加藤健の「天を回せ! ロビー活動で挑む」

一般国民が国際政治を動かすための具体的方法論

北朝鮮が食糧危機を脱する→人道支援は無意味

いま日本国内で、「北朝鮮に人道援助をすれば拉致被害者を取り返せそうだ」との希望的観測が広がっていることに危惧の念をいだいています。米政府系放送局の最近の報道によれば、北朝鮮は既に食糧危機を脱しています。

5月27日に開かれた拉致被害者救出のための国民大集会で、救う会全国協議会の西岡力会長は、人道支援で被害者を取り戻すための必要条件について「北朝鮮が困っていないならばこの戦略は通じません」と説明しました。状況が変わって通じなくなったので(元々無意味という意見も多数)、戦略を練り直す必要があります。

米政府公式放送局ヴォイス・オブ・アメリカ(VOA)の韓国語放送は5月22日、北朝鮮が中国からの食糧輸入を大幅に減らしたと報じました。4月に輸入した中国産の米は585万ドルで、これは3月の2175万ドルの27%に過ぎないと数字を挙げています。いらなくなったから輸入を4分の1に減らしたということです。

米情報当局と密接な関係にあるとされるラジオ・フリー・アジア(RFA)北朝鮮向け放送は5月29日、ロシアから大量の小麦粉が輸入されたと報じました。記事の日本語訳をつくりましたので下に表示します。
https://www.rfa.org/korean/in_focus/human_rights_defector/nkrussia-05292023094720.html


★ 安倍総理は「圧力しかない」

第二次安倍政権成立前の12年前、安倍総理(当時は野党議員)と議員会館事務所で面会する機会をいただきましたが、2度とも安倍総理は「北朝鮮を動かすには圧力しかない」と強調していました。そして、「自分も北朝鮮に騙されたことがある。食糧を送ったのに誰一人返ってこなかった」「一度騙された人は2度はやられない。でも役人は二、三年で異動するからね」とため息をついていました。
もしも安倍総理が生きていたら、「オイ、みんな、騙されるなよ」と警鐘を鳴らすような気がします。

abeshinzo2015

実現可能な制裁の手段は多数残っています。例えば下記です。


◆ 朝鮮総連への破産申立て
◆ 金正恩への独自制裁
◆ 安保理で金正恩の人道犯罪責任を正式討論
◆ 高麗航空制裁
◆ 朝鮮総連中央委員・専従職員への再入国禁止措置
◆ 大手都銀への総連関係者取引停止指導(米制裁を理由に)
◆ 朝鮮大学校認可取消(安保理決議を理由に)
◆ 国連制裁対象のため働いたとして総連関係者を強制送還(安保理決議に基づく)
◆ 対北朝鮮国連総会決議の提出国(起案国)に復帰して内容厳格化
◆ 北朝鮮と取引する中国企業への制裁


この中の安保理での正式討論については、松原仁先生が執拗に求めたこともあり、日米政府が共に前向きな姿勢を見せています。

今こそ基本に立ち返るべきです。





ラジオ・フリー・アジア(RFA)記事日本語訳
https://www.rfa.org/korean/in_focus/human_rights_defector/nkrussia-05292023094720.html


 最近、北朝鮮内に中国経由でロシア産の小麦粉が大量に流通していることが分かった。

 5月25日、平安北道の住民の消息筋は、「今月中旬から、新義州地域に中国から輸入されたとみられる小麦粉が大量に流通している」とし、「高額すぎて住民の手に届かなかった小麦粉の価格が下落に転じている」とラジオ・フリー・アジアに伝えた。

 消息筋は、「糧穀販売所で販売される小麦粉は2kgの輸入品だが、1kg当り内貨8千ウォン(1米ドル)で販売される」とし、「1月と2月、糧穀販売所においてコメは内貨で4500ウォン、トウモロコシは内貨で2000ウォンだった時も小麦粉は9000ウォン(1.1米ドル)で、コメより二倍は高かった」と指摘した。

 消息筋は、「多くの住民は、食糧がなくなる春の端境期である5月と6月になると、食糧価格が高騰し、餓える住民が増えると予想していた」「しかし、今月に入って小麦粉の輸入が進み、少しは安心できる」と付け加えた。

