★イギリスと合意!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! 531日に小野寺防衛大臣がイギリスのハモンド国防大臣と会談し、北朝鮮による核拡散は世界の脅威であり防ぐべきだとの認識で一致し、日英間で機密情報交換を可能にする情報保護協定を締結する方針で合意しました。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130601/plc13060109300008-n1.htm

これは大きな一歩です。実はEU諸国は、北朝鮮への認識が非常に甘かったのです。イランの核武装阻止には熱心なのに、肝心の核技術をイランに売り渡している北朝鮮には目が行き届いていませんでした。ヨーロッパから見ると極東は、その名のとおりFar East(遠い東)であり、関心もあまり持たれていないのです。


それが今回、EU主要国であるイギリスに北朝鮮核拡散の脅威を公式に認めさせ、情報保護協定まで締結することになったのは成果です。思えば1902年に日英同盟が結ばれたことで、2年後に勃発した日露戦争に辛うじて勝ち、我が国は生き残ることができました。イギリスとの協力関係は期待できます。

 

日英同盟によりガーター勲章をお受けになる明治天皇


現在駐英公使として赴任しているのは宮島昭夫氏です。宮島大使が総合外交政策局長補佐官兼国連大使だった昨年、国連調査委員会設立のロビー活動で何度か面会させていただきました。なんというか全身から、「仕事ができるぞ」というオーラを発している方でした。

これまで外務省は、私たち保守派からあまり評価されていませんでしたが、安倍政権誕生後の活躍ぶりには目を見張るものがあります。中国・北朝鮮がどんどん包囲されています。トップが代わって、本来の力を発揮できているようです。今後のさらなる活躍に期待したいものです。


エリザベス女王

 

 

★イスラエル高官から感謝メッセージ届く!

もう一つ良いお知らせがあります。前回のブログで、イスラエルの国会議員全員とメディア関係者80人に、北朝鮮核拡散を阻止するよう呼びかけたことを報告しました。

本ブログ2013年5月20日付記事
イスラエルの一流紙エルサレム・ポストには、私の論文が掲載されました。

http://www.jpost.com/Magazine/Opinion/Neutralize-North-Korea-312644

本ブログ論文リンク

そうしたところイスラエル政府のビックリするくらい高いレベルの方から、直接お手紙をいただきました。私たちが大量殺戮の企てを阻止し、平和を守ろうと活動していることを高く評価し、感謝する旨が述べられています。
たいへん励みになりました。みんなで一層奮励努力しましょう!

 

イスラエル外務省


前回説明したとおり、核兵器を実際に使う可能性が高いイランに、北朝鮮は核技術を供与しています。北朝鮮のテロ組織・テロ国家への支援について、実例を挙げて説明したいと思います。

北朝鮮がシリアの核開発を支援し、原子炉まで作っていたことは、いまや秘密でも何でもありません。2007年にイスラエル空軍は空爆作戦を成功させ、寧辺(ヨンビョン)ソックリに作られたシリアの原子炉を粉々にしました。ところが北朝鮮はそれでも懲りず、シリアに大量破壊兵器を供与し続けているのです。20125月には、北朝鮮からシリアに運ばれる途中だったミサイル部品が押収されています。韓国の釜山港で、弾道ミサイルに使われる黒鉛シリンダー445個が中国の貨物船「新煙台号」から発見されたのです。もちろん氷山の一角であることは間違いありません。シリア内戦で政府軍が民間人を虐殺していることを知りながら、北朝鮮は大量破壊兵器を供与し続けているのです。

 

空爆前と後のシリア原子炉(画像:アメリカ政府)


レバノンに拠点を置くテロ組織・ヒズボラは、2006年にイスラエル一般市民を殺害するためミサイル数千発を打ち込んでいますが、テロ攻撃で負傷した米国籍の30人が、北朝鮮とヒズボラを相手取り1億ドル以上の損害賠償を求める訴訟を2009年にワシントン連邦地裁に提起しています。北朝鮮はヒズボラ戦闘員に訓練や装備を提供したほか、25キロにもわたる地下トンネル建設を支援し、ミサイル部品も供与していました。正にテロ支援国家そのものです。この裁判の判決が確定し、再び北朝鮮がテロ支援国家に指定されることが期待されます。

 

 

