★北朝鮮の観光客誘致に一撃!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! 私たちが妨害活動を展開してきた金正恩スキー場計画に、またまた障害発生です! 北朝鮮はスキー場を使って外国人観光客誘致を画策していますが、ドイツ公共放送ドイチェ・ヴェレが私たちの主張を取り上げ「北朝鮮観光業は『核計画への資金提供だ』」というタイトルの記事を掲載し、全世界に是非を問うてくれました!

http://www.dw.de/north-korea-tourism-finances-nuclear-program/a-17133713

記事は両論併記で、まず私の「観光業で得られた外貨は、核開発やミサイル計画、人権侵害に使われる。協力した外国人は体制崩壊後、第二次大戦終結後のナチ協力者と同じ目に遭うだろう」という警告を紹介しています。それに対する反論として、イギリス人旅行業者による「西欧人が行かないなら、北朝鮮はその分中国人観光客を誘致するだけだから同じ」「北朝鮮人と外国人がふれ合う機会を作り、敵でないと認識させることができる」等のコメントや、実際に訪朝した旅行者による「倫理問題を持ち出すのは筋違い」という声を紹介しています。

 

第二次大戦終結後リンチされるナチ協力者の女

金王朝協力者も同じ目に遭う


両方の主張を紹介した公平な記事ですが、それでも北朝鮮観光業に十分ダメージを与えました。なぜなら北朝鮮旅行斡旋は悪徳商法であり、後ろ暗い稼業にとってパブリシティは致命的だからです。

北朝鮮旅行を扱う旅行社は、客の安全を守るという最低限のモラルに欠けた悪質業者です。何人もの外国人が罪をデッチ上げられ北朝鮮で人質にとられたことを、旅行のプロが知らないはずありません。韓国系アメリカ人ペ・ジュンホ氏が15年の刑を宣告されたことや、別の女性記者2人を連れ戻すためクリントン元大統領が訪朝したことは、誰でも知っているニュースです。
アメリカ国務省は死刑になる可能性を記した上で、北朝鮮に行かないよう警告しています。それほど危険なのです。

http://www.travel.state.gov/travel/cis_pa_tw/tw/tw_6151.html

 

アメリカだけでなくEUも北朝鮮に制裁を科しているので、EU加盟国国民なら誰しも人質になる可能性があります。自らの金儲けのため、客や各国政府をこれほどの危険に晒す旅行社の行為は、犯罪的といえます。

メディアに大きく取り上げられたことは、北朝鮮観光業と斡旋業者に大きなマイナスとなりました。裏稼業はコソコソ目立たないようにやるもので、メディアに出ればいずれ潰されます。


記事を掲載したドイチェ・ヴェレとジュリアン・ライアル記者に感謝です。またもや北朝鮮外貨獲得に打撃を与えることができました!


★核拡散の危険が周知される!

いっぽう、前回から取り組んでいる北朝鮮下請密輸業者の告発にも弾みがつきました。

本ブログ2013年9月20日付記事


イスラエルのネタニヤフ首相が国連総会で演説し、北朝鮮の核技術提供先であるイランの脅威を力強くアピールしたのです。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131003/mds13100300340000-n1.htm
ネタニヤフ首相はイラン核計画を核兵器開発目的と改めて強調した上で、ソフト路線のロウハニ新大統領は「羊の皮をかぶったオオカミ」だと訴えました。ロウハニ大統領は平和目的の核計画と主張しますが、ネタニヤフ首相による「地下秘密核施設を2度も作ってバレたではないか!」「なぜ平和目的の核開発をする国が、大陸間弾道ミサイルを開発するのだ?」という指摘のほうが何百倍も説得力があります。もしも平和目的の核開発なら、秘密施設もICBMも邪魔なだけのはずです。


国連総会で演説するネタニヤフ首相

 

BBCラジオに出演したネタニヤフ首相のスポークスマンは、ロウハニ大統領の路線を「ニコニコ笑顔で核濃縮(smile and enrich)」と表現していました。過激派丸出しのアフマディネジャド前大統領に比べロウハニ大統領は作戦が巧妙で、北朝鮮の核技術密輸がもたらす危険はますます高まりました

 

ネタニヤフ首相


10
1日には、アメリカの科学国際安全保障研究所(ISIS)が核関連違法取引に関する報告書を発表し、北朝鮮が今後、パキスタンの核科学者カーン博士が構築したネットワーク「核の闇市場」に匹敵する役割を果たす可能性があると警告しました。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131002/kor13100215500005-n1.htm


実際の報告書は、下記からダウンロードすることができます。英語の勉強を兼ねて、最初の要約だけでも読んでみる価値はあります。

http://isis-online.org/uploads/isis-reports/documents/Full_Report_DTRA-PASCC_29July2013-FINAL.pdf

いま欧米の一部に、思慮の浅さからロウハニ大統領に甘い期待を寄せる動きがありますが、逆に現実的で洞察力ある人たちは、そうした動きに警戒を強めています。例えばワシントンの保守系有力団体FPIは、イランや北朝鮮の脅威に関する報告を立て続けに出しています。
http://www.foreignpolicyi.org/

私たちが訴えている北朝鮮密輸活動阻止は、心ある人たちが警戒を強めた結果、以前より通りやすくなったと思います。今がチャンスです。がんばりましょう!

