★ これぞ奇跡! アンビリバボー

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、首相官邸ホームページから「朝鮮総連の破産申立てを!」と訴えるメールを多数送っていただき、誠にありがとうございます。総連破産は大きな抵抗に遭うでしょうが、国民の強い支持があれば、安倍総理はきっと決断するはずです。
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

先日、日本国民が1兆3453億円も払わされる原因となった朝銀破綻について調べていたら、奇跡としか言いようがない出来事の証言が、国会質疑で取り上げられていたことを知りました。平成11年7月6日の衆議院大蔵委員会で、小池百合子都知事(当時衆議院議員)が元朝銀大阪幹部の次の証言を紹介しました。

「預金を金正日に流したのだから逮捕を覚悟した。逮捕されたらすべてを語るつもりでいたが、だれも調査に来ず、来たのは預金保険機構からの3100億円の贈与であった。そして逮捕を免れた」

フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」のような番組が北朝鮮にあれば、間違いなく取り上げられるでしょう。「逮捕の代わりに3100億円もらった実話は、キリストが湖の上を歩いた聖書の話より凄い、だから将軍様は神より偉大なのだ!」という結論になったはずです。

DSC_0577



日本人の私は、情けなさと悔しさで涙が出る思いでした。朝銀大阪は平成10年に破綻して公的資金3100億円が投入されましたが、救済金融機関となった朝銀近畿が平成14年に破綻して、さらに3193億円投入されています。合計で6293億円です。

その原因は乱脈融資、朝鮮総連による流用、そして北朝鮮への不正送金です。乱脈融資については朝日新聞(平成13年11月9日夕刊)の「紙1枚で融資次々? 担保確認の形跡なし 朝銀東京」という記事がよく実態を描いています。それによれば、
「朝銀東京の旧経営陣が、通常必要とされる手続きをとらずに融資を実行していたケースが多数あることが9日、関係者の話でわかった。決裁に必要なりん議書類などが一切なく、担保など返済能力の確認をした形跡もないまま、申込人の名前など3項目しか書かれていない用紙1枚で融資を実行していたという」
「金銭消費貸借契約書を作成していないケースもあったという。融資関連書類は、ほとんどが申込人の名前、融資額、融資目的の3項目を記載した書類しかなかったという」

もう本当にムチャクチャです。北朝鮮のお友達と言われる朝日新聞ですが、さすがに平成13年11月29日付の社説では、
「不正なカネの流れはもちろん、なぜ経営が破たんしたのかが、十分に解明されなければならない。今回の逮捕につながった横領金がどこに流れたのか、何に使われたのか、警察には徹底した捜査が求められる」
「これまでの不透明な部分を自ら洗い出し、一から出直しを図るべきだろう」
と主張しています。

朝日社説の最後の部分は、まったく同意できません。出直しなどトンでもない。日本人にこれだけ被害を与えた組織は、叩き潰し、地上から消し去るべきです。因果応報、正義の実現を熱望しています。





★ 何度も総理に直訴を!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。

前回と同じになりますが、首相官邸ホームページ「ご意見募集」から、「朝鮮総連の破産申立てをしてください!」と総理宛にメールをお送りいただきたいのです。
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

同様の意見を内閣官房、財務省、金融庁、外務省にもお送りください。各省庁に一斉送信できるページがあります。
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


よくニュースで、「苦情の電話やメールが・・・件寄せられた」と報じられますが、首相官邸はちゃんとカウントしていますし、内容にも目を通しています。たとえ親北議員が圧力をかけても、金融庁が猛反対したとしても、国民世論が強ければ勝てます。いまならアメリカ政府や国際世論という強力な援軍もいます。

ぜひ国民の声で、朝鮮総連を強制解体しましょう。よろしくお願いします。




083dab96.jpg
さと人もこころゆたかになりならむ秋のはつ穂を神にささげて
(明治天皇御製)