加藤健の「天を回せ! ロビー活動で挑む」

一般国民が国際政治を動かすための具体的方法論

モンゴルに北朝鮮労働者追放を迫ろう! 第二弾

★ 私たちの活動が国策に!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、素晴らしいニュースがあります! 共同通信によれば、日本政府は今春以降、米韓両国と連携し、北朝鮮労働者の派遣先となっている国に受入拒否を働きかけています
http://www.47news.jp/news/2016/07/post_20160724020405.html


これにはビックリです。外務省が北朝鮮の資金源潰しをやるなんて、ひと昔前なら想像すらできなかったことです。安倍政権の断固たる姿勢に感謝です。


個人的にもうれしかったです。ここ7年ほど、ほぼ専従で北朝鮮資金源潰し活動に従事してきました。はじめた当初は、まだ北朝鮮に幻想を抱く日本人が結構いて、「経済テロ」だという非難を受けました。それが今や、国策となったのです。アナクロ人間の私にとって、国策遂行のため力を尽くすことは、男子の本懐これに過ぐるものなしです。

b74a27fa.jpg321bb7e5.jpg
私たち民間志士の大先輩、横川省三、沖禎介両烈士
日露戦争時、ロシア軍の輸送鉄道破壊のため敵中深く潜入するも、捕らえられ刑場の露と散る


もう一つ良いお知らせがあります! 先月から皆様とともに、モンゴル政府に北朝鮮労働者追放を迫るロビー活動を行ってきましたが、EU加盟国のマルタが素晴らしい前例を作ってくれました。事実上の追放措置をとったのです。さっそくモンゴルの外相、国連大使、駐日・駐米・駐韓大使にメールを送って知らせました。


韓国の通信社・聯合ニュースによれば、マルタ政府は滞在期間が終了した北朝鮮労働者の滞在延長を認めず、北朝鮮に送り返しています。新規ビザも発給しない方針です。記事は、
「5月時点で建設現場や衣料工場などに残っていた約20人のほとんどが北朝鮮に戻ったとみられる。約15人が働いていたという建設会社の関係者は「北朝鮮労働者は5月末にいっぺんにやめた」と話した。最近仕事が多くなく、経営陣が再契約をしなかったようだ。一部の労働者はマルタの別の建設現場に職を求めようとしたが、滞在証の更新などが難しく、北朝鮮に戻る予定だと聞いたという」
と伝えています。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/07/28/0200000000AJP20160728000300882.HTML


モンゴルにとって、大きなプレッシャーになったことは間違いありません。



★ 再度メールを!


3日、北朝鮮は日本に対して重大な脅迫行為を行いました。弾道ミサイルを発射し、日本海の排他的経済水域(EEZ)内に落下させたのです。これは、「日本に核爆弾を落として、ヒロシマ・ナガサキを再現することができるんだぞ!」という脅しです。断じて許すわけにはいきません!


しっかり答えを出すべきです。日本人は脅しに屈しないばかりか、脅せば脅すほど反発し、生命線の外貨資金源を潰しにかかってくると思い知らせる必要があります。犯罪国家に通用する言語はただ一つ、力です。


ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。いま一度、モンゴル外相、国連大使、駐日・駐米・駐韓大使にメールを送って、北朝鮮労働者を追放するよう強く求めていただきたいのです。

例文をコピーするだけなら1分でできます。よろしくお願いします。



送り先
info@mfa.gov.mn, mongolianmission@twcmetrobiz.com, mongolie@bluewin.ch, tokyo@mfa.gov.mn, washington@mfa.gov.mn, ambassador@mongolianembassy.us 


例文
件名:Violation of UNSC resolutions など(タイトルは個々別々のほうがいいので、できれば変更してください)

本文:
Your Excellency,

As you are aware, Malta has stopped issuing work visas for North Korean slave labourers and is effectively ejecting those already in the country. I respectfully urge that Mongolia follow suit and expel all North Korean slave labourers immediately in line with UN Security Council resolutions and the International Labour Organization (ILO) Conventions. The Wall Street Journal reported on 7 July that there are more than 1,000 North Korean slave labourers in Mongolia helping to keep money flowing to the regime at home.
http://www.wsj.com/articles/north-koreas-lucrative-labor-exports-come-under-pressure-1467916815

