★松原大臣の政治主導に感謝!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! 松原仁・拉致担当大臣が特定失踪者問題を力強く前進させてくれました!

 

松原仁・拉致担当大臣


特定失踪者家族の藤田隆司さんが松原大臣に、国連委員と面会するためジュネーブ渡航をバックアップしてほしいとお願いしたことは以前書きました。

本ブログ2012年5月29日付記事
そうしたところ松原大臣の指示で、このたび行けることになりました。大感謝です!

さっそく産経新聞が報じています。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120705/kor12070501260000-n1.htm

また東京新聞、読売、毎日、時事、TBS、NHK,テレビ埼玉、埼玉新聞なども報じてくれました。

本件で私は裏方として動いていましたが、実は相当な紆余曲折がありました。特定失踪者問題を前進させようとする松原大臣と、乗り気でない拉致問題対策本部事務局という構図が浮かび上がってきました。事務局がなかなか動こうとしないのです。


大臣秘書官の矢島さんを通して何度も要望を出し、問題点を一点一点改善していきましたが、結局最後まで改善されない問題点がいくつか残り、渡航効果は大幅に減少してしまいました。

 

動かぬ証拠


藤田進さん拉致事件が政府認定三条件を満たすことは、以前書きました。

本ブログ2012年5月29日付記事
認定が遅れているというだけの理由で、事務局が政府認定被害者家族とまったく違う対応をしたことは誠に不条理です。藤田さんの悲しそうな顔を見て、やるせない思いでした。

 

 

国民の代表者である松原大臣の特定失踪者問題推進方針が実行されることは、民主主義国として当然ですが、法的にも政府の義務です。
北朝鮮人権法第二条は、「拉致されたことが疑われる日本国民(特定失踪者のこと)」についても、「その帰国の実現に最大限の努力をするものとする」と定めています。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H18/H18HO096.html

また拉致認定を求める古川了子さん行政訴訟で、政府は和解条件として平成19426日付で表明書を出しました。
その中に、「6 認定被害者以外にも北朝鮮当局による拉致の可能性を排除できない人が存在するとの認識の下、引き続き、国連の場等を活用して、関係各国に対し、拉致問題の解決に向けた協力を求めていくこととする」とあります。
そうなのです。「国連の場等」と明記されているのです。にもかかわらず、藤田さんに同行する事務局職員は、国連委員面会への同席を拒否しました。強い疑問を感じています。

事務局は、「全員助け出す」という基本に立ち返っていただきたいと思います。

 

 

(拉致問題対策本部HPの特定失踪者問題解説ページ)

http://www.rachi.go.jp/jp/ratimondai/kanousei.html

 

拉致問題対策本部のポスター



★武士の死

先月、悲しい出来事がありました。


前回の記事で、日本政府関係者による決然たる情報提供によって、中国の国家ぐるみ対北朝鮮軍用車両密輸が暴かれたことを書きました。
本ブログ2012年6月20日付記事


これに関連して事情聴取されていた外務省職員(海上保安庁から出向)が、自殺されました。たいへん優秀な方だったそうで、日本にとって大きな損失です。心からご冥福をお祈りいたします。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120625/crm12062515420017-n1.htm

 

海上保安庁旗


お亡くなりになった方の名前は分かりますが、本件に関与していたかどうか、私には全く分かりません。そのためあくまで仮定の話ですが、もしもこの方が勇気ある情報提供者であったなら、時宜を得た適切な判断で、日本の安全に大いに寄与したことに感謝の念を捧げたいと思います。北朝鮮による密輸は国際社会の大きな脅威であり、世界平和にも貢献したと言えるでしょう。

また自決が、愛する海上保安庁を守るためのものであったなら、武士の死に様といえましょう。日本精神の精華である自己犠牲精神を持った希な人物が、このように世を去られたことは誠に痛恨の極みです。

  

元寇のとき、敵船に果敢に乗り込む鎌倉武士

 


★弔い合戦

上記大スクープの影響で、中国は北朝鮮制裁違反をまとめた国連専門家パネル報告書の発表に、渋々同意しました。629日に発表された報告書で、これまで私たちが訴えてきたとおり、大連が密輸拠点になっていることがより一層明かになりました。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120630/chn12063010240002-n1.htm

ここで皆様にお願いがあります。勇気ある海上保安官の死に報いるためにも、安保理理事国の国連大使に制裁を求めるメールをお送りください。例文をコピーしていただくだけなら、1分とかかりません。


命を懸けて中国・北朝鮮の制裁破りを告発し、命に代えて所属組織を守った海の男のため、黙祷の代わりにロビー活動を捧げようではありませんか。

 

密輸された車両


送り先メールアドレス(宛先を自分にしてBCCに)

france@franceonu.org; portugal@un.int; info@new-york-un.diplo.de; guatemala@un.int; azerbaijan@un.int; india@un.int; colombia@colombiaun.org; info@morocco-un.org
;
アメリカ国連代表部メール送信フォーム

http://usun.state.gov/about/contact/index.htm
TypeInternationalで、CountryJapanを選んでください)

例文
件名: North Korea sanctions
本文:
Your Excellency,

I wish to convey my gratitude to the Security Council for publishing report of the Panel of Experts on North Korea sanctions violations. It is now very clear that Chinese
port of Dalian is at the centre of smuggling operations and I urge the Security Council to impose sanctions on all entities mentioned in the report.

I would also like to urge the Security Council to target entities involved in sanctions violations reported by the Asahi Shimbun, the New York Times and the BBC.

http://ajw.asahi.com/article/asia/korean_peninsula/AJ201206130003
http://www.nytimes.com/2011/06/13/world/asia/13missile.html?_r=3
http://news.bbc.co.uk/2/hi/8127814.stm

These include ship manager and registered owner of M/V Harmony Wish, Harmony Growing Ship Management Co Ltd and Harmony Wish (HK) Shipping Co Ltd; former ship manager and registered owner of M/V Light, Dalian Sea Glory Shipping Co and Ever Ocean Shipping Agency Co Ltd; ship manager and owner of M/V Kang Nam 1, Kumrung Trading Co Ltd.

Thank you for your consideration.

Very truly yours,

(あなた様のお名前)


それでは皆様、よろしくお願いいたします。