★動きだした!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、私たちの拉致問題提起の訴えが効果を発揮しています!

本ブログ2010年5月5日付記事

このたびアメリカ国営(事実上)の宣伝放送局ラジオ・フリー・アジアの取材を受け、記事になりました。
記者が訪朝団のウォルター・マスール事務局長に、私たちが拉致問題提起を訴えていることを問うと、「訪朝団のエフラー団長はこの問題を認識している」と答えたとあります。高い確率で取り上げられると見ていいと思います。
下記が韓国語で書かれた記事です。google翻訳システムを利用すると概要をつかめます。

http://www.rfa.org:80/korean/in_focus/nk_diplomacy/eu_nk-05072010145857.html
翻訳ページ

http://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=wT#


またマスール事務局長から私宛にメールが来ていますが、かなり前向きな返答です。

EUからの圧力は北朝鮮に効きます! 拉致問題を大きく前進させる可能性があります!
先日の呼びかけで、北朝鮮がEUからの投資に期待していることを書きましたが、圧力が効く理由はそれだけではありません。

EUはすでに強力な制裁を行っているのです。昨年12月施行の独自制裁の中で、EUは最高幹部の入国を全面的に禁止しました。これは効いています。
北朝鮮の最高幹部は病気になるとフランスの病院で治療を受けますが、制裁が解除されない限りもう行けないのです。これ命に関わります。彼らは国民が何百万人餓死しようが体制が揺るがない限り何とも思いませんが、自分の命は大事です。治療を受けられないというのは大問題です。制裁解除の決定権を持つEUは、圧倒的に立場が強いのです。

さらに私たちが訴えてきた秘密銀行口座の問題もあります。ヨーロッパの秘密銀行口座に金正日は数千億円隠していますが、もしEUを拉致問題で本気で怒らせてしまったら、徹底的に捜査されて発見・凍結されます。EUは北朝鮮最大の弱点を握っている訳で、力関係でいえば裁判官と刑事被告人くらい差があります。

そのEUの議会訪朝団が拉致問題を厳しく追求したら、これは効きます! 訪朝団に力強く迫ってもらいましょう!
メールやファックスの数が多ければ多いほど、拉致問題を大きく取り上げてもらえます。引き続き訴えてください。


★いま一度、メールを、ファックスを!

私はメールで訴えたあと、朝鮮半島代表団の全25議員あてに英文の拉致問題資料、本、DVDを入れた小包を送りました。無料で分けてくださった関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

メールによる訴えは、救う会徳島事務局様が下記のように全所属議員のメールアドレス、名前を調べて呼びかけてくださいました。ぜひこちらを参考に、もう一度お送りください。

http://8918.teacup.com/oyanirami/bbs/920

それからもう一つ、ファックスで訴えるという方法があります。
国際電話は簡単です。ご存知の方も多いと思いますが、KDDIの場合であれば001-010とダイヤルしたあと、下のファックス番号を押すだけです。すぐつながります。日本国内に送信するのとほとんど変わりません。

欧州議会朝鮮半島代表団幹事議員の事務所ファックス番号
団長  Dr. Ehler  32-228-49325
副団長 Mr. Hafner 32-228-49372
副団長 Ms. Rosbach 32-228-49746

他の正規メンバー議員の事務所ファックス番号
32-228-49454   32-228-49700   32-228-49229
32-228-49764
   32-228-49560   32-228-49748
32-228-49539
   32-228-49289   32-228-49753
32-228-49558
   32-228-49850

すでに資料も送ってありますので、英文で細かいことを説明する必要はないと思います。英語で一言Abduction(拉致)とどこかに書いてあれば、日本語で熱い思いを書いても大丈夫です。字は読めなくても、思いは伝わります。いま重要なのは、多数の訴えを集中させて拉致問題の重大性を認識してもらい、少しでも大きく力強く取り上げてもらうことです。

下記は拉致問題対策本部による30秒の広報。ぜひご覧ください。「拉致被害者を取り戻すため、あなたの声を、力を、貸してください」とあります。

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1899.html

力を貸してください。あなたの助けを待つ人がいます。


★最大の名誉

最近、ある保守系活動家の戦死されたご祖父の遺書を拝見する機会があり、深い感銘を受けました。戦争末期の若い兵士の遺書は多く出版されていますが、これは開戦前の、しかも44歳の民間人による珍しいものです。許可を得たので画像を掲載します(名前は消してあります)

 

「男児最大の名誉」という部分が深く印象に残りました。これは本心だったそうです。

愛知県出身のこの人物は、少年時代に国のため南方で活躍しよう志を立て、親の反対を押し切って東京外国語学校マレー語科(現東京外国語大学)に進学します。そして優秀な成績で卒業して戦前の三井物産に就職しますが、残念なことに実直な人柄と高度な語学力を買われて文書課に配属されてしまいます。本社で暗号編纂、電信や翻訳といった地道な仕事に明け暮れるうちに4人の子供が生まれ、少年時代の夢とは大分異なった普通の会社員として中年になりました。

そして不惑の四十を過ぎて数年が経ったとき、ついに志を得ました。語学や暗号といった専門知識を買われ、いきなり将校待遇の軍属として軍に迎えられたのです。そして勇躍南方に出陣し、存分に働きます。生涯の夢を実現させたのです。

いったん会社員に戻ってフィリピンに赴任したあと、彼は再び軍務につきます。そして昭和20年に山中を移動中マラリアに罹ると、足手まといになってはいけないと自分を置いていくよう部下に厳しく命じ、フィリピンの土となりました。妻と4人の子を思えば「背負って連れていけ」と言いたかったに違いありません。しかし己を律し、自己犠牲の道を選んだのです。部下たちは日本に生還しました。

真珠湾攻撃の4日前に書かれたこの立派な遺書と、この人物が辿った過酷な運命を思うとき、国の役に立つことがいかに大変だったか痛感させられます。

それに比べて、現在の私たちの何と恵まれていることか! 家に帰って、パソコンやファックスを前にするだけで、外国の議会に訴えて国際政治に影響力を行使できるのです。こんな恵まれた時代は建国以来はじめてです。

この文章を読んでくださっている方の多くは、遺書の人物や、また私と同じように国の役に立ちたいという熱情をお持ちの方だと思います。命と引き換えに日本を守ってくださった先人に感謝しつつ、在宅ロビー活動に励もうではありませんか!北朝鮮が窮地に陥っている今こそ、拉致被害者を取り返す最大のチャンスです!