As the Guardian report on November 2014 and other reliable reports say, the salary of North Korean workers goes to Office 39 that is designated for sanctions by UNSCR 2270 (2016).
https://www.theguardian.com/global-development/2014/nov/07/qatar-north-korean-forced-labour
http://www.un.org/press/en/2016/sc12267.doc.htm
Paragraph 8 (d) of UNSCR 1718 (2006) decided that all UN Member States must: “ensure that any funds, financial assets or economic resources are prevented from being made available by their nationals or by any persons or entities within their territories, to or for the benefit of such persons or entities;”
This means that the Mongolian government has the duty to prevent Mongolian companies from making payments to North Korean front companies or front organizations.
http://www.un.org/press/en/2006/sc8853.doc.htm

Mongolia has been a member of ILO since 1968 and ratified all eight ILO Fundamental Conventions. There may be multiple interpretations on ILO Conventions but the use of North Korean workers at least violates 1998 Declaration of Fundamental Principles and Rights at Work which stipulated that: “Declares that all Members, even if they have not ratified the Conventions in question, have an obligation arising from the very fact of membership in the Organization to respect, to promote and to realize, in good faith and in accordance with the Constitution, the principles concerning the fundamental rights which are the subject of those Conventions,”
http://www.ilo.org/declaration/thedeclaration/lang--en/index.htm
The US State Department’s Trafficking in Persons Report 2016 has made it clear: “Many North Korean government-contracted laborers in foreign countries also face conditions of forced labor.”
http://www.state.gov/j/tip/rls/tiprpt/2016/index.htm
The CIA World Factbook stated: “many North Korean workers recruited to work abroad under bilateral contracts with foreign governments are subjected to forced labor and reportedly face government reprisals if they try to escape or complain to outsiders;”
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/kn.html

Mongolia has an international obligation to crack down on North Korea’s money laundering and WMD financing. A report published by South Korea’s government-backed think tank the Asan Institute for Policy Studies stated: “According to the testimony of laborers gathered by the Asan Institute, returning workers also act as mules to carry hard currency earnings back to North Korea, violating the bulk cash ban imposed by the international community to sanction North Korea for its proliferation activities. This implies that North Korea's labor exports lie at the intersection between grave human rights violations and North Korea's WMD program. Accordingly, such human rights violations help perpetuate and support the country's illicit activities and its development of nuclear weapons. ... Their testimonies show that the horrific labor conditions North Koreans suffer overseas are tantamount to slavery, in violation of international law.”
http://en.asaninst.org/contents/asan-report-beyond-the-coi-dprk-human-rights-report/

Paragraph 14 of UNSCR 2094 (2013) stipulated: “Expresses concern that transfers to the DPRK of bulk cash may be used to evade the measures imposed in resolutions 1718 (2006), 1874 (2009), 2087 (2013), and this resolution, and clarifies that all States shall apply the measures set forth in paragraph 11 of this resolution to the transfers of cash, including through cash couriers, transiting to and from the DPRK so as to ensure such transfers of bulk cash do not contribute to the DPRK's nuclear or ballistic missile programmes, or other activities prohibited by resolutions”.
http://www.un.org/press/en/2013/sc10934.doc.htm

The Financial Action Task Force (FATF) has again placed North Korea (DPRK) on the top of its blacklist. In its Public Statement on 24 June, FATF urged all jurisdictions to “advise their financial institutions to give special attention to business relationships and transactions with the DPRK, including DPRK companies, financial institutions, and those acting on their behalf. In addition to enhanced scrutiny, the FATF further calls on its members and urges all jurisdictions to apply effective counter-measures, and targeted financial sanctions in accordance with applicable United Nations Security Council Resolutions, to protect their financial sectors from money laundering, financing of terrorism and WMD proliferation financing (ML/FT/PF) risks emanating from the DPRK.”
http://www.fatf-gafi.org/publications/high-riskandnon-cooperativejurisdictions/documents/public-statement-june-2016.html

The US Department of the Treasury’s Office of Foreign Assets Control (OFAC) designated North Korean leader Kim Jong Un for his ties to North Korea’s notorious abuses of human rights, including forced labour and abduction, and it would be suicidal for any country to be seen as an ally of the pariah state. The US State Department spokesman John Kirby said in a press briefing on 6 July that: “when we put somebody on a special designation list like this, it does reverberate around the world and it can have an impact on the way other countries or other international bodies and financial institutions consider doing business.”
http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2016/07/259402.htm