消息筋は続いて、「輸入小麦粉は2kgずつ個別包装されたもので、表面にロシア語と中国語で書かれた商品説明書がある」とした上で、「商品説明によると材料は小麦粉、原産地はロシア、輸入代理店は中国総代理店(大連)の『供給網管理有限公司』とされている」と説明した。

消息筋はさらに、「袋の説明書を見ると、ロシア産の小麦粉が中国経由で北朝鮮に入って来たのが分かる」とし、「ただ、賞味期限は12ヵ月と書かれているものの、生産日は表記されておらず、何年経った商品かはわからない」とした。

これに関し、咸鏡北道に住むある消息筋は26日、「最近、清津市の各区域にある糧穀販売所ごとに輸入小麦粉が大量に流入し、住民に販売されている」とし、「中国から流入されたロシア産小麦粉が1kg当たり内貨8千ウォンで取引されている」とラジオ・フリー・アジアに伝えた。

消息筋は「今月中旬から市中に小麦粉が大量に流入したため、小麦粉の価格が9千ウォン(1.1ドル)から8千ウォン(1ドル)へと1千ウォンも落ちた」とし、「食糧価格の動きは大抵、100ウォンから200ウォンだが、最近は、輸入小麦粉の影響により下落するなど、異例の状態だ」と語った。

また、消息筋は「しかし、輸入された小麦粉が何の目的で、いつ、どのような経路で流入されたかは明らかになっていない」とし、「ただ住民は市場内で取引されている小麦粉の表に表記された商品説明書を読んで原産地と輸入先を知るだけだ」と指摘した。

続いて、消息筋は「当局は、検察、保衛、安全など司法機関の職員や教員(教師)、公共機関の事務員に、毎月指定された配給食糧を優先的に供給していた。しかし、今月の配給には小麦粉を除いてコメとトウモロコシのみが食糧配給として提供されている」と付け加えた。

さらに、消息筋は「輸入された小麦粉が中国とロシアが支援したものなのか、それとも北朝鮮が主導的に輸入したものなのかはわからない。しかし、この小麦粉の流入によって小麦粉の値段が下落し、多くの住民が安堵している雰囲気だ」と強調した。 





Emperor Meiji uniform
いとまなき身も朝夕にいそしみぬ
おもひ入りぬるみちのためには
(明治天皇御製)


韓国の不当要求撃退にむけて前進!

このたび、韓国のユスリタカリを撃退する強力な武器が手に入りました。

松原仁先生が5月31日の衆議院外務委員会で、林外相から次の答弁を引き出しました。
「あくまで一般論として申し上げますと、公文書等の内容を否定する場合には、その根拠となる事実関係を明確にするということは当然に期待される」

下記で動画をご覧いただけます。
https://twitter.com/JapanLobby/status/1663806724569182210
当たり前の道理ではありますが、立証責任の所在について外務大臣が明確にした意味は大きいと思います。

matsubarajindietseat

前回お伝えしたように、韓国政府は日本の教科書検定について「朝鮮志願兵は望んで日本軍人になったわけでない」と在韓日本大使館の熊谷直樹総括公使を呼び出して抗議してきました。

反日プロパガンダの司令塔の北朝鮮政府は「日本は840万人を強制連行し100万人を虐殺した」との主張を繰り返しており、志願兵も強制連行被害者だとしています。今後、志願兵に関する煽情的な虚偽再現ドラマがつくられ、韓国世論が沸騰する「いつものパターン」が危惧されます。

それが今回の答弁によって、朝鮮志願兵の倍率が50倍以上だったことを示す旧内務省文書を否定する立証責任が、韓国側にかかることになったのです。この公文書は捏造だと韓国側が立証できない限り、日本政府は謝罪も賠償もできません。韓国人が泣いて叫んでも、日本の売国議員が働きかけても、政府は答弁に拘束されるので無理です。

志願倍率の表は、国立公文書館アジア歴史資料センターHPに掲載された旧内務省文書の17ページにあります。

昭和16年     志願者144,743人 入所者3,208人 志願倍率45.1倍
昭和17年     志願者254,273人 入所者4,077人 志願倍率62.4倍
昭和18年     志願者303,394人 入所者約6,000人(暫定数) 志願倍率約50倍


