★ 無知を恥じよ!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、北朝鮮関連で腹の立つニュースが多い今日この頃ですが、またしても「アホか!」と呆れ果てる出来事がありました。

国連のグテレス事務総長は12日、ニューヨークの国連本部で行った記者会見で、北朝鮮が人道危機に直面しているとの認識のもと、「国際社会は、北朝鮮の人々を支援するための人道計画に資金を出す時期だと理解してほしい」と述べ、制裁決議とは切り離して、人道支援のため資金を拠出するよう呼びかけました
産経新聞の上塚真由記者が報じています。
https://www.sankei.com/world/news/180713/wor1807130023-n1.html


この男はバカです。きっとお勉強はできたのでしょうが、物事の本質を理解する能力は小学生レベルです。実に幼稚です。国連事務総長として必要な最低限の能力を有していません。

北朝鮮の「敵対階層」が栄養失調なのは、北朝鮮政府に一銭のカネもないからではありません。核・ミサイル開発に何千億円も浪費する一方、国民にカネを回さないからです。世界中の人がテレビで証拠映像を見ているように、ミサイルや軍事パレートに使うカネなら何千億円もあります。政策判断で国民を飢えさせているだけなのです。

北朝鮮に政策転換を要求することなく支援するのは、事実上の軍事支援です。核・ミサイル開発に回す予算を増やせるように、北朝鮮政府が行うべき国民の福祉を、肩代わりしていることになります。我が国に対する重大な敵対行為です。

北朝鮮に「国民を飢えさせれば外国からカネを引っ張れる」と覚えさせれば、人命など歯牙にもかけない金正恩は意図的に飢餓を作ります。なにしろ90年代に金一族の贅沢三昧のために数百億円、核・ミサイル開発のために数千億円を浪費する一方、200万人もの自国民を餓死させた政権です。カネになることなら何でもやります。グテレス事務総長の幼稚な発言は、飢餓による大量殺人を引き起こす危険極まりないものです。人として許されることではありません。

私が述べていることは、国連安保理決議に則っています。昨年採択された安保理決議第2397号は、北朝鮮人道問題の責任は軍事費ばかりにカネを使う金正恩政権にあると述べています。前文で「北朝鮮にいる人々から決定的に必要な資源を流用して」とまで書いています。「流用」(divert)は犯罪を示唆する表現であり、強い糾弾です。外務省による公式訳は下記のとおりです。

「北朝鮮が、北朝鮮にいる人々の福祉、固有の尊厳及び権利を尊重し確保することの必要性を含め、国際社会が有するその他の安全保障上及び人道上の懸念に対応することが重要であることを再度強調するとともに、北朝鮮にいる人々の需要が大きく満たされていない中、膨大な犠牲の下、北朝鮮が、北朝鮮にいる人々から決定的に必要な資源を流用して、核兵器及び弾道ミサイルの開発を継続していることに強い懸念を表明し」
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000325985.pdf


当然のことながらグテレス事務総長は、安保理決議に拘束されます。核・ミサイル開発を幇助する支援要請は許されません。この事実を全世界の国連大使に知らせ、北に支援が流れ込む事態を阻止しようではありませんか!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。世界各国のニューヨーク国連代表部にメールを送り、グテレス発言を告発していただきたいのです。

各国国連大使の多くは、私たちと同じ意見でしょう。みんなで多数のメールを送れば、ニューヨークの外交官コミュニティで話題になります。それによって北朝鮮は、巨額の支援を取り損ねます。大損させてやりましょう!

例文をコピーするだけなら1分でできます。それでは皆様、よろしくお願いいたします。


UNGeneralAssembly
国連総会議場(画像:アジェンシア・ブラジル)
ここに座る各国外交官にメールが届く


※ 送信されると、一覧にない個人メールアドレスから「いま休暇中です」などの自動返信が届くことがあります。これは代表メールアドレスから転送された先の外交官の個人メールアドレスです。ちゃんとチェックしている証拠です。


