★ イギリス国家犯罪対策庁(NCA)に告発!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、前回シンガポール政府に、北朝鮮制裁破りに関わったシンガポール籍企業を告発しましたが、私のところにシンガポール金融管理局(MAS)からメールが届きました。渉外担当者が送ってきたメールには、「精査するのに時間がかかっており、正式回答までしばらく時間が必要です」とあります。とりあえず、気にはしているようです。シンガポールは再び大恥をかくことのないよう、しっかり捜査すべきです。

(はじめての方は前回記事をご覧ください)
本ブログ2016年8月20日付記事

私のほうでは新たにイギリス国家犯罪対策庁(NCA)に、関わったイギリス人を告発しました。国家犯罪対策庁は、重大組織犯罪対策庁(SOCA)が改組して2013年に発足した機関で、イギリスのFBIといわれています。主たる任務はイギリスに5500団体以上(総構成員約3万7千人)あるとされる犯罪組織の取締りで、マネーロンダリングなどの経済犯罪摘発も任務に含まれます。兼任者を含む職員数は4千人以上ですので、相当大きな組織です。


告発した事件は簡単にいえば、北朝鮮鉱業権の販売に関わったペーパーカンパニー数社が、北朝鮮の武器密輸会社・青松連合と共同事業を営んだというものです。前回解説したとおり、パナマ文書によってペーパーカンパニーはイギリス人不良実業家ケビン・リーチのグループが運営していたことが明らかになりました。青松連合は国連制裁対象で、EUやイギリスの制裁対象リストにも掲載されているので、共同事業は犯罪です。私たちの生命を脅かす核・ミサイル開発に資金提供した者は、厳しく処罰されなければなりません!

nationalcrimeagency

ロンドンの国家犯罪対策庁本部(画像:フィラフレンジー)


ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。イギリスのジョンソン外務大臣と、国家犯罪対策庁のオウェンズ長官に、告発状をお送りいただきたいのです。イギリスは「法の支配」の価値観を共有するマトモな国ですから、犯罪の事実が明らかで、日本から多数の告発状が届けば、間違いなく捜査し起訴するでしょう。その過程で、北朝鮮の秘密銀行口座が明らかになる可能性があります。また北朝鮮との取引を考えている世界中の悪徳企業に、一罰百戒の強烈なメッセージを送ることができます。


外国人協力者が全員手を引けば、北朝鮮は困り果てます。外貨獲得活動に重大な支障が出て、体制崩壊に結びつきます。あなた様のメールが、体制崩壊の引き金を引くかも知れません。例文をコピーするだけなら1分でできます。それではよろしくお願いします。



送り先
fcocorrespondence@fco.gov.uk, communication@nca.x.gsi.gov.uk


例文
件名: Violations of DPRK Sanctions など(タイトルは個々別々のほうがいいので、できれば変更してください)

本文:
Dear Foreign Secretary Boris Johnson and NCA Director General Lynne Owens,

I am writing to report that British citizens have been dealing with a sanctioned North Korean entity and I urge the British authorities to commence investigation. William Newcomb, a former member of the UN Security Council Panel of Experts for North Korea sanctions, has told the Australian Broadcasting Corporation (ABC) it warrant an inquiry.

As ABC reported in 2014 and 2016, Australian firms AAT Corporation and EHG Corporation announced that they were going to acquire mineral sub-licences derived from licences granted to a North Korean entity Natural Resources Development and Investment Corporation (NRDIC).
http://www.abc.net.au/news/2014-08-05/brisbane-geologist-linked-to-north-korea-mining-project/5649912
http://www.abc.net.au/news/2016-04-06/panama-papers-australian-pair-linked-to-north-korea-mining-deals/7303512

NRDIC is an alias of Green Pine Associated Corporation, North Korea's primary arms dealer that has been designated for sanctions since 23 December 2010 in the UK.
https://www.gov.uk/government/publications/financial-sanctions-north-korea-democratic-peoples-republic-of-korea

The announcements of AAT and EHG can be downloaded from the website of Australian Securities Exchange (ASX)
http://www.asx.com.au/asxpdf/20131025/pdf/42kbfyb1v410ml.pdf
http://www.asx.com.au/asxpdf/20130308/pdf/42djw36h7frl1k.pdf

As you can see on the announcements, the sub-licences were going to be provided by TG Mining Company Pte Limited and EG Mining Pte Limited both registered at 112 Robinson Road, #12-01, Singapore. The address of these shell companies is same as company formation agent Sovereign Management Services Pte Limited, and its managing director, British citizen Andrew Gordon Galway, is registered as a director of EG Mining.
https://www.sovereigngroup.com/singapore/

ABC reported that EHG director David Henty Sutton, Australian citizen, confirmed that Kevin Ronald Leech, major shareholder in the collapsed British investment bank First London, represented the two mining agreements. Mr Sutton said in an email to ABC: "Mr Leech was representing TG Mining Limited and EG Mining Limited, the companies that AAT and EHG had entered license negotiations with,"
http://www.abc.net.au/news/2016-04-06/panama-papers-australian-pair-linked-to-north-korea-mining-deals/7303512

The announcement of EHG said: "EG's main asset will be a sub-license derived from a license dated 8th August 2012 granted to a joint venture between Korea Natural Resources Development and Investment Corporation, a legal entity registered number 694 dated July 15, 2009, in DPRK, and TTS Resources Limited, a company with registration number 1540370 incorporated in British Virgin Island."
Page 13 of AAT announcement said they hold a sub-licence derived from a license to BVI registered TG Mining Limited, a joint venture between NRDIC and TTS Resources.

