◆ 朝鮮総連がNHKに乗り込む! 

朝鮮総連機関紙・朝鮮新報によれば総連中央の代表は5月28日にNHKを訪れ、「とんでもない虚偽捏造特集を放映して朝鮮の最高尊厳を冒涜し、朝鮮と総連を誹謗中傷した」と抗議しました。5月25日に放映されたETV特集「北朝鮮“帰国事業”60年後の証言」は、「総連が在日同胞を騙して帰国させたという虚偽とねつ造宣伝」だと主張しています。そして「今後はこのような謀略報道番組を制作、放送してはならないと警告した」とのこと。検閲官?


ETVの番組ページはこちらです。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259652/index.html



実は朝鮮総連が在日朝鮮人を騙して帰国させたことは、元最高幹部2名が著書で明確に証言しています。拙著『朝鮮総連に破産申立てを! 血税1兆円以上が奪われた』(展転社)の205ページ以下の記述をご紹介させていただきます。

最初に紹介した部分は朝鮮総連中央の財政局副局長だった韓光煕氏の著書『わが朝鮮総連の罪と罰』からの引用です。後に出てくる関貴星(旧名・呉貴星)氏は昭和30年代に朝鮮総連中央の財政委員を務めたあと、著書『楽園の夢破れて』で内部告発した人物です。

twittercoversharp



我々青年同盟活動家にとって最大の勲章は、同胞を説得して北朝鮮に帰国させることであった。東京の中央本部からは、とにかく一人でも多く本国に送り込めという指示がきていた。(中略)これと眼を着けた者に対しては、連日のように家に通って上がり込み、北朝鮮から送られてきた帰国者の写真や手紙を見せて、「地上の楽園」の素晴らしさを力説した。手紙には「食糧は配給制ですべてタダだ」とか、「家賃が安くて生活が楽だ」とか、「子供たちは全員大学に進学した」とか、いいことばかり書いてある。それもそのはずで、向こうから来る手紙はすべて検閲を通っており、いいことを書いた手紙しか日本に届かないようになっていた。
(中略)
いまさら謝ってもどうなるものでもないことは承知の上だが、私は謝りたい。私は、自分の点数稼ぎのために、甘言を弄して同胞たちを地獄に送り込んだ。このことは、過ちの多い私の人生のなかでも、最大の過ちの一つである。
(『わが朝鮮総連の罪と罰』)

韓氏が帰国させた少年の1人は、北朝鮮で行方不明になったという。母親が心配して県本部を訪ねてくるたびに、韓氏は逃げ回っていた。

朝鮮総連の幹部は、かなり早い段階から北朝鮮が「地上の楽園」でないことを知っていた。幹部だった関貴星氏は日本国籍を持っていたので、昭和30年代に2度北朝鮮を訪れ、帰国者の苦しい現実を見た。そこでこれから帰国する人に、少しでも多く生活用具を持っていくようにアドバイスしたところ、驚くべき反発を受けた。昭和37年に出版された著書で次のように述べている。

岡山市の解放会館で一週間のちの船で帰国する人びとの帰国学習会で、私は真実にそった帰国心得を話したとき、同席していた他の幹部が、
「帰国する人々にそんなこと喋っちゃこまるじゃないか」
というのだ。私は反問すると、かれは「一般帰国者は無知なんだ。それでいいんだ。なまじ本当のことを知らせると、帰国者がいなくなってしまうからな」と平然たるものであった。
彼ら一握りの幹部は、中央、地方を通じてただ同胞を新潟港から帰還船に乗せるだけが政治目的であって、あとは同胞がどうなろうがそんなことは知ったことではないのだ。
(『楽園の夢破れて』)

