★ 明確な答弁が出た!  

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です。

松原仁先生が提出した「在日北朝鮮当局者の強制送還に関する質問主意書」に対して政府は1日、国連決議に基づく強制送還はすぐにも可能との答弁書を閣議決定しました。まさかこれほどストレートな答弁が出るとは思わず驚きました。松原先生に大感謝です!

matsubarajin
松原仁先生


質問主意書は国連安保理決議第2270号パラグラフ13の「制裁破りに関わる北朝鮮当局者を強制送還せよ」との決定を履行せよと迫るものです。質問は下記の衆議院HPで公開されていますが、決議の政府公式訳をそのまま引用していて読みにくいです。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a200048.htm

決議を簡単にいえば、朝鮮総連幹部・職員などの「政府の代表又は北朝鮮政府の立場で行動するその他の北朝鮮国民」が制裁対象者・制裁違反者の代理・指示で行動していると認定したら、国連加盟国はその者を強制送還しなければならないという決定です。

念のために政府公式訳を書き出します。
「13.加盟国が、北朝鮮の外交官、政府の代表又は北朝鮮政府の立場で行動するその他の北朝鮮国民が、指定された個人若しくは団体又は制裁回避を支援し若しくは決議第1718号(2006年)、第1874号(2009年)、第2087号(2013年)、第2094号(2013年) 若しくはこの決議の規定に違反する個人若しくは団体の代理として又はそれらの指示により行動していると決定する場合には、当該加盟国は、適用可能な国内法及び国際法に従い、北朝鮮への送還を目的としてその個人を自国から追放することを決定するとともに(ただし、この規定は、国際連合の業務を実施するために北朝鮮政府代表者が国際連合本部又は他の国際連合の施設に移動することを妨げるものではない。)、この規定は、(a)司法手続の実施のためにその個人の存在が必要な場合、(b)専ら医療、安全若しくはその他の人道的目的のためにその個人の存在が必要な場合、又は (c)その個人の退去が決議第1718号(2006年)、第1874号(2009年)、第2087号(2013年)、第2094号(2013年)及びこの決議の目的に反すると委員会が個別の案件に応じて決定した場合には、特定の個人には適用されないことを決定する」



安保理決議は一般の法律より上位で、強い拘束力を持ちます。安保理の「決定」を国連加盟国は必ず履行しなければならず、多数国間条約と違い留保は認められません。日本政府は上記に当てはまる者がいれば強制送還する義務を負っています。特別永住許可に関する国内法を理由に拒否できません(私のほうで国連関係者に確認済)
松原先生の質問主意書は「履行するためにいかなる措置を講じたか?」と質問するかたちで政府に迫りました。

政府は、出入国管理及び難民認定法(入管法)で退去強制手続が定められており、決議で定められた義務を履行する措置はすでに講じられていると答弁しました。つまり現行法で今すぐできるということです。特別永住者であっても、安保理決議の要件に該当すれば直ちに強制送還できるのです。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b200048.htm

退去強制手続の流れについては出入国在留管理庁HPにフローチャートが出ています。朝鮮総連幹部が泣こうが叫ぼうが、差別だ政治弾圧だと抗議しようが、フローチャートの流れに沿って北朝鮮に強制送還されます
http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/taikyo/taikyo_flow.html


これは朝鮮総連に対する強烈な圧力です。幹部にとって北朝鮮への永住帰国は、日本の刑務所に10年服役するより遥かに恐ろしい事態です。安保理決議の要件が裁判所の確定判決でなく、政府による認定(条文上は「決定」)だと知ったら幹部はなおさら震え上がるでしょう。日本政府は再入国禁止措置同様、詳しい理由を明らかにすることなく強制送還できる権限を安保理決議によって付与されているのです。認定するだけです。圧倒的な力を持っています。


当局には強制送還をチラつかせながら、朝鮮総連幹部から拉致に関する情報を引き出していただきたいと願っています。情報を持つ者が日本にいます。強制送還という決定的カードを活用すれば情報は出てきます。

先週、特定失踪者・藤田進さんの父・春之助さんの通夜に参列しました。ついに拉致された息子との再会は叶いませんでした。救出のためずっと頑張ってきた弟の隆司さんの落胆した表情を見て本当に辛かったです。
進さん拉致事件は事実が明らかで、証拠写真もあり、元拉致問題担当大臣が「生存情報に接した」と証言していて99.9%確実ですが、100%でないということで政府拉致認定に至っていません。あと一つ追加情報があれば進さんは拉致認定され、救出に一歩近づきます。当局には頑張ってもらいたいです。

b1ea4696.jpg
北朝鮮から流出した兄・進さんの写真を掲げる藤田隆司さん


さて、ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。首相官邸ホームページ「ご意見募集」から「制裁破りに関わる朝鮮総連幹部を強制送還してください。安保理決議を履行してください」と安倍総理宛にメールをお送りいただきたいのです。
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

同様の意見を内閣官房、国家公安委員会・警察庁、法務省、外務省にもお送りください。各省庁に一斉送信できるページがあります。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


強制送還の話が現実化すれば、必ずや拉致に関する新たな情報が出てきます。強制送還から逃れる一番の方法は、有益な情報を提供して日本当局に目こぼししてもらうことだからです。なんとしてでも拉致問題を前進させましょう。ご協力よろしくお願いします。




Emperor Meiji uniform
ひさかたの空はへだてもなかりけり
地なる國は境あれども
(明治天皇御製)