★ 北朝鮮が仰天の物乞い!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、いよいよ米朝首脳会談が近づいてきました。紆余曲折はありましたが、北朝鮮がどうしても開催したいようなので、やることはやるのでしょう。

そんな折、北朝鮮は訳の分からないことを言いだしました。金正恩のホテル代を払えというのです。ジョークではありません。ワシントン・ポストが報じて、CNNや日本のメディアが後追いしています。
https://www.cnn.co.jp/world/35120170.html


金正恩は、シンガポールでも最高級のフラトンホテルに泊まりたがっています。かつてシンガポール中央郵便局があった美しい建物で、何年か前にロビーに行ったことがありますが落ち着いた良い雰囲気でした。正恩は同ホテルの中でも最高級の1泊6000ドル(約65万円)のプレジデンシャル・スイーツを希望しています。ところが制裁で外貨が足りないので「払ってよ!」と他国に要求しているのです。

ビックリ仰天です。およそ世界史上、北朝鮮ほど徹底的に物乞いをした国はあったでしょうか? 核・ミサイル開発に使うカネが何千億円もあるのですから、65万円くらいすぐ払えるはずです。もうタカリ根性が骨の髄まで染みこんでいるとしか思えません。恥も外聞もあったものじゃありません。

むろん拉致被害者を先に返して羽田空港に降りたった後なら、個人的に肩代わりすることにやぶさかではありません。でも65万円は高すぎます。リビアのカダフィ大佐にみたいにテント泊で十分です。テントのレンタル料程度なら負担してもいいです。トイレはないので、金正恩には野糞をしてもらいましょう(笑)



★ いま一度、官邸と自民党に総連破産要請を!

米朝首脳会談のゆくえは予測がつきません。というより、不確定要素が多すぎて予測のしようがないのです。金正恩だけでなく、トランプ大統領もどっちに転ぶか分からないところがあります。日本の一般国民が考えても仕方ないことかも知れません。

いま私たちがなすべきは、北朝鮮への圧力手段のアピールだと思います。日本が納得しなかった場合のデメリットを北朝鮮に分からせ、帰国できる拉致被害者を一人でも多くする必要があります。中でも特に効果的なアピールの一つが、朝鮮総連への破産申立てです。北朝鮮の「事実上の大使館」が潰されたら、責任を問われる北朝鮮の幹部が出てきます。農場送りになる可能性もあります。だから脅しとして有効なのです。

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。首相官邸ホームページ「ご意見募集」から、「朝鮮総連の破産申立てをしてください!」と安倍総理宛にメールをお送りいただきたいのです。
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
同様の意見を内閣官房、財務省、金融庁、外務省にもお送りください。各府省に一斉送信できるページがあります。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


また自民党対北朝鮮総合対策検討プロジェクトチームの岸田文雄座長にもメールを送り「朝鮮総連の破産申立てを自民党の政策にしてください」と要請してください。短い文章で大丈夫です。
送り方としてはメールアドレスに直接送る方法と、
f-kishida@kishida.gr.jp
議員ホームページのメールフォームを利用する方法、
http://www.kishida.gr.jp/mail/mailform.html
自民党ホームページの「自民党へのご意見」から「岸田文雄政調会長」と宛先を指定して送る方法の三通りがあります。
https://www.jimin.jp/voice/


とにかく今は行動です。やれることをやりましょう!


DSC_0577



★ 本当に巨額の血税を奪われた!

朝鮮総連が朝銀を破綻させたために日本国民が払わされた金額は、1兆3453億円になります。その規模を分かりやすく伝えるのはなかなか難しいものがあります。あまりに巨額すぎるのです。そこで東京都中央区にある警視庁ポリスミュージアム(警察博物館)の展示を引用したいと思います。

全国における特殊詐欺(オレオレ詐欺など)の被害総額は、平成26年が過去最高で約560億円でした。博物館の「被害総額560億円ってどのくらい?」というパネルには、「金額を比較してみると」とのことで、

・ ドーム型スタジアム建設費約500億円
・ ジャンボジェット機購入約450億円
・ スペースシャトル打ち上げ費用約540億円
・ 姫路城築城費用が現在の換算で約500億円


などと紹介されています。むろんたいへんな金額であり、卑劣な特殊詐欺は許せません。しかし1兆3453億円は、被害総額560億円の24倍なのです。

現金100万円の束を積み上げると、560億円で560メートルになるとの解説もあります。つまり1億円あたり1メートルです。1兆3453億円なら13.453キロです。不動産広告は徒歩1分を80メートルで表示する決まりですが、それで計算すると徒歩168分の距離です。私たち日本国民が払わされた札束を横に並べると、端から端まで見るのに2時間48分も歩かないといけないのです。1000万円の札束(10センチ)さえ見る機会がない一般人にとって、札束が延々と13キロも並ぶ光景は想像もつきません。

お札が重すぎて困った経験はお有りでしょうか? 一万円札1枚は約1グラムです。100万円で100グラム、1億円でも10キロなので、重すぎて困ったことがある方は相当なお金持ちです。ところが朝鮮総連に払わされたお金は134.5トンにもなるのです。町でよく見かける軽トラックは最大積載量350キロですが、軽トラックを借りてきて札束を350キロ(35億円)ずつ運ぶとしたら、385回も往復しないといけないのです。

悔やんでも悔やみ切れません。あのお金が戻ってくることはないでしょう。しかし朝鮮総連を破産させることで、幹部たちにギャフンを言わせることはできます。破産の議論が盛り上がるだけでも、拉致被害者救出の大きな助けとなります。

ぜひとも官邸と自民党に総連破産を訴えてください。よろしくお願いいたします。



083dab96.jpg

なすことのなくて終らば世に長き
よはひをたもつかひやなからむ
(明治天皇御製)



意:何一つ成し遂げることなく命を終えてしまうなら、長く命を保つ甲斐がないというものである