★ 制裁破りを全世界に告発だ!

韓国の敵対行為が止まりません。ついに2月7日、文喜相国会議長が天皇陛下を侮辱するところまでエスカレートしました。しかも産経新聞によれば文議長は「私に謝罪しろとは何事か。盗っ人たけだけしい」と日本を逆に批判しています。

完全に一線を越えました。陛下への侮辱は、私たち日本人の魂をナイフで切り裂いたようなものです。絶対に許せません。反撃あるのみです。

choteki

文議長(本人HPより引用)


日本が中途半端な対応をすれば弱さと判断され、韓国のテロ行為を誘発します。日本海で任務にあたる自衛官が「正当防衛」や「事故」を名目に殺害される可能性が出てきます。私たちを守ってくれている自衛官を、私たちも智恵を尽くして守らないといけません。

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。世界約180ヵ国のニューヨーク国連代表部に同報メールを送信して、レーダー照射事件について訴えていただきたいのです。例文コピペなら1分でできます。国際社会の監視の目を引き出して韓国の暴発を抑え込むとともに、無法ぶりを全世界に知らしめましょう!


むろんレーダー照射事件をストレートに訴えても効果はありません。第三国は「日韓の問題でしょ。ウチは関係ないよ」としか思わないものです。
そこで例文では韓国海軍艦艇が北朝鮮工作船と怪しい行為を行っていたことについて、制裁破りの疑いがあるので国連で調査してほしいと要請しています。レーダー照射については、「そこまでして隠したかった秘密ってなに?」という取り上げ方をして、隠されたことを知りたくなる人間心理に訴えています。また韓国の文在寅政権が親北朝鮮、親中国の左翼政権であることも書きました。日本では常識的な話ですが、東アジア担当でない各国エリート外交官は知らない可能性があるからです。さらに韓国による制裁破りの事例を、ロイター記事を引用して訴えています。国際法を遵守していないことが具体例で伝わります。

いま日本政府も各国にアピールする宣伝戦を行っています。しかし政府による訴えは様々な制約があるうえ、利己的な国益の主張としか受け取られないのが現実です。
私たち民間の出番です。民間人なら「疑わしい」というだけで調査を要請できますし、国際公益の観点から北朝鮮制裁履行を主張しても自然です。また何百通もメールを送っても怒られません。こうした要請キャンペーンは国際NGOの基本であり、一般的に認められています。やっていないのは日本だけで、出遅れているのが現実です。

それでは皆様、皇室と日本のため、そして自衛官の命を守るため、ほんの少しだけ労力を割いてください。あなた様の力をお貸しください。よろしくお願いいたします。


※ 送信すると、一覧にない個人メールアドレスから「いま休暇中です」などの自動返信が届くことがあります。これは代表メールアドレスから転送された先の外交官の個人メールアドレスです。ちゃんとチェックしている証拠です。