◆ 送り先

(宛先を自分にして、BCCに下記をコピーしてください。3回に分けないと送れない場合があります)
info@afghanistan-un.org, mission.newyork@mfa.gov.al, albania.un@albania-un.org, mission@algeria-un.org, contact@andorraun.org, themission@angolaun.org, enaun@mrecic.gov.ar, armenia@un.int, australia@un.int, new-york-ov@bmeia.gv.at, azerbaijan@un.int, mission@bahamasny.com, bahrain1@un.int, bangladesh@un.int, bdpmny@gmail.com, prun@foreign.gov.bb, barbados@un.int, missionboliviaun@gmail.com, belmission.ny@gmail.com, newyorkun@diplobel.fed.be, blzun@belizemission.com, beninewyork@gmail.com, chadorpmb@yahoo.com, delgaliviaonu@hotmail.com, bihun@mfa.gov.ba, botswana@un.int, distri.delbrasonu@itamaraty.gov.br, brunei@un.int, bulgaria@un.int, mission.newyork@mfa.bg, bfapm@un.int, burundi@un.int, capeverde@un.int, cambodia@un.int, cameroon.mission@yahoo.com, canada.un@international.gc.ca, repercaf.ny@gmail.com, chadmission@gmail.com, chile.un@minrel.gov.cl, colombia@colombiaun.org, comoros@un.int, congo@un.int, mpcongo_onu@hotmail.com, contact@missioncrun.org, cotedivoiremission@yahoo.com, cromiss.un@mvp.hr, cuba_onu@cubanmission.com, mission@cyprusun.org, un.newyork@embassy.mzv.cz, missiondrc@gmail.com, nycmis@um.dk, djibouti@nyct.net, dominicaun@gmail.com, drun@un.int, ecuador@un.int, pr.egypt@un.int, elsalvador@un.int, mission.newyork@mfa.ee, ethiopia@un.int, mission@fijiprun.org, sanomat.yke@formin.fi, france@franceonu.org, info@gabonunmission.com, gambia_un@hotmail.com, geomission.un@mfa.gov.ge, info@new-york-un.diplo.de, ghanaperm@aol.com, grdel.un@mfa.gr, grenada@un.int, guatemala@un.int, onupnud@minex.gob.gt, missionofguinea@aol.com, guinebissauonu@gmail.com, guinea-bissau@un.int, guyana@un.int, mphonu.newyork@diplomatie.ht, honduras_un@hotmail.com, hungary@un.int, unmission@mfa.is, india@un.int, indiaun@prodigy.net, ptri@indonesiamission-ny.org, iran@un.int, newyorkpmun@dfa.ie, info-un@newyork.mfa.gov.il, info.italyun@esteri.it, jamaica@un.int, p-m-j@dn.mofa.go.jp, missionun@jordanmissionun.com, kazakhstan@un.int, info@kenyaun.org, kimission.newyork@mfa.gov.ki, contact@kuwaitmission.org, kyrgyzstan@un.int, lao@un.int, mission.un-ny@mfa.gov.lv, contact@lebanonun.org, lesotho@un.int, Liberia@un.int, info@libyanmission-un.org, mission@nyc.llv.li, lithuania@un.int, newyork.rp@mae.etat.lu, repermad.ny@gmail.com, MalawiNewyork@aol.comMalawiU@aol.com, mwnewyorkun@kln.gov.my, info@maldivesmission.com, malionu@aol.com, malta-un.newyork@gov.mt, malta@un.int, marshallislands@un.int, mauritaniamission@gmail.com, mauritius@un.int, onuusr1@sre.gob.mx, fsmun@fsmgov.org, monaco.un@gmail.com, mongolianmission@twcmetrobiz.com, UN.NewYork@mfa.gov.me, morocco.un@maec.gov.ma, mozambique@un.int, myanmarmission@verizon.net, namibia@un.int, nauru@un.int, nepal@un.int, nepalmissionusa@gmail.com, nyv@minbuza.nl, nzpmun@gmail.com, nicaragua@un.int, nigermission@ymail.com, permny@nigeriaunmission.org, delun@mfa.no, un.newyork@mfa.no, oman@un.int, pakistan@un.int, mission@palauun.org, emb@panama-un.org, pngun@pngmission.org, paraguay@un.int, onuper@unperu.org, newyorkpm@gmail.com, nowyjork.onz.sekretariat@msz.gov.pl, portugal@un.int, pmun@mofa.gov.qa, korea.un@mofa.go.kr, unmoldova@aol.com, newyork-onu@mae.ro, press@russiaun.ru, ambanewyork@minaffet.gov.rw, ambanewyork@gmail.com, sknmission@aol.com, info@stluciamission.org, svgmission@gmail.com, samoa@un.int, sanmarinoun@gmail.com, sao-tome-principe@un.int, saudi-mission@un.int, senegal.mission@yahoo.fr, info@serbiamissionun.org, seychelles@un.int, seychellesmissionun@gmail.com, sierraleone@un.int, singapore@un.int, un.newyork@mzv.sk, slovenia@un.int, simun@solomons.com, somalia@un.int, pmun.newyork@dirco.gov.za, info@rssun-nyc.org, Rep.nuevayorkonu@maec.es, mail@slmission.com, sudan@sudanmission.org, suriname@un.int, swaziland@un.int, swazinymission@yahoo.com, sweden@un.int, nyc.vertretung-un@eda.admin.ch, exesec.syria@gmail.com, tajikistanun@aol.com, thailand@un.int, newyork@mfa.gov.mk, timor-leste@un.int, togo@un.int, togo.mission@yahoo.fr, tongaunmission@gmail.com, tto@un.int, tunisnyc@nyc.rr.com, tunisia@un.int, tr-delegation.newyork@mfa.gov.tr, turkmenistan@un.int, tuvalu@un.int, tuvalu.un@gmail.com, ugandaunny@un.int, uno_us@mfa.gov.ua, newyork@mofa.gov.ae, uk@un.int, tzrepny@aol.com, USUNPolFax@state.gov, uruguay@un.int, uzbekistan.un@gmail.com, vanunmis@aol.com, misionvene@venezuelaonu.gob.ve, info@vietnam-un.org, YMISS-NEWYORK@MOFA.GOV.YE, zambia@un.int, zimnewyork@gmail.com, office@holyseemission.org, palestine@un.int,



