★安倍先生、古屋先生に大感謝!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! 私たち保守派のヒーロー、安倍晋三先生と古屋圭司先生からこのたび大変なご助力をいただきました!

安倍先生とは82日にICNK(北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合)の一員として面会しました。実は3月にも大塚拓先生のご紹介で面会しているのですが、そのとき安倍先生は拉致問題解決のため国連調査委員会設立が有効だと一瞬で見抜き、ただちに関係各所に推薦の電話を入れてくださいました。
今回も御礼申し上げたあと現況を説明すると、すぐさま推薦の電話を入れてくださいました。大感謝です!

 


実際に会った安倍先生の印象は、「これぞステーツマン」でした。国家を背負う責任感が、ヒシヒシと伝わってきました。体格は大男というわけではありませんが、巨大な存在のように感じたのは不思議なものです。

安倍先生は、政治は結果が重要であり努力賞は意味がない、日本が毎年国連総会で採択させている北朝鮮人権状況決議は政策転換を促すものでなければならないと述べ、国連調査委員会設立を強く推してくれています

また北朝鮮が毎度「おとなしくしていれば拉致も核も解決できる」という詐欺メッセージを送ってくるが、日本側は担当者が数年で代わるから何度も何度も騙されてしまうと嘆いていました。本当にその通りだと思います。

いま北朝鮮は、遺骨返還で拉致問題を誤魔化す謀略を仕掛けてきています。遺骨は重要ですが(私の祖父・大叔父も外地に遺骨が残ったままです)、生きている拉致被害者を一刻も早く取り返すほうが優先なのは言うまでもありません。

北朝鮮の卑劣な謀略に乗せられたら、それこそ遺骨の故人が激怒すると思います。特に旧ソ連に不法に抑留され、北朝鮮に移送されてお亡くなりになったご英霊は、同じ境遇なだけに「オレの骨は後でいいから、助けを待つ拉致被害者を早く救出しろ!」と鉄拳制裁を食らわしてやりたい気持ちでしょう。

犯罪者には犯罪者の接し方があります。一般企業でも、正当な苦情を申し入れるお客様と、ユスリタカリゴロ・詐欺師の類では全く別の対応をします。北朝鮮に善意を期待することは、実に愚かで幼稚です。騙されてはなりません

 

安倍先生とチェイニー副大統領の会談

 


一方、古屋圭司先生は83日の衆議院拉致問題特別委員会で素晴らしい質問をしてくださいました。下記でご覧いただくことができます。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=42050&media_type=fp

まず古屋先生は、松原仁拉致担当大臣が「家族が亡くなってから拉致被害者が戻ってきても、解決とは言えない。横田めぐみさんが帰国しご両親と抱き合う姿を見なければ、拉致問題は解決したと言えない」と発言したことを取り上げ、再確認を要請しました。松原大臣からは力強い決意表明がありました。
そして古屋先生は上記定義で「解決」がなければ、日朝国交正常化は未来永劫ないのだと力強く述べました。まったく同感です。

次に遺骨悪用謀略について、「明らかに意図を感じる。日本の世論を拉致問題から逸らそうという意図がありありだ。これと拉致問題とは全く次元の違う話。問題がすりかえられることは、絶対にあってはならない」と発言し、松原大臣の考えを問いました。

松原大臣は、「拉致問題は一刻を争う、我が国の最重要かつ最優先課題である。遺骨問題は拉致問題と別の問題であり、自分は拉致問題解決のため全力で取り組む」と述べ、騙されるつもりはないことを明確にしました。

また藤田隆司さんがジュネーブで面会した国連委員(作業部会メンバー)でさえ、特定失踪者問題を知らなかったことを挙げ、政府の働きかけ不足を指摘しました。

本ブログ2012年7月20日付記事
これは春に古屋先生に面会したとき一生懸命訴えたことなので、本当に嬉しかったです。

そして「政府認定17人以外にも、明らかに拉致された人が多数いる。認定を進めるべきだ」と古屋先生が述べると、松原大臣は「藤田隆司さんジュネーブ訪問については、今回はじめて旅費支弁や職員同行など様々な支援を行った。これは北朝鮮人権法に、支援すべきと読める箇条があったからである。それをベースに支援すべきと自分が判断した。今後は、国連強制的失踪作業部会の開催時期に合わせ、特定失踪者問題を含めた拉致問題について、国際社会への理解促進をはかる様々なイベントを開催していきたい。企画実施に際しては、公募等により知見の深い団体からも協力を得たい。そうしたことを通して、特定失踪者問題についても支援してきたい」と答弁しました。
私たちが一生懸命訴えてきたことが実現しそうです。松原大臣や矢島秘書官にも大感謝です。

古屋先生が北朝鮮制裁強化について、具体的に政府に迫ってくれたことも大いに意を強くしました。

国会質問のビデオを見ていると、古屋先生の王者の風格というか、力強く堂々と気迫ある姿に見ているだけで元気になります。いつか日本のリーダーとして、諸外国首脳と渡り合っていただきたいものです。
古屋先生には、86日に再度議員会館を訪問し面会します。非常に楽しみです。

 

古屋圭司先生

ホームページより引用)

 


★アメリカ居住者が北朝鮮の高速道路建設か?

