加藤健の「天を回せ! ロビー活動で挑む」

一般国民が国際政治を動かすための具体的方法論

2児拉致事件で朝鮮総連最高幹部の逃げ得を許すな! 

7月3日に埼玉県議会の自民党議員団に招かれ、約30人の県議の先生方を前に、拉致問題についてプレゼンする機会をいただきました。いま鈴木正人県議、柿沼貴志県議、保谷武県議らを中心とする拉致問題プロジェクトチームが、解決のために何ができるか、じっくり時間をかけて熱い議論を交わしています。心温まる思いでした。

私のほうでは、埼玉県上福岡市(現・ふじみ野市)在住の子供2人が北朝鮮に拉致され母親が殺害された「渡辺秀子さん2児拉致事件」について説明しました。この事件では、朝鮮総連最高幹部3人が警視庁から書面で出頭を要請されたのに、拒否してそのままになっています。絶対に許されないことです。このまま終わらせるわけにはいきません。


話は1967年に始まります。朝鮮総連に所属する高大基(コデギ)工作員が、北海道のスナックで一般人の日本人女性・渡辺秀子さんと知り合い、二人は結婚しました。高工作員は北海道の自衛隊に対するスパイ活動を行っていたようです。同年に長女の高敬美さん、4年後には長男の高剛さんが生まれ、一家は埼玉県に転居します。当時の国籍法の定めで、子供は朝鮮籍になっています。

1971年になると、朝鮮総連の金炳植副議長が東京都品川区に工作拠点ユニバース・トレイディングを設立し、高工作員が責任者になります。同社は一般企業を装うため手の込んだ偽装工作をやっていて、金副議長の恩師である日本人S氏を名目上の社長にし、事情を知らない日本人を多数雇ってトランジスターラジオ等の輸出業務も行っていました。所属する工作員は10人程度で、日本人社員はその正体を知らされていません。

翌1972年に金副議長が失脚し、本国に召還されて二度と日本に来れなくなりました。すると高工作員にも召喚命令が出たようで、1973年に渡辺秀子さんに1200万円の小切手を渡して、「これで帯広に家を買って暮らしてほしい」と言い残して行方不明になります。
悩んだ秀子さんは帯広市の神社で占ってもらいます。すると「どこまでもついていきなさい」という結果が出たので、ユニバース社周辺で夫の行方を尋ね回ります。これに焦った工作員たちが本国に報告すると、母子を北朝鮮に連れてこいと命令されたので、目黒区のマンションに誘い込んで監禁しました。

「なぜそんなことが分かるのか?」ということですが、実は1979年に内部告発があったのと、88年によど号事件犯人が日本潜伏中に逮捕された事件にユニバース社関係者が関わっていたため、警察が徹底的に調べていて、複数の工作員から詳細な供述を得ているのです。

秀子さん親子が監禁されたとき、ユニバース社は洪寿恵(ホンスヘ・1977年に不正に帰化し木下陽子)という工作員が責任者になっていました。この女は特に凶悪で、独断で秀子さん殺害を決め、他の工作員とともに首を絞めるなどして殺し、遺体をマンション地下の駐車場から車で運んで東北地方で遺棄しました。洪が「橋の上から投げ捨てた」と語っていたのを聞いたという証言もあります。そして母親を殺された子供2人は、1974年6月に工作船で北朝鮮に連れ去られました。

honsuhewanted

殺害されるとき、秀子さんはどれほど子供が心配だったろうと思わずにはいられません。拉致された当時7歳と3歳です。一人で生きていけるような年齢ではありません。頼みの父親は、すでに行方不明になっています。そして、子供たちは凶悪な工作員たちの手の中にあるのです。気も狂わんばかりだったのではないでしょうか?