自爆攻撃で爆破されたレバノンの国連平和維持部隊アメリカ海兵隊兵舎(1983年)

アメリカ兵241人が死亡。2分後の別の自爆攻撃でフランス兵58人が死亡

ヒズボラ関与説が有力

 

2006年当時イスラエルの軍情報機関アマンの責任者だったアモス・ヤドリン少将はエルサレム・ポストの取材に、ヒズボラやハマスの幹部がシリアやイランで行われる兵器実験に日常的に参加していて、その場に北朝鮮人技術者や科学者が同席していたと証言しています。
兵器実験に同席できるというのは、相当な間柄です。もう一体といっても過言ではありません。例えば私は日本国民で自衛隊のファンですが、自衛隊の兵器実験に同席するなど絶対に不可能です。他省庁の次官クラスや国会議員でも、「自衛隊ファンだから実験を見たい」と頼んでも丁重に断られるでしょう。同席の事実は、テロ組織のヒズボラ・ハマス、そしてテロ支援国家の北朝鮮・イラン・シリアが一心同体であることを示しています。

 

アモス・ヤドリン少将


2009
12月にバンコクのドンムアン空港に緊急着陸した貨物機から、対空ミサイルや対戦車ロケットなど北朝鮮製武器35トンが発見される事件がありました。翌年5月にイスラエル外務省は公式声明で、押収された大量の北朝鮮製武器はヒズボラとハマスに届けられる予定だったと明らかにしました。

2010
年にイスラエルのペレス大統領は、北朝鮮を「核や弾道ミサイルの免税店」だと名指しで非難し、「これらの武器はまっすぐイランに届けられる。そしてイランは、ヒズボラやシリアのテロ組織を含む世界のテロネットワークを武装させ強化している」と述べました。大統領による「核の免税店」発言は欧米で話題になりました。

 

ペレス大統領とオバマ大統領(2009年・画像:ホワイトハウス)


北朝鮮によるイランへの核技術供与の内実は、一部明らかになっています。産経新聞が2011年に報じたところによれば、北朝鮮はイランと共同で核研究所を運営し、北朝鮮が供与した最新ソフトウェアを使って核兵器開発に向けたシミュレーション実験を行っています。3つある研究所は、イラン革命防衛隊の基地内の地下に秘密裏に設置され、両国の科学者が共同で運営しています。2011年に10人前後の北朝鮮の核科学者が研究所を訪れ、イランの科学者らを指導・助言したとのことです。

警戒すべきは昨年9月に北朝鮮・イラン間で締結された科学技術協力協定です。核開発支援が一気に本格化すると懸念されています。イラン国営メディアによれば、テヘランで行われた協定調印式にはアフマディネジャド大統領と金永南が出席しています。協定の内容は前述のシリア原子炉建設前の2002年に、北朝鮮とシリアが締結した協定に酷似していて、国際原子力機関(IAEA)の元査察局長、オリ・ハイノネン氏は「(2つの協定は)ほぼ同じ文言を使っている」と述べています。

そして前回も述べたように、本年212日の北朝鮮核実験にイランの核科学者モフセン・ファフリザデ博士(2008年に把握された旅券番号は0009228と4229533)が立ち会っています。このことについて、核不拡散問題の世界的権威で元アメリカ大統領特別代表(軍縮担当)のトーマス・グレアム大使は、FOXニュースでたいへん重大な発言をしています。


「もしイラン核開発計画における彼(ファフリザデ)の役割が事実で、北朝鮮核実験に同席するため通過することを中国が知っていて許したなら、中国か、少なくとも中国の一部が北朝鮮やイランの核開発に協力していることになる」
「イランのミサイルは、北朝鮮の原型から作られたものである。北朝鮮はイランに輸出するための核兵器を作っているかも知れない」
「北朝鮮は、イランの資金で作られたイランの武器を隠匿することさえ同意するかも知れない」

http://www.foxnews.com/world/2013/02/28/is-iran-outsourcing-nuclear-program-to-north-korea/

我が国は世界唯一の被爆国です。核兵器の惨禍を、身をもって経験しています。北朝鮮がイランの狂信的集団に核を供与することを、何がなんでも止めなければなりません。止めなければ、実際に使われる可能性が高いのです。
その前にイスラエルが先制攻撃をし、ホルムズ海峡が閉鎖され、世界経済が破滅するリスクもあります。
全力で頑張りましょう!