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)



★ 鳥越俊太郎氏惨敗


さて、前回お伝えしたように、東京都知事選で惨敗した鳥越俊太郎氏が、2013年に出版された『「拉致疑惑」と帰国』(河出書房新社)の中で、有本恵子さん拉致が警察によるデッチ上げと示唆したり、よど号テロリストを「道徳的に生きている人たち」と称賛したりしていたので、マスコミ各社に告知したうえで公開質問状を送りました。
本ブログ2016年7月26日付記事


回答が来なかったことを報告したいと思います。

IMG_9673


一つ断っておきますが、別に私は、鳥越氏が拉致デッチ上げを示唆したこと自体を問題視したわけではありません。ジャーナリストとして徹底的に取材し、拉致でない証拠を発見したというなら、良心に従って発表したらいいのです。


問題は、鳥越氏が十分な検証をしていないと断りながら、
「日本の警察や公安当局が、写真(バルセロナの動物園)や手紙(石岡さんの家族宛て)といういくつかの事実をつなぎ合わせて拉致ストーリーを作ったのではないかという印象を受けた」
と書いていることです。自らの取材がデタラメと認めるジャーナリストなど珍しいですが、鳥越氏は、
「しかし、これはあくまで皮膚感覚の話で、じっくりと話を聞きながら、少しずついろいろ確証を得たり、心理や真実に迫っていく時間は、残念ながら、今回はなかった」
と明記しているのです。


人の人生をなんだと思っている! 何様のつもりだ! と思いました。元毎日新聞記者・キャスターの看板を持つ人物が発言すれば、多くの人は信用します。その結果、異国の地で助けを待つ同胞が、命運を断たれる可能性があるのです。これは犯罪だと思います。鳥越氏は「弱者のために生きてきた」と選挙戦で語ったそうですが、聞いて呆れます。もっとも弱い立場の人の人権を踏みにじって、どこが弱者の味方か?


いっぽう、鳥越氏が、
「なんと道徳的に生きている人たちなんだという感慨も抱かせることになる」
と称賛したよど号グループは、強者中の強者です。犯罪国家・北朝鮮の力を背景に、法の裁きを逃れて好き勝手言えるのです。そんなテロリストたちに深く同情し、
「彼らがもう四十年以上、つまり人生のかなり長い時間を、異国の地にデラシネのように送らねばならない悔しさや苦衷は、決して声高にそれが語られない分だけ、いっそう私の胸には響いてきた」
と書く鳥越氏が、もし都知事になったらどうしようと、真剣に焦りました。


結果は惨敗。安心しました。都民はバカじゃないのです。


yodogou
(画像:警察庁)

鳥越俊太郎氏がよど号犯を「道徳的」と称賛!

★ 公開質問状に回答せよ!


東京都知事候補の鳥越俊太郎氏が、2013年に出版された『「拉致疑惑」と帰国』(河出書房新社)の中で、有本恵子さん拉致事件を警察によるデッチ上げと示唆したり、よど号テロリストを「道徳的に生きている人たち」と称賛したりしています。

あまりにもムチャクチャな話なので、にわかには信じがたいかも知れませんが、事実です。いま私の目の前に、その本があります。

IMG_9673

拉致問題に取り組んできた者として、決して許すことができない妄言です。そこでホームページに記載された鳥越氏のメールアドレス宛に、下にコピーした公開質問状を送り、さらに報道関係にプレスリリースを流しました。極めて重要な問題なので、鳥越氏には早急に回答してもらいたいと思います。


問題の本ですが、下記リンクが河出書房新社の案内です。鳥越氏の文章は冒頭10ページ分のみで、よど号テロリストの弁解が33ページから294ページまでを占めています。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309246192/
鳥越氏執筆部分の問題箇所を、公開質問状の下にコピーします。