7月末に、アメリカ政府系の自由アジア放送(RFA)がたいへん気になる記事を掲載しました。アメリカに居住する韓国人が、北朝鮮の高速道路建設に関わった可能性が高いというのです。これはアメリカの制裁に違反する可能性があります。記事の中でアメリカ財務省スポークスマンのジョン・サリバン氏は、許可が必要な取引がある旨述べています。

こちらが韓国語の記事です。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/highway-07272012095701.html
下記はグーグル翻訳ページによる機械翻訳。だいたい分かる日本語になっています。

翻訳ページ

もしも北朝鮮の取引先が39号室や偵察総局傘下の企業(相当な確率で行き当たる)だったならば、以前解説したように大統領令13551違反となり、「100万ドル以下の罰金と20年以下の禁固、取引金額の2倍までの民事制裁」を課せられます。簡単に言えば全財産を失って刑務所にブチ込まれるということです。

本ブログ2011年9月5日付記事
http://www.treasury.gov/resource-center/sanctions/Programs/Documents/nkorea.pdf

20108月にオバマ大統領は、天安(チョナン)号沈没による水兵46人の殺害や、核・ミサイルの実験、また国連決議に違反する数々の犯罪行為を理由として、39号室や偵察総局などを制裁対象に指定し、一切の取引を禁止する大統領令13551に署名しました。制裁対象組織は「北朝鮮の武器または関連物資の密輸、贅沢品の密輸入、マネーロンダリング・通貨や商品の偽造・現金や麻薬の密輸などの不法な経済活動」に関わっていると発表されました。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899562/news/20100831-OYT1T00382.htm
http://www.fas.org/irp/offdocs/eo/eo-13551.pdf
なおアメリカ陸軍大学戦略研究所から出された39号室に関する論文を、以前私が邦訳して発表しています。ご興味ある方は下記の「北朝鮮の国際的不法活動を理解するために」という行をクリックしてください。
http://sky.geocities.jp/jpkr216/


ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。オバマ大統領に、本記事に関する捜査をお願いしていただきたいのです。


もしも制裁破りが行われたなら、絶対に許されないことです。北朝鮮の体制存続に手を貸す者がいるから、拉致被害者や家族の苦しみが終わらず、また我が国は核兵器の脅威に晒されているのです。

事実上アメリカ国営の自由アジア放送が報道したのですから、徹底的な捜査が行なわれるべきです。オバマ大統領に直訴しましょう。

 

敵には厳しいオバマ大統領

 

送り先
ホワイトハウス入力フォーム

http://www.whitehouse.gov/contact/submit-questions-and-comments

Type」は「International」を選び、「★Country」で「Japan」を選んでください。「★Subject」については、下から5番目の「Help With A Federal Agency を選ばれたらいいと思います。

下の「2つの単語を入力します」の単語が読めない場合は、右側の矢印マークをクリックすると、新しい単語が表示されます。それでも読めなければどんどん押していってください。そのうち読める単語が出てきます。
一番下の「Submit」(送信)ボタンをクリックしたあと「Thank You!」と書かれたページが出たら、成功です。出ない場合はやり直してみてください。何度かやれば、必ず送信できるはずです。


例文

Dear President Obama,

I am writing to respectfully request that an investigation be conducted immediately into Radio Free Asia Korean service report claiming that US residents aided construction of North Korean highway.

http://www.rfa.org/korean/in_focus/highway-07272012095701.html

Treasury spokesman John Sullivan commented in the report that US individuals and corporations need to obtain permission from the Office of Foreign Assets Control if they want to engage in certain types of businesses with North Korean entities.
A considerable part of North Korean blue chip companies are owned or managed by Office 39 that has been sanctioned by Executive Order 13551 and it is likely that such companies play an important role in highway construction.

Recent reports suggested that
North Korea boosted its strategic cooperation with Iran in the development of nuclear and ballistic missiles.
http://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20120725p2g00m0in063000c.html
I believe
North Korea sanctions must go hand in hand with Iran sanctions in order to avoid loopholes.

Yours very truly,
(あなた様のお名前)



それでは皆様、いますぐオバマ大統領に直訴してください。よろしくお願いいたします。