加藤健の「天を回せ! ロビー活動で挑む」

一般国民が国際政治を動かすための具体的方法論

金正日の弱点、秘密口座を狙え! EUが動いた!

★EUが強硬制裁!

金正日秘密口座凍結プロジェクトにご参加いただいている皆様、新年早々良いニュースです! EUが動きました!

もうご存知の方も多いと思いますが、1222日に改正EU規則(Council Regulation 1283/2009)が採択され、北朝鮮ナンバー2の張成沢(チャン・ソンテク)、人民武力部長・金永春(キム・ヨンチュン)、外貨獲得機関39号室室長・金東雲(キム・ドンウン)らの資産は発見次第ただちに凍結されることになりました。この内容は国連制裁よりはるかに強力なものです。

 

張成沢

EU規則(Council Regulation)とはEC条約249条で定められたもので、採択されると全27加盟国に直接適用され、法として施行されます。加盟国国会の承認もいらないし、加盟国の法律より優先されます。つまり加盟国ルクセンブルクの法律が銀行機密保護を定めていても、EU規則が採択されたので機密保護対象外となり、銀行に通報・凍結義務が生じるのです。今回の凍結リストに金正日の名は掲載されていませんが、最高幹部が名を連ねた以上、金正日自身の資産についても当然にマネーロンダリング通報の対象と判断されます。

私たち日本の草莽が、手紙と熱情だけを武器に国際政治を動かしてやろうというこの途方もない挑戦は、着実に北朝鮮を追い込んでいるのです!


★欧州委員会総局長から書簡が届く!

今回遠く離れたヨーロッパでこれほど強硬な制裁が実現した背景には、私たちが一生懸命送ったメール、ファックス、手紙も影響しています。

実は改正EU規則採択前の1211日付で、欧州委員会対外総局のヴァレ・デ・アルメイダ総局長から書簡をいただきました。内容は驚くほど前向きなもので、改正EU規則が採択前の最終段階にきていることを明らかにし、施行されたら強力な対北朝鮮制裁が「ルクセンブルクを含めた全EU加盟国の全法人に、完全かつ直接的に適用される」と明確に述べています。

そして書簡のコピーと、私が送った要請文のコピーを、駐EUルクセンブルク大使に送ったことを明らかにしています。これは私たちの訴えに理解を示すと同時に、ルクセンブルクに対する「ちゃんとやれ!」というメッセージなのです。欧州委員会は私たちの訴えに全面的に賛同してくれています。

それもそうだと思います。ルクセンブルクは銀行機密保護と利子課税ゼロ政策で脱税マネーを呼び寄せているとEU域内で問題になり、個人の利子課税についてやっと数年前に妥協が成立したばかりです。しかし信託(トラスト)などの法人は適用外のうえ、預金者の身元はいまだ銀行機密の厚い壁に守られています。その銀行機密保護が独裁者のマネーロンダリングに悪用されている疑惑があれば、欧州委員会が厳しい姿勢を見せるのも当然です。


★ルクセンブルクは逃げる気か!

改正EU規則採択の翌日、ルクセンブルクは一応監督下の金融機関に通達を出しました。英語版が下記です。

http://www.cssf.lu/uploads/media/cssf09_430eng.pdf
しかしそれにしても何という薄さ! たったの2ページです。制裁対象の名前は一つも書いてありません。

比較のためイギリス財務省が出した下記通達をご覧ください。

http://www.hm-treasury.gov.uk/d/fin_sanctions_nkorea301209.pdf
ロンドンのシティに北朝鮮の秘密口座がないことは明らかですが、それでも7ページにわたるブラックリスト付の通達を出しているのです。しかも下記のように、「参照せよ」と当該規則を財務省ホームページに掲載しているのです。無意味と知りつつこれだけやるほど、金正日のマネーロンダリングは重大な犯罪なのです。
http://www.hm-treasury.gov.uk/d/council_regulation_ec_1283_221209.pdf
ルクセンブルクは意図的にチャチな通達を出したと疑われても仕方がありません。少なくとも受け取った金融機関側は、「当局は本気じゃないな」と判断します。