ちなみに鳥越氏はこの本の中で、自分の業績を次のように誇っています。

『実は私は、2010年11月、テレビ朝日のザ・スクープスペシャル「よど号ハイジャック事件40年の真相」という番組のキャスターを務め、「平壌をめざしていたはずのよど号が、なぜ韓国ソウルの金浦空港に導かれたのか」という、昭和史最大の謎を解き明かした(それは米軍の要請により、KCIAの判断で韓国空軍の管制官が誘導したものだった)』(10ページ)


恐れ入りました。「昭和史最大の謎を解き明かした」ジャーナリストだそうです(笑)


自惚れるのは勝手ですが、東京都知事候補がロクに調べもせず拉致デッチ上げ説を流布したり、テロリストを称賛したりすることは、許しがたいです。この問題は、鳥越氏の資質を判断するうえで重要なので、周知されるべきと思います。




公開質問状 (拉致問題関連)


東京都知事候補 鳥越俊太郎 殿

私は北朝鮮による拉致問題に取り組む民間団体・アジア調査機構代表で、東京都民の加藤健と申します。貴殿が『「拉致疑惑」と帰国』(河出書房新社・2013年)のなかで、有本恵子さん拉致が警察によるデッチ上げと示唆したり、よど号グループを「道徳的に生きている人たち」と称賛したりしたことが、拉致問題関係者の間で大問題になっています。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309246192/
そこで下記質問に対する回答をお寄せいただきたくお願いします。

1. 貴殿は同書で、『私の取材経験から言えば、日本の警察や公安当局が、写真(バルセロナの動物園)や手紙(石岡さんの家族宛て)といういくつかの事実をつなぎ合わせて拉致ストーリーを作ったのではないかという印象を受けたのが正直なところだ』(17ページ)と述べています。また『私の取材者としての直観では、小西氏らの証言に論理的破綻は感じとれなかった』(14ページ)『本書に展開されていることを縷々述べる二人の口調には、特に不自然なところは感じられず、論旨も説得的で、彼ら・彼女らが「日本人獲得運動をやる必要はなかった」という主張も否定できない』(15ページ)と述べています。
現在でも同じ認識ですか?
東京都知事に就任した場合、よど号グループへの指名手配を取り下げるよう、警視庁に働きかけますか?
東京都知事に就任した場合、有本恵子さん・石岡亨さん・松木薫さんを、都が行う拉致問題啓発の対象から外すよう指示しますか?

2. 貴殿は同書で、『彼らがもう四十年以上、つまり人生のかなり長い時間を、異国の地にデラシネのように送らねばならない悔しさや苦衷は、決して声高にそれが語られない分だけ、いっそう私の胸には響いてきた』(17ページ)とよど号グループへの深い同情の念を吐露し、『なんと道徳的に生きている人たちなんだという感慨も抱かせることになる』(17ページ)と彼らを称賛しています。いっぽう、何の罪もないのに北朝鮮に拉致された被害者の悔しさや苦衷について、なんら言及していません。
確実な拉致被害者の中には、都内で勤務していたり、また藤田進さんのように都内の大学に通学していたりした人がいます。拉致の可能性を排除できない人達のなかには、大勢の都民がいます。
東京都知事候補として、このギャップをどう説明しますか?


3. 貴殿は同書で、『しかし、これはあくまで皮膚感覚の話で、じっくりと話を聞きながら、少しずついろいろ確証を得たり、心理や真実に迫っていく時間は、残念ながら、今回はなかった』(15ページ)と述べ、十分な検証をせずに、警察・公安当局が『拉致ストーリーを作ったのではないか』(17ページ)との心証を得たことを認めています。
東京都知事に就任した場合、事実関係より『皮膚感覚』を重視して都政を運営する意向でしょうか?


ご回答は、時間が限られているので私のメールアドレスに返信でお寄せいただけると幸いです。報道関係者および運動関係者百名以上に、貴殿の見解をそのまま転送させていただきたいと思います。

それではよろしくお願いいたします。

アジア調査機構
代表 加藤健




『「拉致疑惑」と帰国』鳥越氏執筆箇所抜粋

『しかし、今回のインタビューではっきりしたのは、彼らが「よど号ハイジャック事件は誤りだった」と明確に否定総括をしている事実だ。だとすると、右の小西氏の答えから分かるように「よど号ハイジャック」の延長戦上に「拉致行為」を捉えることは論理的に難しくなる。
彼らが全くの虚偽を述べているのであれば、これはまた別の話になる。しかし、私の取材者としての直観では、小西氏らの証言に論理的破綻は感じとれなかった。ここは今後のさらなる精査と判断を待ちたい』(14ページ)


