★アメリカ政府と国連が検討中!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! 私たちが提案している北朝鮮制裁案が、真剣に検討されているようです!

アメリカ政府が事実上運営する宣伝放送局・自由アジア放送(RFA)は、27日に私たちの密輸会社告発活動を、なんと実名入りで報じました。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/shipsanction-02072013160409.html
韓国語の記事ですが、ハーモニー・グローイング・シップ・マネジメントと、ハーモニー・ウィッシュ海運の社名が、英語で書かれているのが分かると思います。
下がグーグル翻訳ページで日本語訳したものです。だいたい分かる日本語になります。
翻訳ページリンク


密輸会社の実名を晒したのは、高いレベルの判断とみて間違いありません。RFAは公共放送ですので、具体的企業名を出すことに極めて慎重です。実はこれまで何度もボツになっています。担当記者は、私たちの告発活動を昨年夏から知っていますが、これまで全く取り上げませんでした。


それが突然の実名報道! アメリカ政府が独自制裁を真剣に検討していると見ていいでしょう!

 

ケリー国務長官

 

222日には私のところに、国連政治局(UNDPA)制裁課の政務官から丁重なお礼メールが届きました。昨年何度か提供した密輸関連の独自情報について、「たいへん有益な情報です」と高く評価いただくとともに、今後の送り先として新任の国連専門家パネル座長(イギリスの元駐韓国大使)の個人メールアドレスを伝えられました。


とつぜんのメールは、私たちの訴えをうけ国連安保理理事国から問い合わせが行ったからでしょうか? 真剣に検討されていることは間違いありません。

 

ニューヨークの国連ビル(画像:スティーブ・キャドマン)



★何度も訴えよう!

ここであなた様にお願いがあります。是非ともいま一度、安保理理事国の国連大使にメールを送り、北朝鮮制裁案を提案していただきたいのです。同じ人が何度送っても構いません。重大な要請ですので、何度も送るのは当たり前です。

北朝鮮は2月12日に3度目の核実験を行いましたが、中国は実効性ある国連制裁決議に猛反対してきました。それどころか中国は、北朝鮮核実験にイランの科学者モフセン・ファフリザデ博士が立ち会うことを、国連決議に違反して黙認したのではないかという疑惑を、アメリカのフォックス・ニュースが報じています。
http://www.foxnews.com/world/2013/02/28/is-iran-outsourcing-nuclear-program-to-north-korea/

北朝鮮問題とは、すなわち中国問題です。中国をどうにかしなければ、強力な制裁をかけられません。各国国連大使に中国の制裁破り事案を伝えていくことで、いつまでも拒否権を行使できないよう追い込んでいきましょう。

 

いまこそ勝負のときです! よろしくお願いいたします。

 

中国にウンザリ!


送り先(宛先を自分にして、BCCに下記をコピーしてください)

uk@un.int, france@franceonu.org, enaun@mrecic.gov.ar, azerbaijan@un.int, australia@un.int, newyork.rp@mae.etat.lu, korea@un.int,  info@morocco-un.org,
ergasana@minaffet.gov.rw,

例文
件名: DPRK Sanctions
本文:
Your Excellency,


North Korea has conducted another nuclear test and I am writing to request the UN Security Council to impose tough sanctions on the rogue state.

The 2012 Report of the UN Panel of Experts established pursuant to resolution 1874 (2009) states on paragraph 91: “Japan gave the Panel more information about illegal shipments of three cylindrical grinding machines and an LCR meter to Myanmar in 2008 as well as about two attempted shipments of an automatic direct current magnetization characteristic recorder to Myanmar via Malaysia in 2008 and 2009.
Japan has informed the Panel that court documents show that an ethnic Korean resident in Japan carried out these transactions, acting under instructions from the Beijing Office of New East International Trading Ltd., a front company of the Democratic People’s Republic of Korea based in Hong Kong (its Pyongyang office is designated by Japan). The Panel plans to seek confirmation of this from China.”
http://www.un.org/sc/committees/1718/poereports.shtml

There were two North Korean nationals registered as directors of the company and one is a senior operative based in
Beijing. The case was reported by Australia’s public broadcaster ABC.
http://www.abc.net.au/7.30/content/2012/s3647535.htm
I believe the two operatives should be designated for sanctions in the next resolution.