タックスヘイブンは特殊な世界で、機密保護を売りにグレーなカネを集めないと競争に敗れるという本音と、「クリーンな国際金融センター」という建前が共存しています。そして建前が維持できるギリギリの線まで、怪しいカネには目を瞑るというのが本当のところです。もちろんブラックな犯罪収益はお断りですが、それを厳しく言い過ぎて銀行機密保護が緩んだ印象を与えると兆円単位の資金が流出するので、最優先課題は「口が堅い」という評価を守ることなのです。

そうした本音と建前は監督を受ける銀行側もよく理解しており、当局と利害が一致しています。タックスヘイブンにおいては、「いますぐ北朝鮮関係の記録を全部提出しろ! 今度は本気だぞ! あとでバレたら免許取消だからな!」くらいの通達を出さなければ銀行は調査しないのです。

(銀行機密については、昨年820日に解説させていただきました)

本ブログ2009年8月20日付記事


★ルクセンブルク当局に重大さを知らせよう!

私のもとには1221日付で、ルクセンブルク政府のジャン・ル・シウェック1等顧問官からユンケル首相の代理として書簡が届いています。内容は簡単にいえば、「マネーロンダリング対策の法律はちゃんとありますよ」といったところです。残念ながら、実際の施行・取締に向けた熱意は全く感じられませんでした。
昨年10
5日にご紹介した、スイス外務大臣およびマネロン取締責任者から届いた書簡とは天と地ほどの違いです。

本ブログ2009年10月5日付記事

 

シウェック1等顧問官には再び要請文を送り、「金正日のカネを隠している銀行は大量飢餓殺人の共犯であり、これは人道に対する罪を構成する」「あとで判明したら第二次世界大戦後のナチ協力者同様の厳しい結果が待っている」と非常に厳しい表現で徹底調査を求めました。
昨年数ヶ月かけて世界各国の議員に800通の航空便と2000件のメールを送ってルクセンブルクに圧力をかけるよう要請しましたが、だんだん後になって表現が厳しくなっていきました。

ここであなた様にお願いがあります。極寒の地で助けを待つ同胞を救うため、少しだけお時間をください。駐日ルクセンブルク大使に手紙やファックスやメールを送って、改正EU規則で義務化された北朝鮮制裁を徹底的に実行するように求めていただきたいのです。銀行が通報してくるのを座して待つのでなく、過去15年間の北朝鮮関連取引を全て報告するよう強く命令すべき、と日本語で迫ってください。駐日大使館なら日本語で大丈夫です。

102-0081
東京都千代田区四番町8-9
ルクセンブルクハウス1F
駐日ルクセンブルク大公国特命全権大使
ポール・シュタインメッツ閣下
TEL: 03-3265-9621
FAX: 03-3265-9624
メール:
http://www.luxembourg.or.jp/req/index.html


本国政府へもメールをお願いします。

件名: Money Laundering in Luxembourg
本文: Dear Prime Minister Juncker,
We urge the Luxembourg government to aggressively apply
the Council Regulation (EU) No 1283/2009 of 22 December 2009 by ordering all financial institutions to report all financial transactions relating to North Korea in the past 15 years.

Yours sincerely,
あなた様のお名前

ルクセンブルク政府コンタクトフォームはこちら
http://www.gouvernement.lu/functions/contact/index.php
Nomはファーストネーム、Prénomは姓、Paysは国)


金正日の4000億円といわれる秘密資産が凍結されたとき、歴史が動きます。彼は国民を数百万人餓死させても何とも思わない男ですが、自分の虎の子を押さえられたら降参するしかありません。いまの状況だと、そのカネがないと権力を維持できないからです。放っておいたらクーデターで殺されかねません。
金正日に、「ボクのお金返して! 拉致被害者も日本人妻も全員返すし、核もやめるから」とお願いさせようではありませんか!

皆様、凍結までもう一歩です。ほんの3分だけ時間を割いてください。よろしくお願いします。


★在宅ロビー活動は北朝鮮に効く!