 

 

核兵器の脅威は、こちらをご覧ください。

http://www.mctv.ne.jp/~bigapple/



★オバマ大統領に直訴だ!

ここで皆様にお願いがあります。核の惨禍を再び繰り返させないため、ほんの少しだけお時間をください。オバマ大統領にメールし、中国に対し北朝鮮国営・高麗航空への徹底検査を要求するようお願いしていただきたいのです。

核開発用機材や、危険な知識を持つ科学者は、高麗航空を使って中国経由で運ばれています。高麗航空が使えなくなれば、北朝鮮の核拡散は決定的な打撃を受けます。そもそも徹底検査や核科学者のトランジット阻止は、国連安保理決議で定められた責務であり、中国が守ってこなかっただけです。オバマ大統領から厳しく要求してもらい、中国に制裁を履行させましょう。

アメリカにとっても、北朝鮮の核拡散は生きるか死ぬかの問題です。核兵器をコンテナに詰め、アメリカに船で運んで港で爆発させることは決して難しくありません。北朝鮮、イランとテロ組織の一心同体の関係を考えれば、十二分に起こりうる事態です。

あなた様が送ったメールは、真剣に検討されると思います。今すぐ送信ください。よろしくお願いいたします。

 

要望受付中


送り先
ホワイトハウス入力フォーム
http://www.whitehouse.gov/contact/submit-questions-and-comments

Type」は「International」を選び、「★Country」で「Japan」を選んでください。「★Subject」については、上から9番目の「Homeland Security を選ばれたらいいと思います。
下の「2つの単語を入力します」の単語が読めない場合は、右側の矢印マークをクリックすると、新しい単語が表示されます。それでも読めなければどんどん押していってください。そのうち読める単語が出てきます。
一番下の「Submit」(送信)ボタンをクリックしたあと「Thank You!」と書かれたページが出たら、成功です。出ない場合はやり直してみてください。何度かやれば、必ず送信できるはずです。

例文

Dear President Obama,

I am writing to request that you urge
China to thoroughly search North Korea’s state-owned national flag carrier airline Air Koryo that is used to transfer nuclear technology to Iran and elsewhere via Chinese airports.
The airline also transports North Korean and Iranian scientists, such as Mohsen Fakhrizadeh who was present at
North Korea’s nuclear test on February 11, and China must prohibit the transit of all nuclear scientists in accordance with U.N. Security Council resolutions.
Ambassador
Thomas Graham told the Fox News: “If the assessments are correct as to his [Fakhrizadeh’s] role in the Iranian nuclear program, if China knowingly permitted him transfer from Iran across China to witness the North Korea test... then it would appear that
China or at least some elements in China are cooperating with nuclear programs in North Korea and Iran... Iranian missiles were developed from North Korean prototypes. It could appear that North Korea is building nuclear weapons for transfer to Iran... North Korea might even agree to store the Iranian weapons produced with Iranian money.”
North Korea’s nuclear proliferation activities must be stopped immediately.  
Thank you for your consideration.


翻訳文
オバマ大統領、
中国に対し、中国の空港を経由してイラン等に核拡散を行っている北朝鮮国営の高麗航空を徹底的に検査するよう要求していただきたく、お願い申し上げます。
高麗航空は、212日の北朝鮮核実験に立ち会ったモフセン・ファフリザデのような、イランや北朝鮮の科学者も運んでおり、中国は国連安保理決議に従って全ての核科学者のトランジットを阻止する義務があります。
トーマス・グレアム大使はFOXニュースで、「もしイラン核開発計画における彼(ファフリザデ)の役割が事実で、北朝鮮核実験に同席するため通過することを中国が知っていて許したなら、中国か、少なくとも中国の一部が北朝鮮やイランの核開発に協力していることになる」「イランのミサイルは、北朝鮮の原型から作られたものである。北朝鮮はイランに輸出するための核兵器を作っているかも知れない」「北朝鮮は、イランの資金で作られたイランの武器を隠匿することさえ同意するかも知れない」と発言しています。
北朝鮮の核拡散は直ちに阻止されなければなりません。ご検討ありがとうございます。

 

 

 

「ちはやふる神の御代よりうけつぎし 國をおろそかに守るべしやは」

明治天皇御製