★ プロジェクトチームは期待できるぞ!

寒中お見舞い申し上げます。
日本も寒いですが、北朝鮮は極寒零下です。凍えながら助けを待つ拉致被害者を救出するため、朝鮮総連破産申立てをなんとしてでも実現しましょう!
実現すれば最強のカードとなります。

yokotamegumi


昨年末に自民党に発足した「対北朝鮮総合対策検討プロジェクトチーム(PT)」について前回書きましたが、1月9日に産経新聞が「実力者勢揃いの少人数制 代理出席認めない『自民党対北PT』の狙いは朝鮮総連にメス?」という記事を出しました。
http://www.sankei.com/premium/news/180109/prm1801090004-n1.html


異例のプロジェクトチームの目的は、朝鮮総連の実態解明と対策を「タブー視せずにPTで議論する」ことにあるそうです。記事は破産申立てにも言及しています。これは期待できますね!

記事最後のメンバー一覧を見て、「やった!」と思いました。あの古屋圭司・元拉致担当大臣が顧問に入っているのです。古屋先生はたいへんな実績があります。前回解説した国連調査委員会(COI)設立は、古屋先生がいなければ実現していませんでした。なによりも古屋先生に感謝しているのは、対北朝鮮送金の全面禁止を実現してくれたことです。

67af4d08.jpg

古屋圭司先生


2015年5月7日に、当時自民党拉致問題対策本部長だった古屋先生に党本部で面会し、「対北朝鮮送金全面禁止措置を求める要望書」を提出して実現をお願いしました。対北送金を止めるべきだという意見は何十年も前からありましたが、核開発を助けたことが明確になった後でさえも、長く放置されていました。それほど朝鮮総連の政治力は強く、タブーだったのです。今も同じです。

誤解している方が多いですが、対北独自制裁で報告義務が厳しくなった後も、報告さえすれば問題なく送金できました。そんなもの「制裁」の名に値しません。私たち普通の日本人が海外送金した場合だって、100万円を超えれば税務署に調書がいきますし、それ以下でも金融機関に記録が残ります。
送金全面禁止は、報告義務と比べものにならないほど強い措置です。実をいうと要望書を書くとき「実現は無理だろうな・・・」と思っていました。

古屋先生の動きは速かったです。党拉致問題対策本部から官邸に出す提言書に、アッという間に送金禁止案を入れてくれました。下記文言です。

「北朝鮮に対する送金は、人道目的での十万円以下の送金を除き、全面禁止すること。併せて、迂回送金や資産隠し等の規制逃れを防止するため、国際機関及び各国当局との連携により規制対象者を特定するための情報収集を強化すること」

私たちが参照をお願いしたカナダの制裁措置同様、例外の上限を10万円(約1000カナダドル)に設定し、さらには規制逃れ防止策まで入れてくれたのです。期待を大きく上回る素晴らしい提言となりました。

面会から2ヶ月もたたない6月25日に古屋先生は安倍総理を訪ね、党として正式に要請してくれました。すると翌年2月に政府が発表した独自制裁で、全面送金禁止が実現したのです。日本からの送金が金王朝を存続させてきたことを考えれば、本当に歴史的なことです。古屋先生の力です。


furuyakeiji-pmabe


実物の古屋先生は、「力強い貴族」という感じです。背が高く、覇気に溢れ、領民に危険が及んだなら部下を率いて真っ先に敵陣に切り込んでいく、責任感の強い領主といった雰囲気です。古屋先生は議員としては4世ですが、それ以前の江戸時代の先祖は庄屋として地域を治めていました。家の立派な門は恵那市の文化財に指定されています。そうした出自が、拉致された日本人を絶対に見捨てない強い決意を生んでいるのかも知れません。

紹介したい業績は、アメリカ議会で決議を実現させたことなど多数あるのですが、長くなるのでやめます。とにかく古屋先生は頼りになります

furuyakeiji-press



★ 岸田文雄座長にメールを!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。プロジェクトチームは古屋先生や山谷えり子先生が入っていて心強いですが、座長は岸田文雄政調会長です。前回と同じになりますが、岸田座長にメールを送り「朝鮮総連の破産申立てを自民党の政策にしてください」と要請していただきたいのです。

送り方としてはメールアドレスに直接送る方法と、
f-kishida@kishida.gr.jp
議員ホームページのメールフォームを利用する方法、
http://www.kishida.gr.jp/mail/mailform.html
自民党ホームページの「自民党へのご意見」から「岸田文雄政調会長」と宛先を指定して送る方法の三通りがあります。
https://www.jimin.jp/voice/


私たちの声で、朝鮮総連破産を実現しましょう。歴史の扉を開きましょう。よろしくお願いします。



083dab96.jpg

ちはやふる神ぞ知るらむ民のため
世をやすかれと祈る心は
(明治天皇御製)