Paragraph 18 of UNSCR 1874 (2009) that prohibits all financial transaction that “could contribute to the DPRK’s nuclear-related, ballistic missile-related, or other weapons of mass destruction-related programmes or activities” must be more specific and the new resolution should clearly state that all investments to
North Korea, except for humanitarian purpose, are prohibited.
http://www.un.org/News/Press/docs/2009/sc9679.doc.htm
The 2011 Report of the UN Panel of Experts states on paragraph 153: Because the Democratic Peoples
Republic of Korea is a highly centralized State-owned economy and its leadership has developed other sanctions evasion tools, the prospect of diversion of investment revenue for illicit ends is extremely likely. The Panel believes that special attention is warranted by the Committee and Member States to ensure that all investments in the Democratic Peoples Republic of Korea do not to contribute to its nuclear, other weapons of mass destruction or ballistic missile-related programmes.
North Korea has shown no sign of improvement after 2009 and it is time to outlaw all foreign investments that have enabled them to conduct nuclear tests. 

I would also like to request the Security Council to blacklist companies
involved in sanctions violations reported by the Asahi Shimbun, the New York Times and the BBC.

http://ajw.asahi.com/article/asia/korean_peninsula/AJ201206130003
http://www.nytimes.com/2011/06/13/world/asia/13missile.html
http://news.bbc.co.uk/2/hi/8127814.stm

These include ship manager and registered owner of M/V Harmony Wish, Harmony Growing Ship Management Co Ltd and Harmony Wish (HK) Shipping Co Ltd; former ship manager and registered owner of M/V Light, Dalian Sea Glory Shipping Co and Ever Ocean Shipping Agency Co Ltd; ship manager and owner of M/V Kang Nam 1, Kumrung Trading Co Ltd.

Despite the threat North Korea’s WMD proliferation poses to the international community, the risk of smuggling is relatively low and for some companies it pay. The Deutsche Welle reported last November that
North Korea had been caught attempting to transport missile parts to Assad regime in Syria.
http://www.dw.de/north-korean-leader-offers-support-to-assad/a-16392804
There must be harsh penalties for those who defy UN sanctions, or otherwise North Korean WMD would fall into the hands of rogue states and terrorists.


Thank you for your consideration.

Very truly yours,
(あなた様のお名前)


訳文は前回の呼びかけに出ています。

本ブログ2013年2月20日付記事



★戦争を防ぐ「超えてはならない一線」とは?

現在我が国は、中国・北朝鮮から様々な脅迫を受けています。欧米の報道を見ると、日中開戦一歩手前とするものもあります。また北朝鮮有事はいつ起きてもおかしくない状況です。

こうした緊張状態が、局地紛争や全面戦争に発展するのを防ぐため、日本は何をすれば良いでしょうか?
世界でもっとも危機管理の経験を積み、不可能を可能にして国家を存続させてきたイスラエルの首相の言葉を紹介したいと思います。

 

ネタニヤフ首相


ベンヤミン・ネタニヤフ首相は、若いころイスラエル軍特殊部隊隊員として数々の特殊作戦で勲功を立てました。同じく特殊部隊隊員だった兄をエンテベ空港奇襲作戦で失い、ネタニヤフ首相自身も別の作戦で肩を撃たれています。退役後ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学に学び、修了後ボストン・コンサルティング・グループで経営コンサルタントとして働きます(ミット・ロムニー氏と同僚)1984年から88年まではイスラエルの国連大使として活躍します。その後政界入りし、1996年から99年まで第一次ネタニヤフ政権を率いたあと、2009年に再び首相に返り咲いています。

この文武両道に優れたネタニヤフ首相が、昨年927日の国連総会演説で戦争を防止する唯一の方法を説いています。翻訳します。

「超えてはならない一線(以下一線と略す)を引くことは、戦争につながるのでなく、戦争を阻止する。NATOの憲章を見れば一目瞭然である。NATO憲章は、加盟国一国への攻撃は全加盟国への攻撃とみなすと明確にした。そしてNATOが引いた一線は、半世紀近くヨーロッパの平和を守った。ケネディ大統領は、キューバ・ミサイル危機のとき一線を引いた。その一線は戦争を防ぎ、何十年も平和を保つ働きをした。
実際のところ、一線を引かないことがしばしば侵略を招いてきた。もしも西側列強が1930年代に明確な一線を引いたなら、ナチの侵略を防ぎ、第二次世界大戦は避けられたかも知れない。もしも1990年にサダム・フセインが、クウェート征服は一線を超えると明確に告げられたなら、第一次湾岸戦争は避けられたかも知れない。明確な一線を引くことは、イランに対しても有効である。本年はじめ、イランはホルムズ海峡を封鎖すると脅迫してきた。ところがアメリカが明確な一線を引いたところ、イランは引き下がったのである」



そうなのです。我が国の平和を守るため必要なことは、中国・北朝鮮に対して「超えてはならない一線」を明確にし、毅然と対応することなのです。前の民主党政権のように臆病風に吹かれ、弱さを見せることは、戦争を招く行為なのです。暴力団対応マニュアルと同じです。全国民が心すべき原則です。




「君がため捨つる命は惜しまねど心にかゝる国の行く末」

坂本龍馬