★ 干からびたミイラにしてやれ! 

イギリス有力紙テレグラフは3月20日、ロシアの専門家集団が金日成・金正日の遺体保全処置(エンバーミング)のため北朝鮮に持ち込んでいる薬品が、国連安保理決議で北への輸出が禁止された「奢侈品」(ぜいたく品)に該当するとの私の見解を報じました。制裁破りの犯罪だからやめろ、という主張です。
https://www.telegraph.co.uk/news/2019/03/20/threat-decomposing-kim-corpses-could-force-north-korea-feed/


タイトルは「金親子の遺体が劣化する恐怖は『自国民を食べさせる』ことを北朝鮮に強制するかも」という刺激的なものです。北朝鮮関係の優れた記事を多く書いているジュリアン・ライアル特派員が執筆しました。

すぐにロシアを含む世界各国のメディアが後追いし、イギリス有力紙の影響力の大きさを見せつけました。現在「国際世論」とよばれるものは英語圏有力メディアが作っていますが、テレグラフはその一角に入っています。国際政治への影響力は、日本の大手紙の数十倍あるのが実際のところです。こうした記事は日本にとって本当にありがたいものです。

kjikumsusan

記事に書かれているとおり、私のほうで安保理理事国の国連大使(中露除く)と専門家パネルに捜査を求める書簡を送っています。記事が出た後にもプリントアウトして再度送りました。捜査がはじまり、ロシア専門家が遺体保全から手を引くことを願っています。金日成・金正日の遺体が干からびたミイラになっていく恐怖は、金正恩政権への巨大な圧力となります。制裁を解除してほしければ、核完全廃棄と拉致被害者釈放を実行すればいいのです。なんとしてでも国連による捜査を実現させたいものです。

遺体保全は門外不出のノウハウを持つロシアの専門家集団(通称レーニン研究所)が請け負っていて、テレグラフによれば費用は年間約30万ポンド(約4500万円)とのことです。
遺体は生前の姿のまま、平壌の錦繍山(クムスサン)太陽宮殿で展示されています。ここは金日成の官邸でしたが、死後霊廟にするため大規模な改築工事が行われ、200万人以上が餓死した1990年代に数百億円が費やされています。もしその金が食糧に使われたなら、誰一人餓死しなかったはずです。餓死の報告は当時の最高指導者・金正日にあがっていたわけですから、この究極の無駄遣いは政治的大虐殺(political genocide)です。

kumsusan

錦繍山太陽宮殿(ウエ・ブロードレクト撮影)

制裁破りの主張には十分な法的根拠があります。北朝鮮への奢侈品輸出禁止は2006年に採択された安保理決議1718号第8条(a)(iii)ではじめて定められました。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/n_korea/anpo1718.html

安保理制裁委員会は履行支援通達(Implementation Assistance Notice)第3号で、各国が奢侈品を定義するにあたって、
「国連統計部が2014年の北朝鮮国民一人あたりの所得を696米ドルと算定したことを踏まえ、当該物品が北朝鮮一般国民に購入可能か、また一般国民向けのものか」
を考慮せよと求めています。
https://www.un.org/securitycouncil/sanctions/1718/implementation-notices

年間数千万円というロシア専門家による遺体保全費用は、北朝鮮一般国民どころか日本の中流家庭でも払えないレベルであり、使用される薬品が奢侈品に該当することは明白です。

unsc
国連安保理議場(ベルン・ウンティート撮影)

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。安保理理事国の国連代表部(中露除く)にメールを送って、制裁破りへの捜査を求めていただきたいのです。すでに英語圏有力メディアで報じられていますので、一般人から多数の要請メールが届けば、たとえ常任理事国ロシアが絡む案件でも捜査しないわけにいかなくなります

そしてロシア専門家のサービスを受けられなくなって遺体がボロボロになり始めたとき、北朝鮮は必死で制裁解除を模索するでしょう。拉致被害者を返して安倍総理に泣きつけばいいのです。

それでは皆様、よろしくお願いします。



◆ 送り先
france@franceonu.org, uk@un.int, usun.newyork@state.gov, newyorkun@diplobel.fed.be, cotedivoiremission@yahoo.com, drun@un.int, info@equatorialguineaun.org, info@new-york-un.diplo.de, ptri@indonesiamission-ny.org, kuwait@kuwaitmissionun.org, onuper@unperu.org, poland.un@msz.gov.pl, pmun.newyork@dirco.gov.za
(順に安保理常任理事国フランス、イギリス、アメリカ、非常任理事国ベルギー、コートジボワール、ドミニカ共和国、赤道ギニア、ドイツ、インドネシア、クウェート、ペルー、ポーランド、南アフリカの国連代表部メールアドレス)

◆例文
件名: Violation of DPRK sanctions など(タイトルは個々別々のほうがいいので、できれば変えてください。From ・・とあなた様の名前を入れても構いません)

本文
Your Excellency,

I am writing to urge the Security Council to launch an investigation into the smuggling of chemicals from Russia to North Korea in violation of luxury goods ban that were reported by The Telegraph.
https://www.telegraph.co.uk/news/2019/03/20/threat-decomposing-kim-corpses-could-force-north-korea-feed/

This is an issue of political genocide and how the SC can prevent it from happening again. The media have reported that the North Korean regime spent hundreds of millions of dollars to refurbish the Kumsusan Palace of the Sun in the 1990s when over two million people were starved to death. If the money was spent on food rather than luxury, not a single person died of hunger.

The preamble of UNSCR 2397 (2017) stated: "expressing great concern that the DPRK continues to develop nuclear weapons and ballistic missiles by diverting critically needed resources away from the people in the DPRK at tremendous cost when they have great unmet needs,"

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)



◆ 翻訳文
大使閣下
テレグラフ紙が報じたロシアから北朝鮮への奢侈品禁輸に違反する薬品の密輸について、捜査を開始するよう安保理に求めます。
(テレグラフ記事へのリンク)
本件は政治的大虐殺の問題、そして安保理がいかに再発を阻止するかという課題です。200万人以上が餓死させられた1990年代に北朝鮮政権は錦繍山太陽宮殿の改築のため数億ドルを支出したとメディアは報じています。もしもその金が贅沢でなく食糧に使われたなら、誰一人として餓死しませんでした。
安保理決議第2397号(2017年採択)の前文は次のように記しています:「北朝鮮にいる人々の需要が大きく満たされていない中、膨大な犠牲の下、北朝鮮が、北朝鮮にいる人々から決定的に必要な資源を流用して、核兵器及び弾道ミサイルの開発を継続していることに強い懸念を表明し」
ご検討ありがとうございます。




Emperor Meiji gyoko

明治天皇は明治8年4月4日、水戸徳川家当主・徳川昭武邸へ行幸され桜をご覧になるとともに、水戸藩二代藩主光圀および九代藩主斉昭の皇室尊崇の志を称えられた。
聖徳記念絵画館壁画「徳川邸行幸」(明治神宮崇敬会)