★イスラエルが動き出した!

金正日秘密口座凍結プロジェクトにご参加いただいている皆様、またまた朗報です! イスラエルの女性国会議員エイナット・ウィルフ博士から、私どもの活動に賛同するお手紙をいただきました!

お手紙の中でウィルフ博士は、私が求めた金正日秘密口座摘発へのイスラエルの全面協力について、「十分考慮に値します」と述べています。これはウィルフ博士の立場を考えると、かなり踏み込んだ表現です。既にイスラエル情報機関が動き出しているかも知れません!

ウィルフ博士はイスラエル軍諜報部(アマン)の将校です。退役してからハーバード大学に進学し、ケンブリッジ大学で政治学の博士号を取得したあと、シモン・ペレス大統領(当時副首相)の外交政策顧問として活躍します。本年労働党の国会議員になったばかりですが、すでにBBC等の欧米メディアにコメンテーターとして登場しています。現在もペレス大統領の政治顧問を務める実力者です。

実は最近ペレス大統領が外国メディアに対して「北朝鮮は核の免税店」「武器はイランを通してテロリストに渡っている」「イスラエルは目を見開いて(open eyes)監視している」といった発言を積極的に行い始めました。読売新聞との独占インタビューでも同趣旨のことを述べています。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100709-OYT1T00095.htm
http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=10532809

私たちの真摯な訴えが、顧問のウィルフ博士を通してペレス大統領に伝わっている可能性があります。もちろん実際のところは分かりませんが、今後とも一生懸命在宅ロビー活動に励みたいものです。

いっぽう韓国でも、代表的な保守論客である趙甲済氏(月刊朝鮮前編集長)が興味深いことを書いています。私のコメントも引用いただきました。

http://gendaikorea.com/20100712_01_hon.aspx


金正日秘密口座への包囲網は着々と狭まっています。トドメを刺そうではありませんか!


★国運を賭けて

私は現在、北朝鮮が外資誘致を行うために設立した大豊(デプン)国際投資グループの活動を阻止すべく動き出したところです。同グループの活動は国連制裁決議(1874)に違反しますが、そんなことを北朝鮮が気にするはずもなく、国営放送を通して大袈裟な宣伝を行っています。

北朝鮮は大豊グループに国運を賭けています。それは外資誘致によって経済破綻を乗り切る起死回生のプロジェクトであると同時に、最後の「希望」を見せることで幹部連中の気持ちを繋ぎとめておく大切な舞台装置でもあります。私は後者の意味合いが大きいと思います。金正日は国防委員会委員長名で「大豊グループの活動を保障せよ」という正式命令を出しているほど重視しています。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100222/kor1002222040001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100416/kor1004162002004-n1.htm

一方、大豊グループに国運がかかっているのは北朝鮮だけではありません。実は我が日本も、その成否に国運がかかっているのです!

北朝鮮が外資誘致に成功して国連制裁を無力化すれば、アメリカで「核放棄させるのは無理だ」というムードが広まり、再び「拡散しない条件で核保有国として認め、体制も保障しよう」という議論が息を吹き返します。
それによって北朝鮮が核保有国として承認され、金王朝が磐石となったら、我が国は建国以来最大の危機に直面します。もう拉致問題は議題にすることすら不可能になります。想像するだけで恐ろしい事態です。
また日本ばかりでなく韓国も危機に直面しますので、東アジアで核開発レースが起きます。

なんとしてでも、北の核保有国承認を阻止しないといけません!


★草莽崛起

大豊グループについては、香港で登記された大豊国際投資集団有限公司の調査から始めました。そうしたところ、日本にも事務所がある国際法律事務所(今はあえて名前を記さず)が関わっていること、株式や役員の不可解な変更を繰り返していること、董事(役員)の1人が大型経済事件で2年の実刑判決を受けていること、別の元董事が韓国で懲役1年執行猶予2年の有罪判決を受けていること、などなど様々なことが分かってきました。

私は香港特別行政区政府高官と立法会議員の計135にメールを送り、大豊グループの活動が国連制裁決議に違反すること等を訴え、取り締まりを要請しました。今後必要があれば、世界各国に香港への圧力を要請します。

メールでは、北朝鮮が脱北者の赤ちゃんを生き埋めにして殺している事実を報じたBBCの下記レポートを引用しました。看守は「中国人との混血児が生き残るのを阻止するためだ」と語ったそうです。「中国人よ、そこまで侮辱されても北をかばうのか?」と問いたい。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3204509.stm

ここであなた様にお願いがあります。助けを待つ同胞を救うため、国難を救うため、ほんの少しだけお時間をいただけないでしょうか? 香港にメールやファックスを送って、大豊グループの活動禁止を訴えていただきたいのです。送り先は下記になります。