その後1979年に警察が捜査をはじめると、洪寿恵は犯行に関わった夫とともに出国して逃亡しました。北朝鮮にいることが確認されています。


2007年4月になるとやっと、安倍総理が「私の内閣において拉致問題については徹底的に捜査する。これは基本的な方針だ」と指示し、強制捜査が行われます。警察庁は子供二人の拉致を認定し、洪寿恵を国際手配しました。さらに、警視庁は朝鮮総連議長ら最高幹部3人に、事情聴取のため書面で出頭を求めました。そのうち二人は、現在の議長と副議長です。読売新聞は4月25日夕刊の一面トップで「総連議長ら聴取へ 関連4か所捜索」と報じ、翌日の社説で「朝鮮総連幹部の聴取は必要だ」と主張しました。

yomiuri200704souren

ところが朝鮮総連最高幹部は、事情聴取を拒否しました。読売新聞だけでなく、あの東京新聞までもが、社説で「積極的に捜査に協力した方がいい。でないと疑いは深まる」と主張したにも関わらず、拒絶したのです。そして信じられないような話ですが、通ってしまっています。

2人の子供が組織的に拉致され、母親は殺害されたのです。断られて済む話でしょうか? 被害者の人権はどうなるのでしょうか? よく「ゴメンで済むなら警察いらない」といいますが、「イヤだで済んだから法治国家じゃない」の状態なのです。

警察は何度でも何度でも、朝鮮総連の議長と副議長に事情聴取に応じよと求め続け、その事実をマスコミに発表すべきです。不当に拒否しているという事実を、全国民が知るべきです。そして万が一これ以上強制捜査できないのなら、朝鮮総連に破産申立てをするなどの方法で、政府は法治国家としての面目を保つべきです。

とにかく絶対に許せない。その一言に尽きます。



Emperor Meiji uniform
雨すぎてみどりにはれしそらみれば
日かげは夏になりにけるかな
(明治天皇御製)



中国大使の脅迫発言を許さないぞ! 

呉江浩中国大使が5月20日、日本国民への許し難い脅迫を行いました。中国大使館で開いた座談会で、台湾新総統の就任式に日本の国会議員が出席したことに関連して、「日本の民衆が火の中に連れ込まれることになる」と発言したのです。

松原仁先生は5月31日の衆議院外務委員会で、呉大使の脅迫発言が昨年に続いて2度目であることを質したところ、上川外相は「今回の発言は極めて不適切で、様々な機会を通じて我が国の立場を厳格に申し入れるなど、中国側とは必要なやり取りを明確に直接行ってきている」と答弁しました。

それに対して松原先生が「前回の抗議は全く効果がなかったという認識でよろしいか」と追及すると、上川外相は「抗議が意味なかったとは考えていない」というので、松原先生は「甚だしく大臣としては不適切な発言。結果として(大使が)同じ発言をしたということは、前回の抗議が功を奏していなかった」と批判しました。

さらに松原先生は、中国の薛剣駐大阪総領事が総統就任式に出席した国会議員に送りつけた抗議書簡が「恫喝に近いものがある」として質したところ、上川外相は「精査をすることが必要で、今後の対応については現時点で予断をもってお答えすることは差し控えたい」と答えました。

松原先生は5月21日にも「脅迫発言を繰り返す中国大使の追放に関する質問主意書」を政府に提出して、呉大使の追放を求めていました。5月31日に閣議決定された政府答弁書は、上川外相の答弁同様「我が国政府の今後の対応について、現時点で予断をもってお答えすることは差し控えたい」でした。

こうした日本政府の情けない反応をみて、呉大使は脅迫が成功したと判断したでしょう。今後ますますエスカレートするはずです。

Chinese_honor_guard_in_column_070322-F-0193C-014.JPEG


★ 誤ったメッセージ

呉大使が昨年4月28日に日本記者クラブで行った「日本の民衆が火の中に」脅迫発言は、日本の民間人を焼き殺す旨の「害悪の告知」であり、言語道断というほかありません。同じ表現を繰り返したのは、明らかに意図的です。政府は前回同様抗議だけで済ませたら、中国に誤ったメッセージが伝わり、武力衝突の危険性を高めます。上川外相は高所大所から判断すべきです。