さて、日本の草莽が外国政府や議員に手紙、ファックス、メールで訴えていく「在宅ロビー活動」は本当に効果あるのだろうかと、疑問に思う方もおられると思います。

結論からいえば、テーマ次第です。
例えばアメリカの医療保険問題で日本人が一生懸命訴えても、ほとんど効果ないと思います。アメリカの議員事務所はその問題で何千人もの有権者から働きかけを受けていますし、そもそも日本人は有権者でないからです(それでも信ずるところがあれば訴えるべきだと私は思いますが)
しかし北朝鮮問題は違います。効果があります。なぜなら、欧米は北朝鮮にさほど関心を持っておらず、決定的に知識が不足しているからです。遠い東(Far East)の何だかよく分からない問題なのです。欧米で暮らしたことがある方なら、日本と韓国の違いが分からない人が大勢いることをご存知だと思います。

そうした知られていないテーマでは、少数の在郷ロビイストが国際政治に大きな影響を与えられる可能性があります。例えば一説によると、38度線はアメリカの若い将校2人が19458月に呼ばれて分割方法を聞かれたとき、地図が手元になかったので「そんじゃあ北緯38度の線にしたらどうですか」とテキトーに答えて決まったといいます。もしその場にあなた様が居合わせて、地図や今後の見通しをもとに違う線を提言したら、「じゃあ、やっぱりそれにするよ。ありがとう」となっていたかも知れません。

重要な決定はすべて十分な検討の上なされているとは限りません。決定権者の気まぐれや知識不足から、大勢の人の運命を暗転させる決定がなされることもあります。例えば武道通信かわら版720日号で、イギリス外務省が失礼ながら基礎的な知識不足によるとしか思えない幼稚な北朝鮮認識を持っていることを報告させていただきました。

http://archive.mag2.com/0000036568/20090720072000000.html
もしイギリスがその幼稚な認識をもとに金正日政権支援を行なえば、私たちの同胞は生きて日本に帰れないのです。それどころか北朝鮮の大量破壊兵器拡散によって、ロンドンでテロが起きて何万人も犠牲になる可能性すらあるのです。

北朝鮮問題は、欧米で正しい知識が普及していない分野の最たるものです。あなた様の1通のメールが決定権者の目を開かせ、国際情勢を一変させることがありえるのです。

さあ、いますぐメールを出してください。あなたの助けを待つ人がいます。

この方法で金正日に怒りの声が届く!

★怒りの声を届けよう!

金正日に、拉致問題や日本人妻問題で直接怒りを伝えたい思ったことはありませんか?
考えたことはあっても、方法が分からないので諦めていた方が多いのではないでしょうか。

実は金正日の指令を逆手にとって、あなたが書いた日本語の手紙を北朝鮮外務省に翻訳させて、金正日に読ませる方法があるのです! さらに金正日の腹心に、いますぐ電話を入れて厳しく叱ることもできるのです! ぜひ最後までお読みください。そして今すぐ実行してみてください。


★こんなに簡単!

まず今すぐできる電話作戦から説明します。
金正日の側近に、スイス駐在の李徹(イ・チョル)大使がいます。李徹は忠誠心が強いとして信頼され、秘密口座の管理を任されています。金正日と直接話し、裸の美女が踊るパーティーで一緒にヘネシーXOを飲むことができる有力者です。この男の報告は、当然のことながら金正日に影響を及ぼします。

その李徹に直接電話し、あなたの怒りを伝えることができるのです! 連絡先は下記の通り。

北朝鮮国連代表部(ジュネーブ)
電話番号 41-22-735-4370

国際電話に慣れていない方のために解説しておきますと、ご自宅の電話からまず001-010KDDIをダイヤルしてください。その次に上記の番号をダイヤルするだけです。41はスイスの国番号、22はジュネーブの市外局番、735-4370が番号です。すぐつながります。
http://www.001.kddi.com/
携帯電話からかけることもできます。NTTドコモであれば、010をダイヤルしてから上記をダイヤルするだけです。あなたの携帯からいつでもどこでも、金正日の腹心か、少なくともその直属部下に電話できるのです。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/worldcall/index.html