香港特別行政区政府
行政長官   Sir Donald Tsang     
ceo@ceo.gov.hk
FAX 852-2509-0580
政務司司長  Mr Henry Tang       
cso@cso.gov.hk
FAX 852-2524-5695
財政司司長  Mr John Tsang      
fso@fso.gov.hk
FAX 852-2840-0569
律政司司長  Mr Wong Yan Lung
  sjo@doj.gov.hk
FAX  852-3579-2431
中央政策組主席顧問 Professor Lau Siu Kai 
siukailau@cpu.gov.hk
FAX  852-2537-9083
財経事務及庫務局局長 Professor K C Chan 
sfst@fstb.gov.hk
FAX  852-2537-1736
香港金融管理局総裁   Mr Norman T.L. Chan 
hkma@hkma.gov.hk
FAX  852-2878-8197
證券及期貨事務監察委員会主席 Mr Eddy C. Fong 
enquiry@sfc.hk
FAX  852-2845-9553

香港立法会主席  Mr Jasper Tsang  
plc@legco.gov.hk
FAX 852-2877-9600
香港立法会金融界選出議員 Dr David Li   
lidkp@hkbea.com
FAX  852-3608-6100

日本語で訴える方は、東京の香港経済貿易代表部にお送りください。ここは商務及経済発展局に所属しますが、日本において香港特別行政区政府を代表しています。

http://www.hketotyo.gov.hk/japan/jp/index_j.html
主席代表 祝彭婉儀 女史    Mrs Jennie Chok jennie_chok@hketotyo.gov.hk

 

ファックス番号 03-3556-8968


サンプル文
件名: Violation of UN Sanctions
本文:
Dear
(上記の名前、もしくはSir/Madam,

I am writing to urge the Hong Kong SAR Government to prohibit activities of Taepung International Investment Group Limited registered in HK (company number 1040548) that is violating UN Security Council Resolution 1874.

http://www.un.org/News/Press/docs//2009/sc9679.doc.htm

As reported by
North Korea’s state-run news agency, the sole purpose of Taepung Group is to circumvent UN sanctions and fund the pariah regime.
http://www.kcna.co.jp/item/2010/201001/news20/20100120-17ee.html

I am hoping that HK would comply with the UN Resolution and defend her reputation.

Yours sincerely,
(あなた様の氏名)


あなた様の一通の訴えが、大豊グループを崩壊に追い込み、北朝鮮の悪あがきに終止符を打つかも知れません。ほんの少しだけお時間をください。よろしくお願いいたします。


★国難を救う

先日靖国神社遊就館で、元寇の特別展を拝観してきました。遊就館は何度行っても新鮮な感動があります。
特別展では明治時代に国民的愛唱歌だった「元寇」が流れていました。素晴らしい曲です。ぜひクリックしてご鑑賞ください。


 

「元寇」を聴いていると、まるで現代のことのように思えてきます。冒頭の、
「四百余州を挙(こぞ)る 十万余騎の敵 国難ここに見る 弘安四年夏のころ」
という歌詞は、
「核兵器を誇る 百万余騎の敵 国難ここに見る 平成二十二年夏」
と変換できますし、
「傲慢無礼者 倶(とも)に天を戴かず」
などまさに北朝鮮そのものです。

大正天皇もご愛唱されたこの文部省唱歌は、かつて我が軍将兵を危機から救っています。日清戦争さなかの1894年(明治27年)915日早朝、平壌付近で佐藤正大佐指揮の部隊が大人数の敵に攻撃され苦境に陥ります。そのとき一人の兵士が「元寇」を歌い出したところ、全部隊がこれに続き、勇気百倍となり敵を潰走させた話が伝わっています。
それぞれの時代に日本を守るため力を尽くされた先人を思うとき、ただただ感謝の念で胸がいっぱいになります。


さて、元・高麗(朝鮮)連合軍が日本の存立が脅かした文永の役(1274年)、我が鎌倉武士は敵の集団戦法や毒矢に大いに苦戦します。壱岐・対馬では大虐殺が行われ、生き残った女性は手に穴を開けて縄を通して、数珠つなぎで船に吊るされました。高麗(朝鮮)の将軍金方慶は、拉致した日本人200人を高麗の忠烈王(日本侵略を進言した人物)に献上したと『高麗史』は記しています。下記は元・高麗(朝鮮)軍の日本人に対する残虐行為を描いた油絵。


この絶体絶命のとき、小弐景資(しょうに・かげすけ)という若き武将が一矢で戦況を変える大勲功を立てています。苦戦が続いた1274年(文永11年)1020日(旧暦)の夕刻、博多の海岸付近を退却途中、小弐景資は追撃してくる敵の副将劉復亨を見事射抜きます。重傷を負った劉は部下の目の前で落馬します。司令官を失った元・高麗(朝鮮)軍は大混乱に陥ったといわれ、その日のうちに船に退却しました。そこに暴風雨が襲いかかったことはご承知の通りです。一本の矢が日本を救ったのです!

私たちには弓矢はありませんが、手紙・メール・ファックスという強力な武器で、全世界に真実を訴えることができます。たった一本のファックスが、国際政治を動かし我が国を危機から救うかも知れません。神武天皇御即位以来二千六百七十年、今ほど草莽の士が活躍できる時代はありません!

ご参加いただけませんか? 再び祖国に危機が迫っています!

 

これも面白い!