★ これは犯罪だ!

いま私のほうで、朝銀破綻で日本国民が1兆3453億円もの血税を負担させられた経緯を調べ直していますが、腹の立つことばかりです。ホントによくもこれだけムチャクチャやられたなと、何度も何度もため息が出ます。泣きたくなってきます。

全国で朝銀信用組合が一斉破綻する直前に、160億円も引き出されたことをご存じでしょうか? あとで日本の公的資金が入ると分かって、組織的にカネを抜かれたのです。

IMG_3947


97年に朝銀大阪が破綻する前から、大蔵省銀行局と朝鮮総連傘下団体・在日本朝鮮信用組合協会(朝信協)の間で広域合併による受け皿作りスキームが練られ、99年5月に13の朝銀が破綻しました(破綻はその後も続く)。このとき破綻した朝銀のうち9つが、破綻直前に「保証を履行する」という名目で朝銀系列ノンバンクに計160億円を支出していたのです。「破綻直前」と書いたのは本当に直前で、前月4月21日から28日のたった1週間の間です。

「そこまでやるか」と驚かずにはいられません。本当にいいようにやられています。「せっかくだから日本人からもっと取ってやろうぜ」という笑い声が聞こえてくるようです。


預金保険機構は「金融破綻処理制度を悪用して公的資金獲得を意図したからくりだ」「朝信協が各朝銀に対し、破綻直前に『保証履行』を強要した」と厳しく非難し、系列ノンバンク側と法廷で対峙しました。系列ノンバンクが、まだ履行されていない分を払えと起こした訴訟に、預金保険機構が異例の訴訟参加に踏み切ったのです。

上記とは別に系列ノンバンク2社は、朝銀近畿にも86億円分の「債務保証」をせよと訴えていました。朝銀京都、朝銀兵庫、朝銀滋賀、朝銀和歌山から債務保証を受けたと主張し、合併してできた朝銀近畿に履行を求めました。一審の大阪地裁は、朝銀近畿に44億円の支払いを命じる判決を言い渡していました。

「もっと寄こせ」と訴えていたのは、朝銀総合ファイナンスと共同開発の2社です。前者は名前からして朝銀そのものですが、実際に全国の朝銀が株主となって昭和62年に設立された株式会社です。共同開発は昭和63年に、朝銀および朝信協の理事らが株主となって設立されています。信用組合は法令や通達により、長期・多額の貸し付けを制限されているので、規制をすり抜けるために朝信協主導で設立されたのが2社です。

2社はバブル期に朝銀から紹介を受けるかたちで、不動産会社などに多額の融資を行っていました。その際に朝銀から、「当組合は貴社とともにその管理回収に責任をもって協力します」などと書かれた書類を受け取っていました。そして2社は、朝銀大阪が破綻する直前の97年4月になって、各地の朝銀に指示して一斉に「連帯して債務保証する」と明記した保証書を追加で提出させたのです。保証書の対象になったのは、39件二百数十億円分の融資で、多くは不良債権となっています。この時期、すでに朝信協と大蔵省の間で公的資金投入が協議されており、意図は見え見えです。預金保険機構は、「保証書への差し替えは、全国規模で一斉に行われており、朝銀の破綻を想定し、公的資金の獲得を意図したものだ。全国規模で金融破綻処理制度を悪用したからくりの一環であり、預金保険法の全額保護の趣旨を大きく逸脱し、反社会的で正義に反する」と主張し、請求棄却を求めました。つまり日本国民の金を狙った極悪スキームだと主張したのです。

7c64348c.jpg


高等裁判所は常識的な判断を示しました。大阪高裁は2006年9月26日に、一審の大阪地裁判決を取り消し、系列ノンバンク側の請求を全面的に退ける判決を言い渡しました。各地の朝銀が破綻前に出した保証書について大阪高裁は、「破綻を加速させるような危険な行為だ」として無効と判断しています。

翌年2月7日に東京高裁も、系列ノンバンクの請求を全面的に退けました。判決は保証契約が、朝銀の理事長らが「もっぱら被控訴人(系列ノンバンク)の利益を図るためにした行為」と認定しています。朝銀と系列ノンバンクの間に密接な人事上の関係があることを理由に、ノンバンク側は理事長らの「意図を知っていたか、または容易に知ることができた」と指摘し、朝銀は保証契約上の責任を負わないとしました。

東京高裁判決が「朝銀信組の理事長らの背任となる可能性」を指摘しているように、系列ノンバンクの利益を図るための支出は背任です。5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる犯罪なのです。実際に共同開発への間接的な支出について、朝銀京都の元理事長、元副理事長、元常務理事が背任罪で起訴され、別件と併せて有罪判決を受けています。しかし、大半の者は刑事罰を免れました。「やったもん勝ち」となったのです。

高裁が実態を見抜いたため、100億円の公的資金が追加投入される事態は回避されました。しかし、すでに支払われてしまった160億円は日本国民の負担となりました。その分、投入される公的資金が増えたのです。被害者は真面目な納税者です。



★ 朝鮮総連破産で正義の実現を!

朝銀破綻について調べるにつけ「正義の実現」を熱望する気持ちがつのるばかりです。悪い奴は罰せられないといけません。

朝鮮総連は裁判所の910億円支払い命令を無視するいっぽう、都内に100億円の土地を所有しています。都内一等地の本部ビルに居座り、堂々と活動しています。こんな不正義が許されては法治国家とはいえません。そして甘い対応をするから北朝鮮に甘く見られ、拉致被害者が帰国できないのです。もっとも弱い立場の人がツケを払わされています。

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。首相官邸ホームページ「ご意見募集」から、「朝鮮総連の破産申立てをしてください!」と安倍総理宛にメールをお送りいただきたいのです。
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
同様の意見を内閣官房、財務省、金融庁、外務省にもお送りください。各府省に一斉送信できるページがあります。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


abeshinzo2015


また自民党対北朝鮮総合対策検討プロジェクトチームの岸田文雄座長にもメールを送り「朝鮮総連の破産申立てを自民党の政策にしてください」と要請してください。短い文章で大丈夫です。

送り方としてはメールアドレスに直接送る方法と、
f-kishida@kishida.gr.jp
議員ホームページのメールフォームを利用する方法、
http://www.kishida.gr.jp/mail/mailform.html
自民党ホームページの「自民党へのご意見」から「岸田文雄政調会長」と宛先を指定して送る方法の三通りがあります。
https://www.jimin.jp/voice/



日本国民はずっと泣き寝入りしてきました。もう終わりにしましょう。みんなで安倍総理・自民党に頼んで、朝鮮総連を破産させましょう。よろしくお願いします。




083dab96.jpg

国民のつくす力によりてこそ
世はにぎはしくなりまさりけれ
(明治天皇御製)