電話すると夜中でも英語を話す中年の男が出ます。別に英語や韓国語を話す必要はありません。日本語で怒りを伝えたらいいのです。「返せ!返せ!」と大勢の人から電話がいけば(というよりこれからいきます)、「カエセ」が何を意味するか向こうで調べるでしょう。そしてあなたの断固たる口調から、日本は拉致問題で絶対に妥協しないと肌で感じ取るでしょう。その旨は金正日に報告されます。

ニューヨークの代表部にも電話を入れましょう。ここは本国と緊密に連絡をとっており、金正日は報告書を熟読しています。ニューヨークの北朝鮮外交官に「拉致被害者と日本人妻を全員返さない限り絶対に国交正常化はない。1兆円もらい損ねる」と実感させる意味は大きいのです。

北朝鮮国連代表部(ニューヨーク)
電話番号 1-212-972-3105

なお、通話記録が残ると気味が悪いという方は、国際電話プリペイドカードを使う方法があります。コンビニや金券ショップで売っているKDDIスーパーワールドカードは、0055に電話してから暗証番号を入力して電話するシステムです。ご自宅の回線には0055に電話した記録しか残りません。この方法なら職場からでも公衆電話からでも電話できます。

善は急げといいます。今すぐ電話を入れてください。


★あなたの文章を金正日が読む!

それでは次に、あなたの書いた日本語の抗議文を金正日に読ませる方法について説明します。これも簡単で、北朝鮮代表部にファックスを送るだけです。ただ以下の3点は実行してください。

1 金正日の画像をコピー&ペーストして入れる。画像はGoogleの画像検索で「金正日」と入力すればすぐ見つかります。
http://images.google.co.jp/
2 見やすい場所に、”Important message to Chairman Kim Jong-Il”と英語で入れる。「金正日委員長宛重要メッセージ」という意味です。
3 金正日宛の手紙という形式にする。

送り先ファックス番号
国連代表部(ジュネーブ) 41-22-786-0662
国連代表部(ニューヨーク) 1-212-972-3154

まず1についてですが、ご想像の通りです。北朝鮮では金正日の画像が入った文書を粗末に扱うことはできません。画像を入れるだけで、あなたの送ったファックスはご神体のように扱われるのです。もしもあなたの抗議文を見て「ケツ拭く紙にもならねえ!」とビリビリに破く軽率な外交官がいたら、過酷な運命が待ち受けています。

次に2、3についてですが、金正日の指令を逆手にとったものです。数多くの脱北者の証言から、北朝鮮で金正日に関わることは細大漏らさず報告せよという指令が出ていることが分かっています。在外公館としては英語で「金正日委員長宛重要メッセージ」と書かれている以上、日本語部分をまったく読めなくても本国に送らなければなりません。そして受け取った平壌の北朝鮮外務省は「仕事増やしやがってチョッパリ(日本人に対する侮蔑語)め!」と怒りながらも、あなたの文章を翻訳して金正日に報告しなければならないのです。

金大中元大統領の政務秘書官だったチャン・ソンミン氏は著書『金正日最後の賭け』の中で、「金正日は自身に関する外国のメディア報道と評判に対し、必ず報告するように指示を下している。結果、“酒と女を好む”と書いてある類の記事までもすべて読んでいるといわれている」と述べています。金正日自身の命令なのです。

金正日が直接読む率をさらに上げるには、喜んで報告したくなる内容にするのも手です。例えば北朝鮮が大好きで日朝国交正常化を熱望する人物のフリをし、「敬愛する将軍様、拉致被害者と日本人妻を全員返さないと、反動分子どもが国交正常化を阻止してしまいます。どうか勇気をお出しください」と訴えるとか(笑

もちろん国家犯罪を糾弾する内容でも、金正日まで届く確率は高いと思います。金正日は日本の世論の動向に間違いなく関心をもっています。彼にとって日朝国交正常化とは、1兆円以上のカネを日本国民から巻き上げることを意味します。その成否を分ける最重要要素に関心がないはずありません。

さあ、いますぐ手紙を書き始めてください。あなたの助けを待つ人がいます。

(以下は北朝鮮外務省へのメッセージ。日本の皆様には関係ありません。「将軍様のお写真が入った紙には将軍様の魂がこもっている。将軍様のお体同様に扱わない奴は謀反を企んでいる。それから手紙を全部翻訳して将軍様に渡さない奴は、将軍様直々のご命令に背く悪逆非道の反逆者だ。労働教化刑は厳しいぞ!」)


★秘密口座凍結の訴えもいま一度!