そのとき朝鮮総連幹部は濡れ手に粟のボロ儲けをしていた。帰還事業は、無から有を生むカネ儲けスキームでもあった。ハッキリいえば詐欺である。韓光煕氏は証言する。

帰国者たちはそのほとんどが、所有していた土地や建物を総連に寄付して帰った。そうすれば祖国で応分の資産を保証するという誓約書を、総連が書いたからである。しかし、その約束が簡単に反故にされたことは言うまでもない。結果から言えば、朝鮮総連は一〇万人の同胞を地獄に突き落としたうえで、その私財を収奪したということになる。
そんなわけで、成はたいそう羽振りがよかった。会議か何かで私が上京するたび呼び出され、新宿のキャバレーに連れていかれた。
(『朝鮮総連の罪と罰』)

帰国者は昭和54年から、別のカネ儲けのネタとなった。短期祖国訪問がはじまり「帰国した子供に会わせてやる」といって、法外な寄付金を巻き上げられるようになったのだ。韓氏によれば、訪問団の一員に選ばれるには200万円から300万円寄付しないといけないが、この金額では子供とホテルの喫茶店で1時間話せる程度だという。子供たちの家庭を訪問して2週間泊まり歩くには、最低でも1000万円以上寄付する必要があった。むろん朝鮮総連構成員のなかでパチンコ屋を経営する金持ちは一握りだ。普通の勤め人の親が、20年間離れ離れになっていた子供に会いたい一心で、老後の蓄えを切り崩して訪問団に参加したのだ。1回の訪問団で2億円から3億円集まり、それが毎年15回から20回あるので年間30億円から60億円の収入になった。

なんという卑劣さだろう。誘拐犯と大して変わらない。拉致被害者をネタに日本をユスるのと同じくらい卑怯なことを、朝鮮総連は同胞に行っているのだ。韓氏は、「現在の総連の活動で、ただの一つでも同胞の役に立っていることがあるだろうか。いや、むしろ、やっているのは、同胞に害を及ぼすようなことばかりではないか」と述べる。

加藤健 『朝鮮総連に破産申立てを! 血税1兆円以上が奪われた』(展転社、2018年)



SorenHQs

朝鮮総連は北朝鮮政府そのものです。整理回収機構に訴えられた裁判で朝鮮総連は、「日本と国交を有する諸外国における大使館にも比すべき活動」を行っていると陳述しました。在外公館ということです。また北朝鮮の宣伝媒体『高麗ジャーナル』によれば宋日昊大使は、「日本にある総聯とは即ち我が共和国であり、日本の一番身近な共和国とは即ち総聯である」と述べています。

北朝鮮政府が事実に基づく報道に圧力を加えることは、我が国の報道の自由に対する挑戦であり、断じて許すことはできません。報道関係者に不当な圧力には一層の報道で応えるよう呼び掛けるプレスリリースを私のほうで流しました。



一般の方には、ぜひ首相官邸ホームページ「ご意見募集」から「朝鮮総連に破産申立てをしてください!」と安倍総理宛にメールをお送いただきたくお願いします。
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
同様の意見を内閣官房、財務省、金融庁、外務省にもお送りください。各府省に一斉送信できるページがあります。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


また自民党対北朝鮮総合対策検討プロジェクトチームの岸田文雄座長にもメールを送り「朝鮮総連の破産申立てを自民党の政策にしてください」と要請してください。短い文章で大丈夫です。
送り方としてはメールアドレスに直接送る方法と、
f-kishida@kishida.gr.jp
議員ホームページのメールフォームを利用する方法、
http://www.kishida.gr.jp/mail/mailform.html
自民党ホームページの「自民党へのご意見」から「岸田文雄政調会長」と宛先を指定して送る方法の三通りがあります。
https://www.jimin.jp/voice/


前身組織も入れると過去70年間、朝鮮総連は日本人と在日コリアンに多大な害をもたらしてきました。朝鮮総連に騙されて北に渡り、強制収容所で殺害された日本人妻もいます。こんな害毒を子や孫の世代に引き継がせるわけにはいきません。潰しましょう。ご協力よろしくお願いします。


North Korean prison camps
北朝鮮収容所で行われている拷問


Yomiuri 19541113

Yomiuri 19520330
昭和20年代の読売新聞記事。もう終わりにしよう。






Emperor Meiji uniform
いかならむ世にも時にも國民の
身のいとなみをわすれざらなむ
(明治天皇御製)