★動き出した!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! 前回解説した北朝鮮工作員による外国パスポート悪用問題を、各国メディアが大きく取り上げました

本ブログ2012年8月20日付記事

香港で影響力のある英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、822日になんと一面で取り上げてくれました。

http://www.scmp.com/news/hong-kong/article/1020434/north-korean-agents-given-passports-kiribati-and-seychelles
韓国の準国営通信社・聯合ニュ-スも大きく報じています。下記は英語版記事。
http://english.yonhapnews.co.kr/northkorea/2012/08/22/98/0401000000AEN20120822004600320F.HTML

北朝鮮体制を批判してきた在日韓国人の新聞「統一日報」も報じています。

http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=71356&thread=01

これ以外にも、海外の大手メディアが近々取り上げることが決まっています。

昨年東京の外国大使館50ヶ所近くを拉致問題ロビー活動で訪問しましたが、そのとき知り合った多数の外交官にも訴えたところ、公使クラスを含む大勢の方から返事をいただきました。西欧諸国は重大性をよく認識しています。
また国連安保理専門家パネル座長のエベラード大使(イギリスの元北朝鮮大使)に報告したところ、すぐにお礼の返事が来ました。

どうやら国際問題に発展しそうです!

 

拉致実行犯の辛光洙容疑者(指名手配中)

日本のパスポートを悪用した卑劣な北朝鮮工作員

 

 

★キリバスよ、国際社会を敵に回すなかれ!

前回セーシェル大統領に訴えたので、今回はキリバス大統領に直訴したいと思います。

キリバス共和国は太平洋の赤道付近に散らばるギルバート諸島、フェニックス諸島、ライン諸島などを領土とし、広大な排他的経済水域を持つ国です。1979712日にイギリスから独立し、英連邦に加盟しています。人口は約10万人で、46人の国会議員で構成される議会を持ちます。国会議員一人当たりの人口は約2200人ですから、数だけで見ると日本の市議会に近いかも知れません。元首である大統領は国会議員から選ばれ、現在中国人の血をひくアノテ・トン(湯 安諾)大統領が就任しています。

 

キリバス議会


首都タラワは大東亜戦争中日本の要塞が築かれ、玉砕の舞台となったところです。昭和1811月のタラワの戦いでは、皇軍将兵4800人が圧倒的多数の米軍に対し、最後の一兵に至るまで徹底的に戦いました。アメリカ側のドキュメンタリーでも、「日本軍は文字通り最後の一人まで戦った」と畏怖を込めて述べています。
日本側戦死者は4684人。家族を、祖国を、そして私たち子孫を守るため、世界史上稀に見る壮絶な自己犠牲精神を示された諸英霊に、ただただ頭が下がる思いです。

 

英霊の力戦敢闘のあと


キリバスの主要産業は漁業とコプラ生産で、観光業もGDPの20%以上を占めます。さらに海外からの援助がGDPの20%から25%相当あります(CIA世界ファクトブックより)。2006年まで日本は最大の援助国でしたが、現在一位がオーストラリア、二位が日本、三位がニュージーランドです。

キリバスといえば、地球温暖化で沈む国として知る人が多いと思います。国土が環礁からなり、ほとんどの土地が海抜3.5メートル以下のキリバスにとって、海面水位上昇は消滅を意味します。2007年に読売新聞のインタビューに答えてトン大統領は、「小さな我が国には海面上昇を防ぐ手だてなどなく、どうしようもない」と述べ、10万人の国民の集団移住を本格的に検討していることを明らかにしました。

観光業援助集団移住。これらのキーワードで分かるとおり、キリバスは国際社会から嫌われたらやっていけない国です。ましてや北朝鮮工作員の犯罪幇助など、もってのほかです。

 

キリバスのライン諸島


前回も書いたとおり、1995年にキリバスは投資した外国人に「投資家パスポート」を発給するおかしなサービスを始めました。市民権を取得していない外国人にパスポートだけ持たせる事実上の販売であり、国際社会で許されない行為です。


当然のことながら世界中の非難を浴び、また同じ太平洋の島国ナウルのパスポートがテロリストに悪用され大問題になったことから、キリバスは20044月に法改正してパスポート販売をやめました。パスポート法改正の公式文書は、議会ホームページの下記URLでご覧いただくことができます。

http://parliament.gov.ki/acts/2004/Passport(Amendment)Act2004.pdf
最後のページにティタブ・タバネ検事総長の名で、「『外国投資家スキーム』として知られたパスポート法の条項は廃止された」とわざわざ説明する覚え書きがついています。よほど外国の目が気になったのでしょう(笑

ところがキリバスは、2005112日に2名の北朝鮮工作員にパスポートを発給しています。2009年に神奈川県警が摘発した不正輸出事件(判決確定)で指示役だった北朝鮮フロント企業・東新国際貿易有限公司(本社・香港)の執行役員Hは、末尾番号843のキリバスパスポートを持ち、同じく執行役員Jは末尾番号844のものを持っています。工作員2名はこのパスポートを偽装用に使い、国連安保理決議で禁止された大量破壊兵器密売に従事しました。


これは絶対に許されないことです。キリバスは北朝鮮国家犯罪幇助の重大性を認識し、ただちに必要な措置をとらなければなりません!

