう。


制裁は、拉致問題を解決するカギです。さらに本件を国連大使に通報することで、中国の実像を知らせ、包囲網を強化する効果も期待できます。いますぐお送りいただけると幸いです。

 

幼稚園児がお爺ちゃんに無理難題を押し付けるの図

スキー場建設予定地にて


金正恩は頭が悪く合理的思考ができないので、気分次第ですぐに核実験を行うことも考えられます。


最近「コイツ本当に脳タリンだな」とつくづく思ったのは、金正恩が江原道に建設中の馬息嶺スキー場を現地指導し「全国にスキーブームが起きるだろう」と語ったという朝鮮労働党機関紙・労働新聞の報道です。

 公式メディア・朝鮮中央通信(KCNA)は、通常なら「10年かかっても完成しない」という「総距離100キロ以上(※)」の「世界クラスのスキー場」を、「馬息嶺速度」で今年中に完成させろという金正恩の命令を伝えています。
http://www.kcna.co.jp/item/2013/201306/news05/20130605-02ee.html

 

※ちなみに日本最大級の蔵王温泉スキー場でさえ、総滑走距離は31キロ。


スキーをやる方はよくご存知のとおり、スキーは道具が命です。足によく合ったスキーブーツを選び、オガサカやフィッシャーなどのスキー板に乗らなければ、楽しめないし上達もしません。


ところがです、スキー用品は国連制裁で禁輸対象の「ぜいたく品」に該当するので、北朝鮮は輸入できないのです! 国家の威信をかけて巨大スキー場を作ったのに、道具がないからスキーができない


本来なら抱腹絶倒・大爆笑の話ですが、栄養失調に苦しむ北朝鮮一般国民を思えば笑う気にはなりません。一日も早く体制崩壊させる必要性を痛感するのみです。


送り先(宛先を自分にして、BCCに下記をコピーしてください)

uk@un.int, france@franceonu.org, enaun@mrecic.gov.ar, azerbaijan@un.int, australia@un.int, newyork.rp@mae.etat.lu, korea@un.int,  info@morocco-un.org, ergasana@minaffet.gov.rw
,

例文
件名: China’s Aid to DPRK Missile Programme
本文:
Your Excellency,

I would like to express my gratitude to UNSC for adopting resolution 2094 with tougher sanctions on
North Korea.

In the next resolution that will be adopted after North Korea conducts another nuclear test, I sincerely request that UNSC imposes sanctions on Chinese
companies that manufactured and smuggled TEL (Transporter Erector Launcher)
to North Korea, enabling the rogue state to threaten the international community with pre-emptive nuclear strike.

Japanese newspaper the Asahi Shimbun reported on 13 June 2012 that according to Japanese government sources, 16-wheel WS-51200 vehicles were produced by a subsidiary of the China Aerospace Science and Industry Corporation (CASIC) which is affiliated with the Chinese military, and was smuggled to North Korea on August 2011 in defiance of UNSC resolutions, using M/V Harmony Wish, a cargo ship managed by Harmony Growing Ship Management Co Ltd in Dalian, China. The shipment was handled by Wuhan Sanjian Import and Export Co Ltd in
China.
http://ajw.asahi.com/article/asia/korean_peninsula/AJ201206130003

At a news conference on 13 June 2012, US State Department spokeswoman Victoria Nuland said the US in recent weeks has raised with Beijing its concerns over allegations of Chinese entities assisting North Korea’s missile program and that the US would continue to work with China and others in the international community on enforcing the sanctions.
http://news.ca.msn.com/world/reports-nkorea-missile-launchers-came-from-china
On 5 June 2013, there was a debate at the Japanese House of Representatives on this issue and Counsellor Kenji Kanasugi of MOFA stated “We have conveyed strong concern of the Japanese government over the incident to Beijing through diplomatic channel.”
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/009918320130605016.htm
However, none of the Chinese companies has been designated for sanctions.

As the South China Morning Post reported, a Japanese government official has taken his own life on
20 June 2012 in relation to the Asahi Shimbun report.
http://www.scmp.com/news/asia/article/1240078/us-urged-sanction-china-over-north-korea-arms
If you could raise this issue at UNSC, Mr Kawano would not have died in vain.

Thank you for your consideration.