むろん日本国民脅迫は呉大使の個人プレーではありません。2021年10月に薛剣総領事は、官職名を明示したX(当時ツイッター)アカウントで「台湾独立=戦争。はっきり言っておく!中国には妥協の余地ゼロ!!!」と恫喝しています。

薛剣総領事の恫喝に対して、松原先生は同年に「中国の大使級総領事による台湾への「戦争」恫喝に関する質問主意書」を提出しましたが、政府答弁は「中国政府関係者のインターネット上の発言の逐一について政府としてお答えすることは差し控えたい」でした。

政府の腰の引けた姿勢が、中国の増長を招いているように思います。中国のような国に対しては、脅迫や恫喝が逆効果にしかならないことを明確に知らせ、エスカレートを防ぐ必要があります。

matsubarajindietseat

松原先生は大隈重信が創設した早稲田大学の出身です。司馬遼太郎『翔ぶが如く』に書かれていますが、大隈重信は1874年の台湾出兵後に、清との交渉について、
「こちらに戦う気があれば戦争をせずに済む。逆に戦いを避けるなら、甘く見られて戦争になってしまう」
と説く『海外出師之議』と題した意見書を提出しています。
こちらから原典をダウンロードいただけます。PDFの4ページ目左側になります。

大隈重信は正しかったです。大久保利通が北京に乗り込んで強気で交渉したところ、清国政府は日本の台湾出兵を義挙と認めて巨額の金を払うことに合意しました。貴重な歴史の教訓だと思います。




Emperor Meiji uniform
戦にかちてかへりしいくさ船
けふもかかれり品川の沖
(明治天皇御製)



逮捕された北朝鮮スパイ 

先日、半世紀前に出された警察庁広報誌『焦点』の「つかまった北朝鮮スパイ」という特集を読んでいたら、スパイ小説のような面白さにすっかりハマりました。昔の政府広報はサービス精神旺盛だったんですね。

摘発事例の紹介は、1973年12月22日の羽田空港国際線ロビーからはじまります。警察の捜査官が、これからハンブルグ行きの飛行機に乗ろうとする一人の男に近づきます。
捜査官「警察の者ですが・・・」
男は、一瞬ギクリとした表情となりました。
捜査官「あなたは、日本の名前の『水山』さんですね?」
男「いや、違います。ワタシは『鈴木』です」
捜査官「そう、『鈴木』というのは、あなたが持っている旅券の名前ですね」
男「ワタシは・・・」
ボストンバッグを持つ男の手は、心なしか震えています。

そのときです。ベテラン捜査官のひとりが、男の肩をポンとたたいて「なあ、あんたとは長い付き合いだったよ」というと、男の表情はこわばりました。そして腹の底から絞り出すような声で「ウム・・・、そうでしたか・・・」というと、観念して肩を落としたのです。
この男こそ、4年前の1969年10月に北朝鮮工作船に乗って青森県の海岸から密入国した水山義夫こと金一東だったのです。


nkspy3
押収された乱数表

韓国生まれの金は、15歳だった1940年に大阪に住む叔父の家に預けられ、日本の学校に通いました。学校は3年で中退し、1944年に韓国に帰国しています。その後1950年に侵略してきた北朝鮮軍に兵士として加わり、特務下士官で除隊すると、朝鮮労働党への入党を許され陸海運省(運輸省)の役人となりました。そんなある日、党中央機関に呼び出されて「日本に潜入するスパイになれ」と命令され、8カ月にわたるスパイ教育を受けさせられます。そして無線機、乱数表、暗号表、暗号用薬品などスパイ道具一式と、活動資金として日本円300万円を渡されて、日本に密入国したのでした。

金は大阪を拠点に、与えられた任務を遂行していきます。

1 日本と韓国の政治、経済、軍事に関する秘密情報の入手
2 韓国にある朝鮮革命組織との連絡ルートの構築
3 来日した韓国人留学生を取り込み北朝鮮に送る

そして、薬品を調合して作られた透明の「暗書インキ」で報告書を書き、知人への手紙を装って北朝鮮に送っていました。本国機関では特殊な薬品で文字を浮かび上がらせて、報告を読んでいました。

