★ ダルスマン前国連特別報告者の卓見

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、北朝鮮人権問題を調査する国連特別報告者は9月にトマス・キンタナ氏に交代になりましたが、前任者のマルズキ・ダルスマン氏の優れた見識をいま一度思い起こすべきと思います。実に本質を突いたことを言っていました。

私はダルスマン氏来日時に、何度か意見交換会に呼ばれましたが、本年1月20日に国連大学で行われた会合で氏は、

「いま北朝鮮人権問題が安全保障と結びついていることが、国際的に認識されるようになった。長い間、北朝鮮が抑圧的な体制だから人権侵害を行っていると思われてきた。しかし、北朝鮮が人権侵害を行うことによって、安全保障を害することができるという事実が重要である。人権を侵害することは北朝鮮の政策であり、それによって、対外的に挑発的行動をとれるのである。つまりこれは、安全保障の問題である」

と述べていました。

「なるほど!」と思いました。もし北朝鮮で言論の自由が保障されたら、北朝鮮国民は「核ミサイルなんか作るのを止めて、国民を食わせろ! 自分一人ブクブク太りやがって、ブタ野郎!」と猛烈な反政府運動を起こすに決まっています。それを暴力的に抑え込んでいるから、核・ミサイル開発で巨額を浪費し、日本を脅すことができるのです。ダルスマン氏が述べたのは、人権侵害と安全保障問題は、原因と結果の関係にあるということです。昨年の意見交換会で氏が、「人権問題と安全保障問題は密接な関係がある」と述べていたのに比べると、一歩踏み込んだ見解です。

これは実は、非常に重要な事実です。国連で人権問題を担当するのは人権理事会で、安全保障問題は安全保障理事会です。会議が開催される場所も別(人権理事会はジュネーブ)の別個の機関であり、安保理のほうが圧倒的に強い権限を持っています。人権理事会は、実際のところ大したことをやれません。

ところが北朝鮮人権問題が、安保理が審議している核・ミサイル問題の「原因」ということになれば、人権問題を安保理で審議する必要性が広く認識されます。それによって、強力な措置を引き出すことができるのです。ダルスマン氏が述べた事実を、日本も積極的に広報していく必要があると思います。

IMG_5591
ダルスマン氏との意見交換会



★ いまの制裁決議はハードルが高すぎ!

さて、今週私のほうで安保理理事国の国連大使14人(中国除く)に、「北朝鮮向けの技術提供を全面禁止すべき」と訴える要望書を電子メール、ファックス、航空便を送りました。

現在安保理では、中国の反対のため対北制裁決議の採択が遅れていますが、この内容なら中国も拒否権を行使しないはずです。北朝鮮の核・ミサイル開発を、中国は本気で嫌がっています。実現可能性が十分にある提案です。

現在の安保理決議では、簡単にいえば軍事転用可能な技術の提供が禁止されています。日本の場合、外為法第25条が禁止対象として定める「特定技術」の内容を、政令が細かく定義しています。核・ミサイル技術の提供は特に罰則が厳しく、発覚すれば10年以下の懲役刑に処せられます。

しかし問題は、「情報を渡した」という立証が極めて難しいことと、技術が高度な場合の捜査・起訴に困難が伴うことです。

立証の問題は、以前にも書きました。例えば海外の公園の公衆便所で、北朝鮮外交官とすれ違いざまにUSBを渡した在日科学者がいるとして、その内容が禁じられた「特定技術」だと立証するのは、日本当局には事実上不可能です。この問題を解決するには、北朝鮮に忠誠を誓う者を、機微技術を扱う施設から排除する以外にありません。そのため松原仁先生にお願いし、衆議院拉致問題特別委員会で取り上げてもらい、政府に科協関係者排除を約束させました。5月に報告した通りです。
本ブログ2016年5月20日付記事


もう一つの技術の高度性の問題は、「難しすぎて分かんない」ということです。分からなければ捜査のしようがありませんし、無理して起訴しても、禁止対象の技術だと立証できません。当然のことながら容疑者は、専門用語をまくし立てて「これは禁止対象の技術じゃねえよ! 名前が一緒なだけだよ!」などと言い逃れようとします。捜査員も検察官も裁判所も、ウソと見抜けるだけの知識が要求されます。

kimjongunmissile
ミサイル発射を見守る金正恩(朝鮮中央テレビ)

例えば、朝鮮大学校を卒業後、東大生産技術研究所で新素材を研究していた男がいます。新素材の用途は「ジェットエンジン」や「航空機の構造材」であると、男は学術誌に自ら書いています。ミサイル開発で重要な役割を果たす技術です。

私は男の論文に目を通しましたが、専門用語が並んでいて、なんのことだかサッパリ分かりませんでした。別の分野の科学者にも見せましたが、同じでした。その分野を専門的に勉強した人でなければ、高度な論文は読むことすらできないのです。無論そんな専門家が、警察や検察に多数いるはずありません。

この問題を解決するには、技術提供を全面的に禁止するほかありません。内容に関わらず技術提供を禁止して、「渡した」事実を立証するだけで、有罪判決を得られるようにする必要があります。

別に極端な提案をしているわけではありません。実は人権人道分野の先進国として知られるカナダは、独自制裁として対北朝鮮制裁法第6条で「技術資料の提供」を全面的に禁止しています。国際社会、そして日本も後に続くべきです。
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/regulations/SOR-2011-167/index.html



ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。国連安保理の理事国大使にメールを送って、技術提供全面禁止を直訴していただきたいのです。例文をコピーするだけなら1分でできます。

それでは皆様、よろしくお願いいたします。


送り先(多数に送っていることが分からないよう、宛名に自分のメールアドレスを入れ、BCCに下記をコピーしてください)
press@russiaun.ru, france@franceonu.org, uk@un.int, USUNPolFax@state.gov, themission@angolaun.org, egypt@un.int, pr.egypt@un.int, p-m-j@dn.mofa.go.jp, japan.mission@dn.mofa.go.jp, mwnewyorkun@kln.gov.my, nzpmun@gmail.com, senegal.mission@yahoo.fr, Rep.nuevayorkonu@maec.es, uno_us@mfa.gov.ua, uruguay@urudeleg.org, uruguay@un.int, misionvenezuelaonu@gmail.com


例文
件名: Technical Assistance to North Korea など(タイトルは個々別々のほうがいいので、できれば変更してください)
本文:
Your Excellency,

I am writing to respectfully urge the Security Council to prohibit all forms of technical assistance to North Korea, with the exception of medical assistance, in order to effectively curb the development of the country’s WMD programme. Canada has already banned the provision of technical data to North Korea in 2011 under section 6 of Special Economic Measures (DPRK) Regulations, and the international community must follow suit.
http://laws-lois.justice.gc.ca/eng/regulations/SOR-2011-167/index.html

The current sanctions regime under UNSCRs, only prohibiting technical assistance that could contribute to North Korea’s weapons programme, has made the laws of Member States immensely complicated giving too much burden to the implementing authorities. For example, the link below shows the EU’s list of prohibited goods and technology. It would be too costly for many countries to hire scientists for the investigation of North Korean espionage activities.
http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=celex:32010R0567

Without banning all forms of technical assistance to North Korea, UN sanctions will never be effective.

Th
ank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)




083dab96.jpg
神がきに朝まゐりしていのるかな 國と民とのやすからむ世を
(明治天皇御製)