UNGeneralAssembly



◆ 送り先
(宛先を自分にして、BCCに下記をコピーしてください。3回に分けないと送れない場合があります)
info@afghanistan-un.org, mission.newyork@mfa.gov.al, albania.un@albania-un.org, contact@andorraun.org, theangolamission@angolaun.org, enaun@mrecic.gov.ar, armenia@un.int, australia@un.int, new-york-ov@bmeia.gv.at, azerbaijan@un.int, mission@bahamasny.com, bahrain1@un.int, bangladesh@un.int, bdpmny@gmail.com, prun@foreign.gov.bb, barbados@un.int, missionboliviaun@gmail.com, belmission.ny@gmail.com, newyorkun@diplobel.fed.be, blzun@belizemission.com, beninewyork@gmail.com, chadorpmb@yahoo.com, delgaliviaonu@hotmail.com, bihun@mfa.gov.ba, botswana@un.int, distri.delbrasonu@itamaraty.gov.br, brunei@un.int, bulgaria@un.int, mission.newyork@mfa.bg, bfapm@un.int, burundi@un.int, capeverde@un.int, cambodia@un.int, cameroon.mission@yahoo.com, canada.un@international.gc.ca, repercaf.ny@gmail.com, chadmission@gmail.com, chile.un@minrel.gov.cl, colombia@colombiaun.org, comoros@un.int, congo@un.int, mpcongo_onu@hotmail.com, contact@missioncrun.org, cotedivoiremission@yahoo.com, cromiss.un@mvp.hr, cuba_onu@cubanmission.com, mission@cyprusun.org, un.newyork@embassy.mzv.cz, missiondrc@gmail.com, nycmis@um.dk, djibouti@nyct.net, dominicaun@gmail.com, drun@un.int, ecuador@un.int, pr.egypt@un.int, elsalvador@un.int, mission.newyork@mfa.ee, ethiopia@un.int, mission@fijiprun.org, sanomat.yke@formin.fi, france@franceonu.org, info@gabonunmission.com, gambia_un@hotmail.com, geomission.un@mfa.gov.ge, info@new-york-un.diplo.de, ghanaperm@aol.com, grdel.un@mfa.gr, grenada@un.int, guatemala@un.int, onupnud@minex.gob.gt, missionofguinea.un@gmail.com, guinebissauonu@gmail.com, guinea-bissau@un.int, guyana@un.int, honduras_un@hotmail.com, hungary@un.int, unmission@mfa.is, india@un.int, indiaun@prodigy.net, ptri@indonesiamission-ny.org, iran@un.int, newyorkpmun@dfa.ie, info-un@newyork.mfa.gov.il, info.italyun@esteri.it, jamaica@un.int, p-m-j@dn.mofa.go.jp, missionun@jordanmissionun.com, kazakhstan@un.int, info@kenyaun.org, kimission.newyork@mfa.gov.ki, contact@kuwaitmission.org, kyrgyzstan@un.int, lao@un.int, mission.un-ny@mfa.gov.lv, contact@lebanonun.org, lesotho@un.int, Liberia@un.int, info@libyanmission-un.org, mission@nyc.llv.li, lithuania@un.int, newyork.rp@mae.etat.lu, repermad.ny@gmail.com, MalawiNewyork@aol.comMalawiU@aol.com, mwnewyorkun@kln.gov.my, info@maldivesmission.com, miperma@malionu.com, malta-un.newyork@gov.mt, malta@un.int, marshallislands@un.int, mauritaniamission@gmail.com, mauritius@un.int, onuusr1@sre.gob.mx, fsmun@fsmgov.org, monaco.un@gmail.com, mongolianmission@twcmetrobiz.com, UN.NewYork@mfa.gov.me, morocco.un@maec.gov.ma, mozambique@un.int, myanmarmission@verizon.net, namibia@un.int, nauru@un.int, nepal@un.int, nepalmissionusa@gmail.com, nyv@minbuza.nl, nzpmun@gmail.com, nicaragua@un.int, nigermission@ymail.com, permny@nigeriaunmission.org, delun@mfa.no, un.newyork@mfa.no, oman@un.int, pakistan@un.int, mission@palauun.org, emb@panama-un.org, pngun@pngmission.org, paraguay@un.int, onuper@unperu.org, newyorkpm@gmail.com, nowyjork.onz.sekretariat@msz.gov.pl, portugal@un.int, pmun@mofa.gov.qa, newyork-onu@mae.ro, press@russiaun.ru, ambanewyork@minaffet.gov.rw, ambanewyork@gmail.com, sknmission@aol.com, info@stluciamission.org, svgmission@gmail.com, samoa@un.int, sanmarinoun@gmail.com, sao-tome-principe@un.int, saudi-mission@un.int, senegal.mission@yahoo.fr, info@serbiamissionun.org, seychelles@un.int, seychellesmissionun@gmail.com, sierraleone@un.int, singapore@un.int, un.newyork@mzv.sk, slovenia@un.int, simun@solomons.com, somalia@un.int, pmun.newyork@dirco.gov.za, info@rssun-nyc.org, Rep.nuevayorkonu@maec.es, mail@slmission.com, sudan@sudanmission.org, suriname@un.int, swaziland@un.int, swazinymission@yahoo.com, sweden@un.int, nyc.vertretung-un@eda.admin.ch, exesec.syria@gmail.com, tajikistanun@aol.com, thailand@un.int, newyork@mfa.gov.mk, timor-leste@un.int, togo@un.int, togo.mission@yahoo.fr, tongaunmission@gmail.com, tto@un.int, tunisnyc@nyc.rr.com, tunisia@un.int, tr-delegation.newyork@mfa.gov.tr, turkmenistan@un.int, tuvalumission.un@gmail.com, tuvalu@un.int, ugandaunny@un.int, uno_us@mfa.gov.ua, newyork@mofa.gov.ae, uk@un.int, tzrepny@aol.com, USUNPolFax@state.gov, uruguay@un.int, uzbekistan.un@gmail.com, vanunmis@aol.com, misionvene@venezuelaonu.gob.ve, info@vietnam-un.org, YMISS-NEWYORK@MOFA.GOV.YE, zambia@un.int, zimnewyork@gmail.com, office@holyseemission.org, palestine@un.int,



◆ 例文
件名: Possible UN sanctions violation など(タイトルは個々別々のほうがいいので、できれば変えてください。From ・・とあなた様の名前を入れても構いません)
本文:
Your Excellency,

I am writing to request the UN to investigate possible violation of UNSC sanctions on North Korea by the South Korean Navy.