前回まで呼びかけさせていただいた、金正日秘密銀行口座凍結の訴えもいま一度お送りいただけると幸いです。下記をご覧ください。

本ブログ2009年11月20日付記事
私は欧州議会だけに書簡を送る予定でしたが、イギリス議会とドイツ議会にも送りたくなって結局600通以上航空便を出しました。

これから大きな動きがあります。秘密口座が凍結されれば、歴史を変えるくらいのインパクトがあります。ぜひこちらにもご参加ください。


★信頼は裏切れない

寒い季節となりました。ピョンヤンは毎日氷点下です。拉致被害者や日本人妻は、どんな思いで過ごしているのだろうかと思うことがあります。

きっと楽しい日本の正月を思い出しているに違いありません。目を閉じれば、おせち料理を食べながら家族で歓談したあの日の情景が浮かび上がることでしょう。お年玉をもらって親戚の子と遊んだり、祖父母に成長を褒められたりした幸せな日々を懐かしく思い出していると思います。

しかし目を開けると、そこは世界最凶最悪の独裁者が支配する地獄の大地。何の落ち度もないのに囚われの身となっている現実を嫌でも思い知らされます。年老いた両親は元気だろうか、子供はどうしているだろうかと、考え出すと気が狂いそうになるはずです。

そんなとき、「日本は決して自分を見捨てない。必ず助けに来てくれる」と自分に言い聞かせているに違いないと、私は思うのです。その信頼を胸に、自殺を思いとどまった人もいるに違いありません。

私たちはこの信頼を絶対に裏切ることはできない。絶対に同胞を見捨てることはできない。
いますぐ、電話、ファックスを入れてください。よろしくお願いします。

 

金正日の弱点、秘密口座を狙え! 何度も訴えよう!

★アメリカ下院外交委員会から公式回答が届いた!

金正日秘密口座凍結プロジェクトにご参加いただいている皆様、お疲れ様です。このたび私たちあてに、アメリカ下院外交委員会アジア太平洋・地球環境小委員会のファレオマバエガ委員長から署名入りの公式回答が届きました。この件はアメリカの宣伝放送局であるラジオ・フリー・アジア(しおかぜのアメリカ政府版のようなもの)が取り上げてくれて、下記ページに画像が出ています。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/nk_fund_chase-11132009155907.html

2ページにわたる回答は、まず北朝鮮の行動が北東アジアの緊張を高めたとともに、ミサイル・核兵器技術の進歩や核分裂性物質の生産によって敵性国家やテロ集団への拡散可能性を高めたと強い警戒感を示しています。その上で「過去に金融制裁は北朝鮮の行動に明らかにインパクトをもたらした。今後も重要な外交手段であり続けるし、あり続けなければならない」とその重要性を明記しています。最後の方で「伝えられるところでは、アメリカ政府はさらなる北朝鮮金融制裁を検討しているようである」と、より一層強力な制裁で圧力をかけていることを示唆しています。これは恐らく、私たちが目指している金正日秘密銀行口座の凍結のことでしょう。

さらにアメリカ国務省朝鮮課のカート・トン課長からも署名入りの書簡が届いています。9月に送った要請文への謝辞ではじまる書簡は、国連安保理決議1874について述べたのち「核開発に終止符を打たせようとする一方、アメリカは北朝鮮の人権状況も深く憂慮している」と人権問題に触れています。そして人権はアメリカの最優先課題の一つだと明記しています。
実はヨーロッパやアメリカに送った要請文で、国務省人権報告書や人身売買報告書から多数の引用をさせてもらいました。あの報告書は非常に引用しやすく、よくできています。国務省の北朝鮮人権問題への取り組みは、今後状況が変わっても継続していただきたいものです。

このように続々と回答が届いていることは、私たちの戦略が正しいことを立証しています。引き続きメール、手紙やファックスによる在宅ロビー活動を継続していただきたくお願いします。


★何度も訴えよう!