むろん韓国側の立証責任は、これにとどまりません。下記は、韓国側が抗議してきた教科書掲載画像の全体を表示した『アサヒグラフ』昭和18年7月7日号の記事です。

Asahi Graph 19430707

これが強制連行被害者だというなら、なぜやる気に満ちた表情なのか? なぜ銃や銃剣を渡しているのか? なぜ反乱が起きなかったのか? そして朝鮮志願兵出身の李厚洛元駐日大使・元KCIA長官は、なぜ全く被害を訴えなかったか?
韓国側は「その根拠となる事実関係を明確にするということは当然に期待される」ことになります。


★ 李王家のイケメン殿下

サミットのとき日韓首脳が広島公園の韓国人原爆犠牲者慰霊碑に献花しましたが、同慰霊碑が当初建立された場所は、大日本帝国陸軍中佐だった李王家の李鍝(イ・ウ)殿下の発見場所です。当時の実情をよく物語っていると思います。

多くの韓国人が「日本人は我々を蔑視してきた」と思い込んでいますが、李王家が大日本帝国の「王公族」として皇族に準じる存在だった事実はほとんど知られていません。李王家当主の李垠(イ・ウン)殿下は梨本宮方子女王殿下と御結婚され、昭和18年には陸軍中将として航空軍司令官に就任されています。のちに日本に帰化された李鍵(イ・コン)殿下(帰化後は桃山虔一)も陸軍軍人で、陸軍戦車学校研究部主事などを歴任されました。王公族の李王家は、近衛家などの旧摂関家や公爵位を授けられた徳川宗家より格上でした。一般の日本人からすれば雲の上の存在です。

Prince Lee Wu

容姿端麗で知られた李鍝殿下は学習院から陸軍幼年学校、陸軍士官学校に進まれ、昭和8年に陸軍砲兵少尉に任官されました。昭和17年3月から陸軍大学校で日本の国体について研究され、皇軍統帥の大義に関する『日本の戦争と統帥』と題した立派な論文を著されています。私のほうで5年前に、自衛隊有力OBのお力を借りて防衛研究所で発見しました。閑院宮家から寄贈された殿下の論文は、非常に格調高いものです。


我が國體は、肇國の精神に根源し、我が國の戰争は、國體の顕現に外ならぬ。
(中略)
我が國の戰争が、天業を恢弘して八紘を皇恩によつて掩はんとし給ふものであり、此の御業を妨害し、まつはざる徒に對しての、完全なる皇化作業の姿であると云うことは、前述の通りである。
深い慈愛の手を以て正しい心に導き、正しい姿に矯め、眞の日本の國體を存ぜしめて皇恩に浴さしめ、各々其の處を得せしめて、共に榮え行かしめんとする。この恩情の姿を、此の恩情を受けず、或いは邪心を以て我に冠なし、或いは我が國是を妨ぐる者に振ふべき峻厳なる威の鞭とがなくてはならないのである。(『日本の戦争と統帥』)


殿下はまた、国民の義務についても説かれました。これは徴用や徴兵に関わってくる部分です。


國民は總て輔翼の責を持つて居る。富貴貧賎は論ずる所にあらず、農民は農民として、漁夫は漁夫として、各種の業者皆夫々の輔翼の道がある。
これと竝行して、總ての國民は、國を統べ給ふ其の命に畏み服し、仰ぎ守り、行つてゆかねばならない。(『日本の戦争と統帥』)


論文は附録部分で、後醍醐天皇に忠義を尽くした楠木正成について詳しく解説しています。士官学校同期の井田正孝中佐によれば殿下は日本の古典をよく読まれ、国体への深い識見をお持ちであったとのことです。昭和19年の歌御会始のお題は「海上日出」でしたが、殿下は「つはものかさゝぐるつゝにてりはえてみなみのうみにはつひかかやく」と詠われて、天皇陛下御製や皇族方の御歌とともに、新聞の一面に掲載されました。

殿下は昭和20年8月6日に広島で、軍参謀として作戦任務御遂行中に被爆され、翌日戦死されました。新聞で大きく報道され、天皇陛下の勅使として小出侍従が渋谷区常盤松町(いまの國學院大學のあたり)の公邸を弔問に訪れています。阿南惟幾陸軍大臣の談話も発表されました。お付き武官だった吉成弘中佐は、殿下を守り切れなかった責任を感じて自決しています。

真実が知られてほしいものです。



Emperor Meiji uniform
苔むせるいはねの松の万代も
うごきなき世は神ぞもるらむ
(明治37年歌御会始御製・ロシアに宣戦布告する1カ月前)



韓国の新たな賠償ネタか?