 

北朝鮮制裁が決議された国連安全保障理事会会議場

(画像:パトリック・グルバン)



★北朝鮮工作員の「国籍ロンダリング」

過去に韓国で摘発されたスパイ事件から、北朝鮮工作員が多数の国籍・パスポートを駆使して行う工作の実態が明らかになっています。

1996
年にソウルで、壇国大学アラビア語教授で「フィリピン人ムハンマド・カンス」を名乗る男が逮捕されました。韓国で大学教授は社会的地位が高く、その信用を利用して各界の専門家に接近していました。
実はこの男はレッキとした朝鮮民族で、北朝鮮対外情報調査部所属の鄭守一(チョン・スイル)という工作員でした。その後の調べで鄭守一は、1979年にレバノン国籍を取得し、さらに1984年にフィリピン国籍を取得した上で韓国に潜入したことが明らかになりました。

2006
年には「フィリピン人ケルトン・ガルシア・オルテガ」を名乗る北朝鮮工作員チョン・ギョンハクが摘発されました。この男は主に東南アジアで活動しながら、1993年にバングラデシュ、1995年にタイ、2000年に中国、そして2004年にフィリピンの国籍を取得しています。韓国には別々のパスポートを使って何度も入国したというのですから、図々しいというかなんというか。

 

チョン・ギョンハクが使用したフィリピン旅券


間違いなく日本にも、外国パスポートを持った北朝鮮工作員が潜入しています。定住しているかも知れません。なにしろ金正男がドミニカのパスポートで、金正恩がブラジルのパスポートで東京ディズニーランドに遊びに来たくらいですから、朝鮮総連と接点のないノーマークの工作員が入っていないはずがありません。

日本の関係当局は日夜血の滲むような視察活動を行っていて、ある程度把握していると思いますが、法律の不備でなかなか工作員を逮捕できない現実があります。好き勝手にやられてしまっています。


少なくとも警察白書で「対日有害活動」を行っていると名指しされたロシア、中国と北朝鮮の工作員は、発見次第直ちに逮捕して長期の懲役刑を科すことができるよう法改正する必要があります。これはどこの国でも当たり前にある法律なのに、日本だけが制定していません。そのため大勢の日本国民が危険に晒されています

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h23/honbun/html/2-sho4_2_1.html

拉致のような卑劣な国家犯罪を、もう二度と繰り返させてはなりません!

 

横田めぐみさん

 

外国工作員を野放しにするな!



★キリバス大統領に直訴だ!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。キリバスのトン大統領に、北朝鮮工作員のパスポートを無効にするよう、そして関連情報を国連安保理と関係諸国に提供するよう、ファックスで要請していただきたいのです。

なにしろ人口10万人の国ですから、あなた様の訴えは間違いなく大統領に伝わります
例えば日本のどこかの町役場に、「あなたの町の住民基本台帳カードが北朝鮮工作活動に使われていますよ」と証拠をつけて手紙を送れば、間違いなく町長に報告がいくでしょう。同じようにトン大統領に報告が行きます。
そして訴えの数が多ければ多いほど、トン大統領は重大性を認識します。

証拠書類のコピーは私のほうでトン大統領に送ってあります。またキリバスの役場にはパスポート発給記録があるので、調べればすぐ分かることです。

あなた様のファックスは、北朝鮮工作活動に甚大な打撃を与えます。こうしたボディブローのひとつひとつが、拉致被害者救出と核廃棄に繋がっていきます。
いますぐお送りください。よろしくお願いいたします。


送り先
議会ファックス番号
686-21278

686
は国番号です。KDDIの場合、番号の前に001-010とダイヤルするだけですぐ繋がります。
なお大統領事務所のファックス番号は686-21145ですが、ファックス機が故障中なのか受信状態になりません。議会にお送りください。

例文
タイトル: Passports Issued to WMD Proliferators
本文:
Dear President Tong,

I am writing to respectfully request that you revoke all Kiribati passports issued to North Korean operatives immediately and pass on all information to the UN Security Council and countries concerned.
For example, two North Korean operatives who were directors and shareholders of Neweast International Trading Limited, a front company of the North Korean military based in
Hong Kong, hold Kiribati passports issued on 2 November 2005 with passport numbers ending 843 and 844. As you can see in paragraph 91 (page 35) of the latest UN report on North Korea sanctions, the company was involved in illegal shipments of machines and an electric device used to produce gyroscope system for missiles.
http://www.un.org/sc/committees/1718/poereports.shtml
An ethnic Korean businessman was convicted in
Japan for working for the company.

North Korea has been selling Weapons of Mass Destruction to rogue states and terrorist groups such as
Iran and Hezbollah, and the UN Security Council adopted resolutions 1718 and 1874 condemning and prohibiting such acts.
http://www.un.org/News/Press/docs/2009/sc9679.doc.htm
Aiding and abetting North Korean operatives would be suicidal for any country.

I sincerely hope that
Kiribati would not be seen as an ally of the pariah state.

Very truly yours,

(あなた様の署名)


翻訳文
件名:大量破壊兵器拡散者に発給されたパスポート

トン大統領
北朝鮮工作員に発給されたすべてのキリバスパスポートを直ちに無効にし、国連安保理と関係国にすべての情報を伝達するよう要請したくメールを出させていただきました。
たとえば香港にあった北朝鮮軍部のフロント企業・東新国際貿易の役員・株主だった2名の北朝鮮工作員は、2005112日に発行された末尾番号843844のパスポートを所持しています。北朝鮮制裁に関する国連報告書最新版のパラグラフ9135ページ)をご覧いただくと分かるように、同社はミサイルのジャロスコープシステムを作るための機械や電子機器の不正輸出に関わりました。
国連報告書のURL
在日朝鮮人の会社社長が同社のために働いたとして、日本で有罪判決を受けています。

北朝鮮は、イラン・ヒズボラのようなゴロツキ国家やテロ組織に大量破壊兵器を売ってきており、国連安全保障理事会はそうした活動を非難し禁止する決議17181874を採択しました。
国連安保理決議プレスリリースURL
北朝鮮工作員を幇助することは、いかなる国にとっても自殺行為です。

キリバスが、犯罪国家の同盟国と見なされないことを心から願っています。
敬具