★スイス外務大臣から書簡が届いた!

金正日秘密口座凍結プロジェクトにご参加いただいている皆様、私たちの努力が成果をあげています!
このたびスイス外務大臣および連邦警察マネーロンダリング通報局局長から、マネーロンダリングに断固対処する旨の署名入り書簡をいただきました。金正日の4000億円近い秘密財産はいよいよ危なくなってきました! 凍結に向けて、いま一度ご協力をお願いします。

カルミレイ外務大臣から私宛に送られてきた書簡は、驚くほど踏み込んだ内容でした。以下が要旨です。
「北朝鮮資金に関する疑惑については承知しており、以前から重大な関心を持っており今後も注視していく」
「犯罪収益が投資されないようにすることが、スイスの主要関心事である」
「北朝鮮の人権状況を注視しており、人権擁護のため引き続き活発に行動する」

これはつまり、北朝鮮が犯罪国家であり、その資産運用がマネーロンダリングを構成するとの認識を示したものです。まさかこれほど率直な回答をいただけるとは思ってもいませんでした。

連邦警察マネーロンダリング通報局のジュディス・ヴォネイ局長からいただいた書簡も、冒頭で「個別のケースについてはお答えできない」と断りながらも、金正日を名指しした要請に対して次のように回答しています。
「スイスは人権侵害もマネーロンダリングもテロ資金も許さない」
「スイス検察庁は犯罪捜査のためならいつでも銀行機密を解除できるし、外国の検察当局との捜査共助も行なう。銀行機密保護は、犯罪との戦いにまったく障害とならない」

「人権侵害(abuse of human rights)」を、マネーロンダリングやテロ資金と並べて「許さない(does not tolerate)」と明記している点は注目に値します。これは私がアメリカ国務省の人身売買報告書と人権報告書を引用して、政治犯収容所内の壮絶な強制労働を訴えたことへの回答です。スイス政府は、北朝鮮が行なっている非人道的行為を決して許さないという姿勢を明確に示したのです。


★草莽の力

実はスイス政府の姿勢は、2006年時点から大きく変化しています。

2009年8月20日の呼びかけで、金正日秘密口座疑惑を指摘された北朝鮮が大慌てでスイス政府に調査を要請した経緯を書きました。これは銀行機密を厳格に保護するスイスが、決して要請に応じないと見越した上での北朝鮮のスタンドプレーでした。

本ブログ2009年8月20日付記事
案の定スイス政府は20064月に要請を断り、「スイス国内で北朝鮮による明白な違法行為の疑いがない」「北朝鮮国内で金総書記への捜査が開始され、その捜査に基づいて協力要請があった場合でなければ調査できない」との見解を示しました。
http://www.47news.jp/CN/200604/CN2006042501004677.html
それと今回の回答を比べると、対北朝鮮政策が大きく転換したことが分かると思います。

私たちの真摯な訴えが、スイス政府に北朝鮮リスクを認識させた可能性が高いと思います。このたび大勢の方にご協力をいただき、多数のメール、ファックス、手紙がスイス大使館やスイス本国政府に送られました。スイスからすれば十数年前のホロコースト犠牲者銀行口座問題以来のことで、ビックリしたことでしょう。北朝鮮と完全に決別しなければ、金融センターとしての評価が危なくなると痛感したはずです。

私たち草莽による在宅ロビー活動は、効いているのです。


★あと一押しだ!

スイス政府は北朝鮮に対する厳しい姿勢を明確にしましたが、まだ積極的行動までは起こしていません。今現在は疑わしい取引の通報義務を定めた1997年制定の反マネーロンダリング法に従って、金融機関が通報してくるのを待っている状態です。しかしながら同法は現在の取引が対象なので、北朝鮮がすでに資金を移転していたら通報されることはありません。

ぜひともスイス政府から全銀行に、「過去の分も含めて北朝鮮関連取引をすべて開示せよ」と命令してもらう必要があります。金正日の秘密資金がいつ、どこに送金されたのかを過去に遡って調査してもらわないといけません。

前回の繰り返しになりますが、いま一度メールをお送りください。
同じ人が何度送ってもいいのです。数は多ければ多いほど、取引開示命令の実現に近づきます。
メッセージと送り先は下記のとおりです。


件名: Request for Investigation
本文: I hereby request that an investigation be launched into North Korean dictator Kim Jong-Il’s money laundering and his secret bank accounts be frozen.

http://www.fincen.gov/statutes_regs/guidance/html/fin-2009-a002.html

送り先
スイス財務省(大統領が財務相兼任) 
info@gs-efd.admin.ch
スイス連邦警察マネーロンダリング通報局(下部のE-mailの表示をクリック)
http://www.fedpol.admin.ch/fedpol/en/home/themen/kriminalitaet/geldwaescherei.html
ルクセンブルク政府
http://www.gouvernement.lu/functions/contact/index.php

詳しくは前回の呼びかけをご参照ください。

本ブログ2009年9月20日付記事

もしスイスが調査に着手したら、金正日は食事も喉を通らない状態になります。スイスが積極的姿勢を示せば世界中のタックスヘイブンが追随する可能性が高く、国家犯罪で貯めこんだ4000億円近い財産は命令書1通で凍結されてしまいます。それは高級幹部の忠誠を買うための資金が引き出せなくなることを意味するので、クーデターで殺されかねません。金正日は核を放棄して拉致被害者を解放し、国際社会に凍結解除をお願いするしかなくなります。

あなたの助けを待つ拉致被害者のため、3分だけ時間をください。拉致被害者を取り返し、金正日に頭を下げさせようではありませんか! ご協力よろしくお願いします。