Very truly yours,
(あなた様のお名前)


翻訳文

大使閣下
国連安保理が北朝鮮制裁を強化した決議2094を採択したことに御礼申し上げます。
北朝鮮の核実験後に採択される次の決議で、北朝鮮にミサイル発射用車両を密輸した中国企業を国連安保理制裁対象にするよう切にお願い申し上げます。
日本の朝日新聞は2012613日に、中国軍系の中国航天科工集団公司が製造した16輪のWS-51200が大連のハーモニー・グローイング・シップ・マネジメント社が運航するハーモニー・ウィッシュ号によって、国連決議に反して20118月に北朝鮮に密輸されたと報じました。輸出元は中国の武漢三江輸出入公司です
(英文記事リンク)
2012
613日に行なわれた記者会見でアメリカ国務省のヴィクトリア・ヌーランド報道官は、アメリカが中国に対してここ数週間のうちに、中国企業が北朝鮮ミサイル計画を支援した疑惑について質したことを明らかにし、アメリカは中国をはじめとする国際社会と連携して制裁履行に努めると述べました。
(AP配信記事リンク)
2013
65日に日本の衆議院で本件に関する質疑が行われ、外務省の金杉憲治参事官は「中国に対しましては、外交ルートを通じまして、本件に関する日本政府の強い関心を伝えた次第でございます」と答弁しました。
(議事録リンク)
サウスチャイナ・モーニングポスト紙が報じたように、本件に関係して日本政府職員が2012620日に自決しています。
(SCMP記事リンク)
もしもあなた様が本件を国連安保理で取り上げてくださるなら、K氏の死は無駄ではなかったことになります。よろしくご検討ください。
敬具

 

 

 

★安倍政権はよくやっている!

 

私たち民間活動家、民間志士は、政府と一定の距離を保つことを求められます。独立してものを考え、たとえ好きな政治家の政策であっても、間違っていると思えば批判する必要があります。忠誠の対象は皇室・国家・民族であって、それより上位のものはあってはならない訳です。

健全な批判的精神こそ、民間志士に必要不可欠の資質だと思います。別に実践という訳ではないですが、私は直接乗り込んで激しく抗議する活動も行っています。

 

その上であえて述べますが、この半年の安倍政権の業績は目を見張るものがあると思います。世の中の雰囲気がパッと変わったことは多くの方が実感している通りです。

私たちが活動する北朝鮮や中国の分野においては、これらゴロツキ国家への包囲網をどんどん構築していっています。

松原大臣より前の民主党政権においては、政府認定以外の何百人という拉致被害者は切り捨てられようとしていましたが、安倍政権は「認定・未認定に関わらず、全員救出する」と繰り返し述べています。私たちが懸命に訴えていたことが、政府の公式な政策になったのは嬉しい限りです。

民主党政権下では相手にされなかった国連調査委員会設置提案は、安倍政権になって全世界を巻き込みアッという間に成立しました。ニューヨーク・タイムズにも賞賛する論説が出ました。

本ブログ2013年4月5日付記事

 

  

国連調査委員会設立で特に力を尽くしてくれた自民党の三先生

 

米韓の批判をものともせず、原則を守りながら、拉致問題解決のため主体的に交渉していることも高く評価できます。実は安倍政権のような「尊敬できる敵」でないと、北朝鮮は妥協しようがないのです。過去の政権は誤った宥和メッセージ(北朝鮮的メンタリティでは軽蔑の対象)を送って拉致問題解決を遅らせましたが、現在のやり方なら期待が持てます。

 

 

このたび自民党が参議院選公約を発表しました。

https://www.jimin.jp/

 

安倍総理が冒頭に記した「日本を覆っていた暗く重い空気は一変しました」は、客観的事実といっていいでしょう。

外交・防衛については「日米同盟を機軸とした戦略的外交の展開と、揺るぎない安全保障政策で、国民の生命と国益を、断固守り抜きますとあります。変なイデオロギーや信仰を持ちこまず、冷静に私たちの将来を考えた場合、これ以外に方法がないのは自明です。

 

北朝鮮については、「『対話と圧力』の方針を抜き、拉致問題の完全解決と核・ミサイル問題の早期解決に全力を傾注します」とあります。今後とも強い圧力をかけ、崩壊寸前まで追い込み、譲歩を引き出してもらいたいものです。

 



國のため命をすてしもののふの魂や鏡にいまうつるらむ

(明治天皇御製)