◆ 例文

件名: Aiding the North Korean Military など(タイトルは個々別々のほうがいいので、できれば変えてください。From ・・とあなた様の名前を入れても構いません)

本文:
Your Excellency,

It is with regret that on 12 July, UN Secretary-General Antonio Guterres told the media that the UN is seeking funds for humanitarian projects in North Korea without condemning the North Korean regime for prioritising military expenditure over the welfare of its own people. It would send the wrong message to Pyongyang and further deteriorate the situation in North Korea. The regime would deliberately starve the so-called "hostile class" to gain foreign aid.

The preamble of UNSCR 2397 (2017) stated:
"Underlining once again the importance that the DPRK respond to other security and humanitarian concerns of the international community, including the necessity of the DPRK respecting and ensuring the welfare, inherent dignity, and rights of people in the DPRK, and expressing great concern that the DPRK continues to develop nuclear weapons and ballistic missiles by diverting critically needed resources away from the people in the DPRK at tremendous cost when they have great unmet needs,"
https://www.un.org/press/en/2017/sc13141.doc.htm

The primary responsibility of taking care of the North Korean people lies not with the international community, but the North Korean government.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)



◆ 翻訳文

大使閣下
アントニオ・グテレス国連事務総長が7月12日、国民の福祉より軍事費を優先する北朝鮮の政策を非難することなく、北朝鮮国内の人道支援計画への資金拠出を求めているとメディアに語ったことは遺憾です。こうした発言は北朝鮮に誤ったメッセージを送り、状況を悪化させます。北は外国から援助を得るために、いわゆる「敵対階層」を意図的に飢えさせるでしょう。
安保理決議第2397号(2017年採択)の前文に次のようにあります。
「北朝鮮が、北朝鮮にいる人々の福祉、固有の尊厳及び権利を尊重し確保することの必要性を含め、国際社会が有するその他の安全保障上及び人道上の懸念に対応することが重要であることを再度強調するとともに、北朝鮮にいる人々の需要が大きく満たされていない中、膨大な犠牲の下、北朝鮮が、北朝鮮にいる人々から決定的に必要な資源を流用して、核兵器及び弾道ミサイルの開発を継続していることに強い懸念を表明し」
(国連HPへのリンク)
北朝鮮国民の面倒をみる第一義的な責任は国際社会でなく、北朝鮮政府にあります。
ご検討ありがとうございます。敬具



★ 参考

グテレス事務総長の発言内容

Secretary-General:  In relation to the second question, Mark Lowcock, the head of OCHA [Office for the Coordination of Humanitarian Affairs], just came from North Korea.  So, there is a plan that was presented by the humanitarian agencies.  We are seeking funds for that plan, and we hope that the international community will understand that this is the moment also to fund the humanitarian plan of support to the people of North Korea.  And, at the present moment, this is our track, to try to address directly the humanitarian aspects of all sorts that exist in North Korea.
https://www.un.org/press/en/2018/sgsm19133.doc.htm




083dab96.jpg
国のため民のためには夏草の
ことしげくともつとめざらめや
(明治天皇御製)