『バルセロナの動物園での石岡亨さんのスリーショット写真が残っている森順子氏、黒田佐喜子氏にも、話を聞いてみたが、本書に展開されていることを縷々述べる二人の口調には、特に不自然なところは感じられず、論旨も説得的で、彼ら・彼女らが「日本人獲得運動をやる必要はなかった」という主張も否定できない。
しかし、これはあくまで皮膚感覚の話で、じっくりと話を聞きながら、少しずついろいろ確証を得たり、心理や真実に迫っていく時間は、残念ながら、今回はなかった。この手記にある記述をもとに、精査が進むことを願いたい』(15ページ)


『私の取材経験から言えば、日本の警察や公安当局が、写真(バルセロナの動物園)や手紙(石岡さんの家族宛て)といういくつかの事実をつなぎ合わせて拉致ストーリーを作ったのではないかという印象を受けたのが正直なところだ』(17ページ)


『彼らがもう四十年以上、つまり人生のかなり長い時間を、異国の地にデラシネのように送らねばならない悔しさや苦衷は、決して声高にそれが語られない分だけ、いっそう私の胸には響いてきた。ザ・スクープの中でも、若林はそれを、「亡命客として過ごさざるを得ないまま、還暦を過ぎてしまったという不甲斐なさ」と表現していた。
それが、本書でも再三再四リフレインされる「日本のために生きる」「日本に受け入れられるような存在にわが身を高める」というひたむきな希求として、なんと道徳的に生きている人たちなんだという感慨も抱かせることになる』(17ページ)


辻元清美議員や共産党議員の応援を受ける鳥越氏

モンゴルに北朝鮮労働者追放を迫ろう!

★ 金正恩がアメリカの制裁対象に!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! アメリカが日本人拉致を含む人権侵害を理由に、金正恩を制裁対象リストに掲載しました。下記でアメリカ財務省プレスリリースをご覧いただけます。アメリカ政府が「コイツは極悪犯罪者だ!」と公式に決定し、発表したということです。
https://www.treasury.gov/press-center/press-releases/Pages/jl0506.aspx


北朝鮮は猛反発し、アメリカとの接触ルートである「ニューヨーク・チャンネル」(国連代表部窓口)を完全遮断すると通告しました。さらにミサイルを発射し、核実験を行う構えも見せています。


金正恩への制裁は、国務省報道官が認めているように、他国の政府や金融機関に北朝鮮取引を見直させることが目的の一つです。カービー報道官はハッキリと、
「私たちが行動をとると、つまり誰かを制裁リストに載せると、世界中に波紋を投げかけ、諸外国や国際機関また金融機関が北朝鮮との関係を考え直すインパクトを発生させます」「私が言いたいのは、結果として大きな経済的コストが発生するということです」
と述べています。下記で記者とのやり取りをご覧いただくことができます。
http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2016/07/259402.htm


またカービー報道官は、「意図しない否定的結果を生む可能性について考慮したか?」との報道陣の質問に対し、
「私たちはこうした決定をするとき、可能な限り多くの事情を考慮します。むろん慎重に審議しました。しかし、もし座ったまま何も言わず何もしなければ、彼(金正恩)に完全に誤ったメッセージを送り、自国民に対し行っている邪悪な行為を続けるよう奨励する結果を生みかねません」
と述べています。


アメリカはやっと気づいたようです。北朝鮮の問題は、脅迫に怯むことなく徹底的に制裁をかけ、体制崩壊か完全屈服を引き出す以外に解決方法はないのです。遅れれば遅れるほど、北朝鮮に時間稼ぎを許し、脅威が増加します。そして中途半端は、北朝鮮に誤ったメッセージを送り逆効果になるだけです。
アメリカの覚悟を歓迎したいと思います。

93d082fa.jpg
国連・アメリカ政府認定の凶悪犯罪者



★ モンゴルに北朝鮮労働者1000人以上!