そんなある日、金は公安警察の網に引っかかります。金のスパイ活動に協力する在日朝鮮人が、羽田空港を飛び立って東ベルリンにある北朝鮮大使館に入ったことを掴んだのです。この朝鮮人は、妻の妹の夫である日本人に成りすまして日本パスポートを不正に入手していました。警察はその後も粘り強く徹底的に調べ上げ、ついには金が日本人に化けて出国しようとしていることまで突き止め、逮捕を実現したのです。

金は正体がバレた後も、巧妙に証拠隠滅をはかります。逮捕されたあと捜査官に「タバコが吸いたい」と懇願しました。捜査官が自分のポケットからショート・ホープを取り出して「どうぞ」とすすめると、金は「そのタバコは辛いのでいらない。私のボストンバッグに入っている『チェリー』が吸いたい」と言います。
このやり取りで熟練の捜査官はピンときました。さっそく中に入っていたチェリーを調べると、一本の中から巧妙に隠された乱数表が出てきたのです。さらに金のオーバーを調べると、裏側に巧みに縫い込まれた暗号表も発見されました。

nkspy2
タバコの中に隠された乱数表

逮捕から12日後、警察が北朝鮮から流れてくる乱数放送(暗号放送)を傍受していると「1336号、1336号」と金の呼び出し番号が読み上げられました。続けて流れてきた「86722、37547・・・」の長い数字を記録し、押収された乱数表と暗号表によって解読すると、次の内容であることが判明しました。

1 接線できなかった事情を報告せよ
2 新年にあたり事業の成果と健闘を祈る

敵国の暗号を破るというのは大金星です。秘密工作の中身が筒抜けになるのです。たとえ変えられても、次の暗号を破るカギとなります。警察広報誌には書かれていませんが、当然のことながらアメリカ、西ドイツ(当時)、韓国等の情報機関から「日本やるじゃねえか!」と賞賛が寄せられたことでしょう。西側全体への大きな貢献です。捜査チームは、警察庁長官賞を受賞したはずです。


nkspy1
押収された無線機

しかし残念ながら、特集は悲しい終わり方をしています。「さる三月五日、旅券法、外国人登録法違反などによって金に懲役一年の有罪判決が下った」

血の滲むような努力のすえ金を摘発した当時の捜査官に悪いのですが、「たったの懲役1年かよ!」と思わずにはいられません。普通の国なら金のようなスパイは、長い懲役刑を宣告されて獄につながれます。アメリカでは終身刑になる場合もあります。そして味方を救出する必要が出たとき、スパイ交換の駒として使われます。日本なら、拉致被害者を救出する取引材料になるのです。

日本にはスパイ防止法がないので、この手を使えません。何の罪もない拉致被害者が半世紀近く祖国に帰ることができないのに、危険極まりない北朝鮮スパイはたったの懲役1年。なんということでしょう。

法の不備のため、その後も北朝鮮による工作活動は続きました。女子中学生を含め、大勢の日本人が拉致されました。そして北朝鮮は朝銀破綻で日本国民に1兆円以上払わせたばかりか、日本から持ち出したカネと技術で核兵器まで作りました。今現在でも出先機関・朝鮮総連の者たちは議員会館に出入りしています。

法律・政策を変えなければならないと、つくづく思います。



Emperor Meiji uniform
おほぞらにそびえて見ゆるたかねにも
登ればのぼる道はありけり
(明治天皇御製)



プロフィール

加藤健

アジア調査機構代表

拉致被害者救出のための政策提言や、北朝鮮の外貨資金源潰し、制裁破り告発等を行う。
国営高麗航空の寄航差し止めなどの戦果を挙げる。

著書『朝鮮総連に破産申立てを! 血税1兆円以上が奪われた』(展転社)

最新記事
アーカイブ
QRコード
QRコード

にほんブログ村 政治ブログへ

  • ライブドアブログ