3月末に警戒すべき動きがありました。韓国政府は3月28日、在韓日本大使館の熊谷直樹総括公使を呼び出して、日本の小学校教科書の検定結果について抗議してきました。

抗議の細かい内容は公開されていませんが、その代わりに、韓国政府系シンクタンク・東北アジア歴史財団のチョ・ユンス教科書研究センター長が同じ日に韓国・聯合ニュースに語った内容が、政府の代弁と思われます。センター長は、検定に合格した教科書の写真のキャプションに「志願して兵士になった朝鮮の若者たち」とあることについて、「望んで日本の軍人になったという誤解を招きかねない」と述べています。つまり、朝鮮志願兵は強制された被害者だ、志願はウソだ、という抗議です。

反日プロパガンダの司令塔の北朝鮮政府は、「日本は840万人を強制連行し、100万人を虐殺した」というハチャメチャな主張を繰り返しています。840万人・100万人という数字は北朝鮮の公式見解であり、国連でもその旨主張しています。日本統治時代に朝鮮半島の人口がどんどん増えて、昭和19年頃には二千数百万人だったことを考えれば、笑止千万というほかありません。そして朝鮮総連ホームページは志願兵も強制連行被害者だと書いているので、「840万人の強制連行被害者に志願兵も含まれる」が北朝鮮の見解となります。

荒唐無稽だと笑っていられません。怖いのはインチキの再現ドラマが作られて、見た人たちが「目撃」した気になってしまうことです。慰安婦問題では、泣き叫ぶ少女たちが無理やり連れていかれレイプされ、最後は日本人に口封じで虐殺されるムチャクチャな再現ドラマが作られました。見た人は、「口封じで殺されたから、強制を示す証拠が無いのか!」と納得した気になってしまいました。たとえば下記です。



同じように、イケメン韓流スターが銃剣を突きつけられて強制的に志願兵にされ、地雷探知機代わりに地雷原を歩かされ、仲間は次々と死に、最後に残った主人公も口封じで殺される虚偽の再現ドラマが作られることを危惧しています。涙を流しながら画面で「目撃」した韓国人たちは、「日本に謝罪・賠償させろ!」と韓国政府を突き上げることになります。

そもそも慰安婦問題だって、最初の主張はまったく違うものでした。私は東京地裁に提出された訴状に目を通したことがありますが、売春で蓄えた1億円以上(現在の価値)の郵便貯金を払い戻してほしいといったことが書かれていました。慰安婦になった経緯についても、キーセンになるための学校に通っていたとき、養父に売られてしまったと述べています。ところが同じ元慰安婦はその後主張を変えて、「日本軍将校にレイプされ慰安婦にさせられた」というようになり、英語の記事になって今も日本の名誉を傷つけています。志願兵の話だって、今後どういう展開になるか分かりません。早い段階で潰すことが重要です。


幸い松原仁先生が4月12日の衆議院外務委員会で取り上げてくれました。下記で動画をご覧いただけます。

松原先生は、朝鮮志願兵が大人気で志願倍率が50倍以上だったことを示す旧内務省資料を示して、林外相に強制連行の否定を迫りました。志願倍率数十倍の表は、国立公文書館HPに掲載された下記文書の17ページにあります。昭和18年の志願者30万人は、人口比でいえば現在の日本の150万人に相当します。

昭和16年  志願者144,743人 入所者3,208人 志願倍率45.1倍
昭和17年  志願者254,273人 入所者4,077人 志願倍率62.4倍
昭和18年  志願者303,394人 入所者約6,000人(暫定数) 志願倍率約50倍


ところが林大臣の答弁は呆れ果てるものでした。外務省のファイルで保管された内務省資料であることは認めたものの、「正確かどうか確認できない」といって逃げたのです。それどころか、委員会前日のレクで外務省官僚が「そういう資料はない」と松原先生に言っていたことも質疑で明らかになりました。一体どこの国の外務省だと言いたくなります。日本を不当な攻撃から守ることより、韓国サマのご機嫌を取ることを優先しているように思えてなりません。

内務省資料の数字は信頼できるに決まっています。当時の外務省が信頼できる公文書と判断したからこそ、外務省のファイルに入って、戦後は外務省外交資料館で保管されていたのです。このレベルの公文書が信用できないといったら、歴史研究はまったく成立しなくなります。林外相の答弁はとんでもないと思いました。なぜ、「志願倍率は非常に高く、むろん強制連行ではありません」と率直に事実を言えないのでしょうか?