前回、欧州委員会に要請して、金正日秘密口座を調査するようルクセンブルク政府に勧告してもらおうと呼びかけさせていただきました。まだご覧になっていない方はぜひクリックしてください。

本ブログ2009年11月5日付記事

 

どうかいま一度お送りください。同じ方が何度送ってもいいのです。時間は3分もかかりませんので、いますぐお送りください。


件名: Request for Committee Recommendation
本文: I hereby respectfully request that the European Commission issue a Recommendation to the Luxembourg government urging them to launch an investigation into North Korean dictator Kim Jong-Il’s money laundering.

Yours respectfully,
あなた様のお名前


送り先
バローゾ委員長

http://ec.europa.eu/commission_barroso/president/contact/mail/index_en.htm
司法・自由・安全担当 バロ副委員長
http://ec.europa.eu/commission_barroso/barrot/welcome/on-lineform/default_en.htm


ところで前回と違って、企業・産業担当のフェアホイゲン副委員長が抜けていることに気づいた方もおられると思います。実はフェアホイゲン副委員長のスタッフから連絡があり、この件は司法担当のバロ副委員長の管轄になるので要請文を転送したとのことでした。
これは一見たらい回しのようにも見えますが、私は本質を理解しているなと思いました。つまり租税回避に関わる銀行機密の問題なら企業・産業担当副委員長の責任範囲ですが、金正日のマネーロンダリングは完全に犯罪なので、もはや銀行監督の問題でなく司法の領域だということです。犯罪なら徹底的に捜査して摘発しなければなりません。欧州委員会には厳しい姿勢で臨んでもらいたいと強く願っています。

(銀行機密については、
2009年8月20日の呼びかけの後半で解説させていただきました)

本ブログ2009年8月20日付記事

 


★日本語でも訴えられる!

前回書きませんでしたが、実は日本語で訴える方法もあります。日本語が通じる東京の欧州委員会代表部に送ればいいのです。英語が苦手な方でもこれなら大丈夫!
在宅ロビー活動は、教養ある大勢の市民がそれぞれの視点、論点で個別に訴えていくことで効果が高まります。日本語ならドンドン書けると思いますので、ルクセンブルクに勧告を出すよう懇々と説得してください。お送り先は下記の通りです。


102-0075
東京都千代田区三番町9-15 ヨーロッパハウス
駐日欧州委員会代表部大使
ヒュー・リチャードソン閣下

ファックス 03-3261-5194
送信フォーム
http://www.deljpn.ec.europa.eu/modules/about/contact/


リチャードソン大使はイギリス出身の方です。ちなみにイギリスは、ルクセンブルクが銀行機密を盾に脱税マネーの隠し場所を提供していることを快く思っていません。また英国王室領にもガーンジー島、マン島、ジャージー島というタックスヘイブンがありますが、これらの地域を名目とする金融取引の多くは、実はロンドンのシティで行なわれています。シティとルクセンブルクは客を取り合うライバルであり、ルクセンブルク銀行機密の壁を崩すことはイギリスの国益に適っているのです。
もちろんEUの官僚(ユーロクラット)はEU全体の利益を考えて行動することになっていますので、説得はEUの観点が重要です。金正日のマネーロンダリング疑惑は、ナチを台頭させてしまった歴史を持ち、人権を柱とするEUとしては決して看過できないはずです。また拉致被害者の中には9名のEU出身者がいますし、EUも北朝鮮核拡散の脅威に晒されています。何よりも重大な犯罪行為です。ルクセンブルクが金正日マネロン疑惑を調査すべきなのは当然のことです。
リチャードソン大使がブリュッセルの本部に意見してくれるかどうかは、あなた様の説得力にかかっています。理を尽くし、情に訴え、勧告を出すよう説得してください。お互いがんばりましょう。


最近すっかり寒くなりましたが、北朝鮮はもっと寒いと思います。北朝鮮にさらわれた私たちの同胞は、いま寒さに震えながら助けを待っています。同じ血が流れる日本人として、絶対に見殺しにできない! やれることは何でもやろうではありませんか!

プロフィール
アーカイブ
QRコード
QRコード

にほんブログ村 政治ブログへ

  • ライブドアブログ