On 20 December 2018, South Korean Navy destroyer ROKS Gwangaeto the Great and a South Korean Coast Guard vessel were engaged in suspicious activity with a North Korean vessel off the Noto Peninsula in the Sea of Japan. The North Korean vessel, apparently a fishing vessel, had features of spy ship that were used in special operations such as drug trafficking, according to Colonel (Ret) Kinichi Nishimura who served as an analyst for Japan's Defence Intelligence Headquarters.

At around 15:00 JST, when Japanese Navy patrol aircraft P-1 approached the scene for surveillance, the South Korean destroyer suddenly directed its fire-control radar at the aircraft. Fire-control radars are directed at its target immediately before firing, and to aim it at foreign aircrafts without a rational reason is an extremely hazardous act that may cause unintended consequences. After being irradiated by the fire-control radar, the P-1 aircraft had called out using three frequencies in international VHF (156.8MHz) and emergency frequencies (121.5MHz and 243MHz), but there was no response at all from the South Korean destroyer.
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/21x_eng.html

The South Korean Defence Ministry claimed that they were conducting a "humanitarian rescue mission" but it has been revealed that no distress signal was sent from the North Korean spy ship. South Korea must be held accountable for what they tried to hide so desperately from Japanese patrol aircraft and the international community.

South Korea's Moon administration, known to be pro-North Korea and pro-China, has been "selective" in implementing sanctions on North Korea. Reuters reported on 23 January that South Korea failed to notify UN sanctions committee when it sent about 300 tonnes of petroleum products to North Korea in 2018.
https://www.reuters.com/article/us-northkorea-southkorea-sanctions/south-korea-selective-in-implementing-sanctions-on-north-group-idUSKCN1PH0D4

North Korea's sales of WMD to rogue states and terrorist organizations remain one of the greatest threats to the international community. South Korea's leftist government must not be allowed to undermine UN sanctions.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)



◆ 翻訳文
大使閣下
韓国海軍が北朝鮮に対する国連安保理制裁を破った疑惑について調査するよう国連に要請します。
能登半島沖の日本海で2018年12月20日、韓国海軍駆逐艦「広開土大王」と韓国海洋警察庁所属警備艇が北朝鮮船舶と疑わしい行為を行っていました。防衛省情報本部で情報分析官として勤務した西村金一元一等陸佐によれば、漁船に見える北朝鮮船舶は麻薬密輸等の特殊工作で使用されてきた工作船の特徴を備えていました。
日本時間で15時頃に海上自衛隊のP-1哨戒機が偵察のため現場に近づくと、韓国駆逐艦は突如として火器管制レーダーを照射しました。火器管制レーダーの照射は、火器の使用に先立って実施する行為であり、他国の航空機に向けて合理的な理由もなく照射することは、不測の事態を招きかねない極めて危険な行為です。P-1哨戒機は火器管制レーダーの照射を受けた後に、国際VHF(156.8MHz)と緊急周波数(121.5MHz及び243MHz)の3つの周波数を用いて呼びかけを行いましたが、韓国駆逐艦からは一切応答がありませんでした。
(引用元の防衛省HP)
韓国国防省は「人道主義的救助作戦」に従事していたと主張しましたが、北朝鮮工作船から遭難信号が発信されていなかったことが明らかになっています。日本の哨戒機と国際社会からこれほどまで必死に隠そうとした何かについて、韓国は説明責任を追及されなければなりません。
親北朝鮮・親中国で知られる韓国の文政権は、北朝鮮制裁を「選り好み」して履行してきました。ロイターは1月23日、韓国が2018年に石油精製品約300トンを北朝鮮に送ったときに国連制裁委員会への報告を怠ったと報じました。
(ロイター記事URL)
北朝鮮による「ならず者国家」やテロ組織への大量破壊兵器の販売活動は、国際社会が直面する最大の脅威の一つであり続けています。韓国の左翼政権が国連制裁を蝕むことは許されません。
ご検討ありがとうございます。



083dab96.jpg

ゆみやもて神のをさめしわが國に
うまれしをのこ心ゆるぶな
(明治天皇御製)