さて、7月中旬にASEM(アジア欧州会合)の舞台となり、世界各国の首脳が集まったモンゴルですが、多くの北朝鮮奴隷労働者を雇用しています。7月7日にウォール・ストリート・ジャーナルは、「モンゴルの首都ウランバートルで、北朝鮮人1000人以上が工場や建設現場、レストラン、医療施設などで働いており、本国の金正恩体制への送金に貢献している」という記事をタイミングよく出しました。下記で日本語版をご覧いただけます。
http://jp.wsj.com/articles/SB11799496104607273993204582182004009889134


私のほうではモンゴル大統領、外務大臣、国連大使、駐日・駐米・駐韓大使に書簡とメールを送り、安保理決議やILO条約に違反するので、すぐに北朝鮮労働者を送還するよう求めました。


北朝鮮労働者の賃金支払いは、本年採択された安保理決議2270号に違反します。賃金のほとんどは北朝鮮の39号室に送金されますが、安保理決議は39号室を制裁対象に指定し、一切の金融取引を禁じています。当然のことながら、フロント企業も含まれます。また北朝鮮労働者は奴隷状態で働かされているので、モンゴルが批准しているILO(国際労働機関)の各種条約に違反します。さらに北朝鮮労働者は現金の運び屋をやらされていますが、安保理決議2094号(2013年採択)はそうしたマネーロンダリング行為への徹底取締りを求めています。見て見ぬふりは許されないのです。


国際法遵守の姿勢は、日本政府が諸外国をみるとき重視している事柄です。鈴木宗男議員が平成18年に提出した質問主意書で「国家承認の要件如何」と問うたのに対し、政府は「国の権利義務に関する条約」が定める要件のほかに、「我が国としては、当該主体が国際法を遵守する意思と能力を有しているかについても考慮することとしている」と答弁しました。要は、国際法を遵守しない国は新規に国家承認しない、ということです。これは北朝鮮の国家承認に関する質問主意書なので、北朝鮮が国際法を遵守する意思と能力を明確にしない限り、国交正常化は決してありえない、という内閣の決定でもあります。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/164322.htm


首脳会議開催を機に、モンゴルには国際社会の一員として責任ある行動をとっていただきたいと思います。国際法違反は許されません。ただちに北朝鮮労働者を送還するとともに、暴力団交遊のような対北関係を断つべきです。

mongolian parliament
モンゴルの議会(画像:クレムリン)


ここであなた様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。モンゴルの外務大臣、ニューヨークとジュネーブの国連大使、駐日・駐米・駐韓大使にメールを送って、国際法違反をやめるよう訴えていただきたいのです。例文をコピーするだけなら1分でできます。


例文では、アメリカによる金正恩制裁にも触れました。アメリカを敵に回してまで北朝鮮に利益供与するメリットがあるかどうか、モンゴル政府には真剣に検討いただきたいと思います。

それでは皆様、よろしくお願いいたします。



送り先
info@mfa.gov.mn, mongolianmission@twcmetrobiz.com, mongolie@bluewin.ch, tokyo@mfa.gov.mn, washington@mfa.gov.mn, ambassador@mongolianembassy.us, seoul@mfa.gov.mn,

例文
件名:Violation of UNSC resolutions など(タイトルは個々別々のほうがいいので、できれば変更してください)

本文:
Your Excellency,

Congratulations for the success of ASEM in Mongolia. Now that Mongolia is a trusted player in the international community, compliance with the international law is important than ever before.

I respectfully urge that Mongolia expels all North Korean slave labourers immediately in line with UN Security Council resolutions and the International Labour Organization (ILO) Conventions. The Wall Street Journal reported on 7 July that there are more than 1,000 North Korean slave labourers in Mongolia helping to keep money flowing to the regime at home.
http://www.wsj.com/articles/north-koreas-lucrative-labor-exports-come-under-pressure-1467916815

As the Guardian report on November 2014 and other reliable reports say, the salary of North Korean workers goes to Office 39 that is designated for sanctions by UNSCR 2270 (2016).
https://www.theguardian.com/global-development/2014/nov/07/qatar-north-korean-forced-labour
http://www.un.org/press/en/2016/sc12267.doc.htm
Paragraph 8 (d) of UNSCR 1718 (2006) decided that all UN Member States must: “ensure that any funds, financial assets or economic resources are prevented from being made available by their nationals or by any persons or entities within their territories, to or for the benefit of such persons or entities;”
This means that the Mongolian government has the duty to prevent Mongolian companies from making payments to North Korean front companies or front organizations.
http://www.un.org/press/en/2006/sc8853.doc.htm