強制連行でないことは、韓国シンクタンク教科書センター長が批判した教科書の写真も証明しています。上記聯合ニュース記事に出ている写真は、実は『アサヒグラフ』昭和18年7月7日号の「意気軒高たり朝鮮志願兵」という記事から抜き出したものです。

Asahi Graph 19430707

見てのとおり、数十倍の難関を勝ち抜いた精鋭たちが銃を持って訓練しています。もしも強制連行被害者なら、銃や銃剣を渡すなどあり得るでしょうか? 

微笑ましい写真もあります。「僕も是非軍人に採用して下さい 本所の金君も願出づ」の見出しの朝日新聞記事です。

Asahi 1938(S13)0120

当時東京・錦糸町のカステラ店で働いていた金秉学君(慶尚南道出身・19歳)は軍人に憧れて特別採用を願い出たものの、内地人(日本民族)でないため希望が叶いませんでした。それが特別志願兵制度の実施で出願できるようになり、大喜びしているというものです。
想像ですが、金君は無事採用されて軍事技術を身につけ、朝鮮戦争のときは韓国軍将校として部隊を率いて勇敢に戦い、戦後は韓国の独立を守り抜いた英雄として尊敬を集めながら幸せな人生を送ったのではないでしょうか?
特別志願兵のなかには、朝鮮戦争で活躍して、のちに駐日本大使や情報機関トップにまで登り詰めた人もいます。

そもそも志願兵制度は、在京朝鮮人が実現のために力を尽くしたものです。昭和7年の衆議院議員選挙で、皇室中心国家主義の立場から内鮮融和を訴えた朴春琴(パク・チュングム)議員が東京4区(本所・深川)で当選しています。朴議員は衆議院請願委員会で昭和12年8月6日、著述業の李元錫氏ら在京朝鮮人有志による「朝鮮に志願兵制度施行の請願」の紹介議員となり、「内地七千万人の持つ日本精神を、新日本国民である朝鮮二千万人に対して一日も早く植え付け、九千万が一体となってこの非常時を突破しなければならぬ」と力強く演説しました。
このとき政府は、志願兵制度について「時期尚早」と答弁しています。議事録に出ています。ところが翌年に急遽実施されることになりました。その背景に、「朝鮮の人たちがそこまでいうなら、やろうじゃないか」という判断があったことは容易に想像できます。

当時の朝鮮半島は、現在の韓国人が「こうであってほしかった」と創り上げたファンタジーとは全く異なる状況でした。下記の写真で一目瞭然です。

靖国参拝1938

皇族方が昭和13年の臨時大祭に際して靖国参拝されたときのもので、前列左から6人目から李王家の李垠殿下、李鍵殿下、李鍝殿下です。全員日本軍人です。李王家当主の李垠殿下はのちに陸軍中将となり防空の最高責任者でした。殿下の故郷で「志願兵強制連行」などあるはずがないのです。


Asahi 19430721


とにかく慰安婦問題の二の舞はごめんです。インチキ再現ドラマを作られる前に、事実を明確に示して撃退しましょう。




Emperor Meiji uniform
橿原のとほつみおやの宮柱
たてそめしより国はうごかず
(明治天皇御製)



プロフィール

加藤健

アジア調査機構代表

拉致被害者救出のための政策提言や、北朝鮮の外貨資金源潰し、制裁破り告発等を行う。
国営高麗航空の寄航差し止めなどの戦果を挙げる。

著書『朝鮮総連に破産申立てを! 血税1兆円以上が奪われた』(展転社)

最新記事
アーカイブ
QRコード
QRコード

にほんブログ村 政治ブログへ

  • ライブドアブログ