 

危険な策士、ロウハニ大統領



★ホワイトハウスに直訴だ!

ここで皆様にお願いがあります。北朝鮮による大量破壊兵器・核技術密輸を阻止し、拉致問題解決への圧力とするため、ほんの少しだけお時間をください。オバマ大統領にメールを出して密輸業者への制裁発動を訴えていただきたいのです。例文をコピーするだけなら1分とかかりません。

ホワイトハウスには世界中から大量のメールが送られますが、担当者はちゃんと目を通しています。中にはテロ予告など人命に関わるものがあるからです。実際私は何度も返事をもらっていますが、定型返信文の内容は少なくとも訴えたテーマを理解していることを示していました。

今回送る武器密輸に関わる情報は重大ですから、担当部署に転送されます。一人でも多くの方が送ることで、制裁の実現可能性が高まります。ぜひご協力ください。よろしくお願いします。

 

要望受付中


送り先
ホワイトハウス入力フォーム
http://www.whitehouse.gov/contact/submit-questions-and-comments
最初に簡単な質問が出るので、入力欄に答えを入れてから「Next Page>」ボタンをクリックしてください。
次の画面の「Who are you trying to contact」で「The White House and President Obama」を選び、名前のあと「★Postal Code」で郵便番号を入力し、「★Country」から「Japan」を選んでください。「★Subject」は「Foreign Policy を選ばれたらいいと思います。
本文を入力したあと一番下の「Submit」(送信)ボタンをクリックし、「Thank You!」と書かれたページが出たら成功です。


例文

Dear President Obama,

After North Korea and Iran signed a scientific and technological cooperation agreement in 2012, North Korea has been deeply involved in Iran’s nuclear program and Iran will have nuclear weapons very soon, making the nightmare of nuclear terrorism a clear and present danger throughout the world.
In order to stop the smuggling of nuclear technology from
North Korea to Iran, I sincerely hope that you could designate Chinese logistics service provider Seajet Company Limited and its directors Ma Yunong and Yan Yaping, who have been taking part in North Korea’s arms trafficking, under Executive Order 13382.
http://www.seajet.com.cn/1/1_e.htm
Paragraph 97 of the UN Panel of Experts Report on North Korea sanctions released on June mentions about an arms smuggling case: “
Ethiopian Airlines was contracted by a company based in Beijing, Seajet Company Limited, to carry a shipment from Beijing Capital International Airport to the Congo using regular passenger flights.”
http://www.un.org/sc/committees/1718/poereports.shtml
Paragraph 118 states:
“the Panel holds evidence confirming that the Democratic People’s Republic of Korea also uses both regular cargo services and chartered cargo flights for the transport of prohibited items” and it is clear that there is an urgent need to warn those who handle air cargo originating from or destined to North Korea.
Thank you for your consideration.

Very truly yours,
(あなた様のお名前)


翻訳文
オバマ大統領
2012
年に北朝鮮とイランが科学技術協力協定を締結してから、北朝鮮はイランの核計画に深く関わってきており、イランは近く核武装します。これは全世界で、核テロの悪夢が今そこにある明白な危機になることを意味します。
北朝鮮からイランへの核技術密輸を止めるため、北朝鮮武器密輸に関わった中国の運輸会社シージェット社および役員マ・ユノンとヤン・ヤピンを大統領令13382の制裁対象にご指定くださるよう切に希望します。
(シージェットのホームページ)
6
月に発表された北朝鮮制裁に関する国連専門家パネル報告書は、ある武器密輸事件について97項で「エチオピア航空は北京首都国際空港からコンゴまで通常旅客便で貨物を運ぶため、北京に本拠をおくシージェットによって契約された」と記しています。
(報告書をダウンロードできる国連のサイト)
また118項は「当パネルは、北朝鮮が禁制品密輸のため定期貨物便およびチャーター貨物便を利用していることを証明する証拠を握っている」としており、北朝鮮を発送地または目的地とする貨物を扱う者たちに、直ちに警告する必要があることは明白です。
ご検討ありがとうございます。
敬具


 

あたらしくつくりし伊勢の宮柱うごかぬ國をなほ守るらし
(明治天皇御製)