Mongolia has been a member of ILO since 1968 and ratified all eight ILO Fundamental Conventions. There may be multiple interpretations on ILO Conventions but the use of North Korean workers at least violates 1998 Declaration of Fundamental Principles and Rights at Work which stipulated that: “Declares that all Members, even if they have not ratified the Conventions in question, have an obligation arising from the very fact of membership in the Organization to respect, to promote and to realize, in good faith and in accordance with the Constitution, the principles concerning the fundamental rights which are the subject of those Conventions,”
http://www.ilo.org/declaration/thedeclaration/lang--en/index.htm
The US State Department’s Trafficking in Persons Report 2016 has made it clear: “Many North Korean government-contracted laborers in foreign countries also face conditions of forced labor.”
http://www.state.gov/j/tip/rls/tiprpt/2016/index.htm
The CIA World Factbook stated: “many North Korean workers recruited to work abroad under bilateral contracts with foreign governments are subjected to forced labor and reportedly face government reprisals if they try to escape or complain to outsiders;”
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/kn.html

Mongolia has an international obligation to crack down on North Korea’s money laundering and WMD financing. A report published by South Korea’s government-backed think tank the Asan Institute for Policy Studies stated: “According to the testimony of laborers gathered by the Asan Institute, returning workers also act as mules to carry hard currency earnings back to North Korea, violating the bulk cash ban imposed by the international community to sanction North Korea for its proliferation activities. This implies that North Korea's labor exports lie at the intersection between grave human rights violations and North Korea's WMD program. Accordingly, such human rights violations help perpetuate and support the country's illicit activities and its development of nuclear weapons. ... Their testimonies show that the horrific labor conditions North Koreans suffer overseas are tantamount to slavery, in violation of international law.”
http://en.asaninst.org/contents/asan-report-beyond-the-coi-dprk-human-rights-report/

Paragraph 14 of UNSCR 2094 (2013) stipulated: “Expresses concern that transfers to the DPRK of bulk cash may be used to evade the measures imposed in resolutions 1718 (2006), 1874 (2009), 2087 (2013), and this resolution, and clarifies that all States shall apply the measures set forth in paragraph 11 of this resolution to the transfers of cash, including through cash couriers, transiting to and from the DPRK so as to ensure such transfers of bulk cash do not contribute to the DPRK's nuclear or ballistic missile programmes, or other activities prohibited by resolutions”.
http://www.un.org/press/en/2013/sc10934.doc.htm

The Financial Action Task Force (FATF) has again placed North Korea (DPRK) on the top of its blacklist. In its Public Statement on 24 June, FATF urged all jurisdictions to “advise their financial institutions to give special attention to business relationships and transactions with the DPRK, including DPRK companies, financial institutions, and those acting on their behalf. In addition to enhanced scrutiny, the FATF further calls on its members and urges all jurisdictions to apply effective counter-measures, and targeted financial sanctions in accordance with applicable United Nations Security Council Resolutions, to protect their financial sectors from money laundering, financing of terrorism and WMD proliferation financing (ML/FT/PF) risks emanating from the DPRK.”
http://www.fatf-gafi.org/publications/high-riskandnon-cooperativejurisdictions/documents/public-statement-june-2016.html

The US Department of the Treasury’s Office of Foreign Assets Control (OFAC) designated North Korean leader Kim Jong Un for his ties to North Korea’s notorious abuses of human rights, including forced labour and abduction, and it would be suicidal for any country to be seen as an ally of the pariah state. The US State Department spokesman John Kirby said in a press briefing on 6 July that: “when we put somebody on a special designation list like this, it does reverberate around the world and it can have an impact on the way other countries or other international bodies and financial institutions consider doing business.”
http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2016/07/259402.htm

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)



083dab96.jpg
たへがたき暑さにつけていたでおふ 人のうへこそ思ひやらるれ
(明治天皇御製)

日露戦争で負傷した将兵を思いやられて

プロフィール
アーカイブ
QRコード
QRコード

にほんブログ村 政治ブログへ

  • ライブドアブログ