According to the Panama Papers, beneficiaries of TTS Resources include British citizen Andrew Turner, executive director of First London, and John Terrence Lister whose address is in Gibraltar.
https://offshoreleaks.icij.org/nodes/10160623
They are also beneficiaries of BVI registered EG Mining Limited and TG Mining Limited.
https://offshoreleaks.icij.org/nodes/10152063
https://offshoreleaks.icij.org/nodes/10159465
ABC reported that another British citizen Linden Boyne who came to the attention of the US fraud authorities when he was found liable for a scam that netted $US12 million also appears buried in the documents as a director connected to EG Mining in 2013.

UN Security Council resolutions oblige all UN Member States to investigate breaches of sanctions and report it to the Security Council Sanctions Committee pursuant to resolution 1718 (2006). I am sure the UK will fully implement UNSCRs.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)



翻訳文

件名: 北朝鮮制裁違反


ボリス・ジョンソン外務大臣
国家犯罪対策庁リン・オウェンズ長官


複数の英国人が、制裁対象の北朝鮮企業と取引していることを通報するとともに、英国当局に捜査を開始するよう求めます。国連安保理専門家パネルの元委員ウィリアム・ニューコム氏は、オーストラリア放送協会(ABC)の取材に対し、本件は捜査されるべきと述べています。
ABCが2014年と2016年に報じたように、オーストラリア企業AATコーポレーションとEHGコーポレーションは、北朝鮮企業の天然資源開発投資社(NRDIC)に賦与された鉱業権から派生した二次鉱業権の取得を発表しました。
(ABC記事へのリンク)
NRDICは、2010年12月23日以降英国で制裁対象に指定されている北朝鮮の主要武器取引会社・青松連合の別名です。
(イギリス政府のよる制裁解説ページ)
AATとEHGによる発表文書は、オーストラリア証券取引市場(ASX)のホームページからダウンロードすることができます。
(ASXホームページの該当リンク)
発表をご覧いただくと分かる通り、二次鉱業権はTG鉱業社とEG鉱業社から譲渡される予定でした。両社は共にシンガポールのロビンソン街112号、12階01号室を登記上の住所としています。これらのペーパーカンパニーの住所は、ペーパーカンパニー設立業者ソブリン・マネージメント・サービス社と同一のもので、同社社長の英国人アンドリュー・ゴードン・ギャルウェイは、EG鉱業社の役員として登記されています。
(シンガポールのソブリン社会社案内のリンク)
ABCが報じたところによれば、EHG役員のデイヴィッド・ヘンティ・サットン(オーストラリア市民)は、二件の鉱業権取引はケビン・ロナルド・リーチが代表して締結したものと明言しました。リーチは破綻した英国の投資銀行ファースト・ロンドンの大株主です。サットン氏はABCに送った電子メールで、「AATとEHGが鉱業権の交渉を行ったTG鉱業社とEG鉱業社は、リーチ氏が代表だった」と述べています。
(ABC記事へのリンク)
EHGの発表は、「EG鉱業社の主要な資産は、2012年8月8日付で朝鮮天然資源開発投資社(2009年7月15日付、登記番号694の北朝鮮法人)とTTS資源社(登記番号1540370、英領ヴァージン諸島法人)の合弁事業に対して賦与された鉱業権から派生した二次鉱業権です」と述べています。
AAT発表の13ページは、NRDICとTTS資源社の合弁事業であるTG鉱業社(英領ヴァージン諸島法人)に賦与された鉱業権から派生した二次鉱業権を取得したと書いています。
「パナマ文書」によれば、TTS資源社の受益者に英国人アンドリュー・ターナー(ファースト・ロンドン執行役員)と、ジブラルタルに住所があるジョン・テレンス・リスターが含まれています。
(パナマ文書該当部分へのリンク)
これらの二名は、英領ヴァージン諸島で登記されたEG鉱業社とEG鉱業社の受益者でもあります。
(パナマ文書リンク)
ABCは、別の英国人リンデン・ボインが、2013年時点のEG鉱業社役員として書類に出ていると報じました。リンデン・ボインは1200万米ドル(12億円)の詐欺事件に責任があると認定されたとき、アメリカの詐欺事件捜査当局の注目を集めた男です。
国連安保理決議はすべての国連加盟国に、制裁違反事案を捜査し安保理制裁委員会(1718委員会)に報告するよう義務づけています。私は英国が安保理決議を完全に履行するものと確信しています。
ご検討ありがとうございます。



Emperor Komei
たやすからさる世に武士の忠誠のこゝろをよろこひてよめる

やはらくも猛き心も相生の 松の落葉のあらす栄へむ

武士と心あはして巌をも つらぬきてまし世々のおもひて


1863年、孝明天皇が会津藩藩主・松平容保の忠誠を称えておくられた御製二首
松平容保は竹筒に入れ、生涯身につけていた
MatsudairaKatamori
晩年の松平容保