★決議案の内容がこれから決まる!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、欧州議会に多数のメール、ファックスをお送りいただき誠にありがとうございます。

本ブログ2010年5月20日付記事

私たちの動きは、北朝鮮向けに放送されているラジオ・フリー・アジア(RFA)で3回も報じられました。私たちが拉致問題を必死に訴えているニュースが、北朝鮮の工作機関や一般国民に広く伝えられたのです。拉致被害者にもその報は届いたと思います。大いに励まされたことでしょう。

残念ながら、欧州議会代表団の訪朝は情勢緊迫化のため中止になりました。今回行くのは韓国だけです。イギリス選出のデイビッド・マーティン議員から説明のメールをいただいた方も大勢いると思います。

しかし私たちの在宅ロビー活動は別の方向で効いています。RFAによれば、欧州議会の人権小委員会が近々北朝鮮人権決議案を提出予定です。人権小委員会は、代表団が韓国から帰国してから打ち合わせをし、最終的な内容を決めることになっています。

代表団との打ち合わせの席で、拉致問題や私たちの在宅ロビー活動が話題になることは間違いありません。沢山のメールやファックスが届いたばかりでなく、アメリカの国営放送局から何本も取材の電話が入っているのです。

ここで人権小委員会にさらに拉致問題を訴えれば、北朝鮮人権決議案で大きく取り上げてもらうことができます。そうなれば、拉致問題解決にEU全体の力を借りることができます。一緒にやりませんか?


★みんなで訴えよう!

私は人権小委員会のハイジ・ハウタラ委員長と副委員長全員に、英文の拉致問題啓発資料やDVDが入った小包を送り、人権決議案で拉致問題を大きく取り上げるよう依頼しました。EU市民9人の拉致について、ル・フィガロ紙、ジャパン・タイムズ紙とRFAの記事を引用して強く訴えました。
ハウタラ委員長は、国際刑事裁判所(ICC)が金正日を訴追できるかどうか関係者に会って協議するなど、北朝鮮人権問題に熱心に取り組んでいる先生です。期待できます。

ここであなた様にお願いがあります。助けを待つ同胞のため、ほんの数分だけ時間を割いていただけないでしょうか? 下記あてにメールを送って訴えていただきたいのです。

欧州議会人権小委員会
委員長  Heidi Hautala (Ms. Hautala)  
heidi.hautala@europarl.europa.eu
副委員長 Andrzej Grzyb (Mr. Grzyb)  
andrzej.grzyb@europarl.europa.eu
副委員長 Laima Liucija Andrikiene (Ms. Andrikiene) 
laimaliucija.andrikiene@europarl.europa.eu
副委員長 Metin Kazak (Mr. Kazak)  
metin.kazak@europarl.europa.eu
副委員長 Janusz Wladyslaw Zemke (Mr. Zemke)  
janusz.zemke@europarl.europa.eu

サンプル文

件名: North Korean Abduction of EU Citizens
本文:
Dear (上記括弧内の名前),

I am writing to request that the Subcommittee on Human Rights calls for the release of all foreign abductees in the DPRK Human Rights Resolution. As you may know, there are 9 EU citizens who have been abducted by DPRK along with other foreign nationals and they are desperately waiting for your help.
http://www.sukuukai.jp/narkn/

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20070421a7.html
http://www.lefigaro.fr/international/2008/04/21/01003-20080421ARTFIG00614-les-captives-etrangeresde-la-coree-du-nord.php

I suggest that the Subcommittee make it clear there would be no major investment from the EU until all abductees are released.

Sincerely yours,
(あなた様の名前)

The Japanese government website on abduction issue

http://www.rachi.go.jp/en/index.html
http://nettv.gov-online.go.jp/eng/prg/prg1786.html


人権小委員会に所属する議員の一覧は下記に出ていますので、お時間がある方はぜひ全員にお送りください。ちなみに副委員長のゼムケ議員は、ポーランドの元副国防相です。
http://www.europarl.europa.eu/activities/committees/membersCom.do?language=EN&body=DROI

それからファックスで送られる方は、下記のファックス番号に送信してください。KDDIの場合であれば001-010とダイヤルしたあと、下のファックス番号を押すだけですぐつながります。日本国内に送るのと変わりません。

委員長  Ms. Hautala  32-228-49374
副委員長 Mr. Grzyb    32-228-49185
副委員長 Ms. Andrikiene  32-228-49858
副委員長 Mr. Kazak    32-228-49924
副委員長 Mr. Zemke    32-228-49426

それでは今すぐお送りください。あなたの助けを待つ人がいます。


★拉致問題説明用の英語

下記は拉致問題対策本部が出している英語の解説動画。20分くらいのものです。

http://nettv.gov-online.go.jp/eng/prg/prg1110.html
こちらは短縮版で約8分。
http://nettv.gov-online.go.jp/eng/prg/prg1786.html

割と早く話していますが、内容はご存知の通りですので、拉致問題を説明する際に必要な語彙を学ぶことができます。

拉致問題は断じて「日朝間の問題」ではありません。世界対北朝鮮、文明対犯罪、正義対悪の問題です。しかしながら、世界に訴えていかなければ無視されてしまうのが現実です。

国民一人一人がそれぞれの人脈を活用して訴えていきたいものです。上記の動画は、英語で説明する前の準備用にちょうどいいと思いますので、ぜひご活用ください。

それではお互いがんばりましょう!