加藤健の「天を回せ! ロビー活動で挑む」

一般国民が国際政治を動かすための具体的方法論

金正日の弱点、秘密口座を狙え! 捜査開始か?!

★ルクセンブルクで捜査開始か!

金正日秘密口座凍結プロジェクトにご参加いただいている皆様、すばらしい情報が入りました! 金正日口座への捜査が開始されたようです!

今週ルクセンブルク政府のジャン・ル・シウェック一等顧問官から、ユンケル首相の代理として2度目の書簡をいただきました。その中で北朝鮮マネーロンダリングに関し、「ルクセンブルク検察庁はその独立した地位ゆえ、捜査中の事件の詳細を政府に報告することはありません。そのため私は、これ以上の情報を提供できる立場にありません」と意味深なことが書かれています。1度目の書簡の内容を考えると、これは捜査開始を示唆していると見て間違いないでしょう。手紙は下記でご覧いただけます(サイン部分は消しています)

http://www.budotusin.net/cbbs02/file/1265289168.jpg

こうした公式文書は、行間を読まれ、メディアや外国政府に回覧されることを前提に慎重に書かれます。実際この書簡も、私が接触している議員やメディアにすでに転送されています。外交の世界は外交官同士がそれとなく意向を伝え合うことで成り立っていますので、ヨーロッパの政府高官が誤解を生むような表現をウッカリ書く可能性は極めて低いです。捜査が開始されたとみて間違いありません!

私たちが各方面に繰り返し行った在宅ロビー活動が、ついに効果を発揮したのです! ルクセンブルクは周辺国政府から銀行機密問題で繰り返し圧力をかけられてきましたが、民間からの圧力には慣れていません。私たち日本の草莽が動いたことで、外交ルートの圧力とは一味違うプレッシャーがかかり、「スキャンダルに発展しかねない!ヤバい!」と思わせることができたのです。在宅ロビー活動は意外と効果あります。引き続きがんばりましょう!

(銀行機密については、昨年820日に解説させていただきました)

本ブログ2009年8月20日付記事

 


★イギリス上院議会の本会議で取り上げられる!

2
2日にはイギリス上院議会で、アルトン卿が北朝鮮問題について質問してくれました。質疑の内容は下記の議会ホームページでご覧いただくことができます。

http://www.publications.parliament.uk/pa/ld200910/ldhansrd/text/100202-0002.htm#10020253000436

この中で私の求めに応じて、マネーロンダリングについての質問が行われました。答弁は外務担当国務大臣(日本の政務次官に相当)のキノック卿(キノック元労働党党首の妻)が立ち、「もちろん閣下が言及されるマネーロンダリングの問題もあります。ルクセンブルクの関与がいわれていますが、しかしながら政府は現在のルクセンブルクにおけるマネーロンダリング防止体制は法律面・施行面の両面で、国際的に最高水準のものであるとの確証を得ています」と述べています。

これはイギリス政府の以前の見解と異なります。また金融業界の一般的な認識とも異なります。イギリスの国務大臣がこのような答弁を行うからには、捜査の開始など何らかの情報がルクセンブルク政府から寄せられたことは間違いありません。

アルトン卿からはメールをいただき、この質疑の内容とともに「今後情報があればお寄せください」と書かれていました。非常に頼りになる貴族議員です。

一方、イギリス下院議会のマイケル・ムーア議員も政府に北朝鮮問題で質問主意書を提出してくれました。マイケル・ムーア議員は過去にも北朝鮮や中国の問題で質問主意書を出してくださっている立派な先生です。質問と政府の回答は、下記の武道通信無銘刀(掲示板)に掲載してあります。

http://www.budotusin.net/cbbs02/cbbs.cgi

アイルランドではビリー・ティミンズ下院議員が質問主意書を提出してくれて、アイルランド外務大臣から力強い回答をいただいています。これも掲示板に掲載してあります。またオーストラリアのケルビン・トムソン議員も下記の書簡でオーストラリア外務大臣に質問してくれました。こちらはまだ返答がありませんが、近々いただけると思います。
http://www.budotusin.net/cbbs02/file/1265289259.jpg

★正念場はこれからだ!

私たちの在宅ロビー活動によって世界的な広がりを見せている金正日秘密口座問題ですが、捜査が開始されたからといって安心はできません。むしろこれからが正念場です。銀行機密保護を第一とするルクセンブルクが形式的でおざなりな捜査だけして、「北朝鮮資金は存在しませんでした」という「最終結果」を発表してしまう恐れがあるからです。そうなった場合、発表後北朝鮮はマネーロンダリングがやり易くなってしまいます。何としてでも徹底捜査をしてもらう必要があります

私はこれから、ルクセンブルクにあるアメリカ系と日系を除く全銀行に、過去15年間の北朝鮮関連取引をすべて当局に通報するよう求める要請文(警告状に近い)を送ります。しばらくはこの仕事に懸かりっきりになります。

ここであなた様にお願いがあります。極寒の地で助けを待つ同胞を救うため、少しだけお時間をください。前回の繰り返しになりますが、駐日ルクセンブルク大使館と本国政府にメール、手紙やファックスを送って、捜査が徹底的に行われるよう要請していただきたいのです。同じ人が何度送っても構いません。

102-0081
東京都千代田区四番町8-9
ルクセンブルクハウス1F
駐日ルクセンブルク大公国特命全権大使
ポール・シュタインメッツ閣下
TEL: 03-3265-9621
FAX: 03-3265-9624
メール:
http://www.luxembourg.or.jp/req/index.html
(駐日大使あての手紙は日本語で大丈夫です)


本国政府のコンタクトフォームはこちら

http://www.gouvernement.lu/functions/contact/index.php
Nomはファーストネーム、Prénomは姓、Paysは国)

文例
件名: Money Laundering in Luxembourg
本文: Dear Prime Minister Juncker,
We urge the
Luxembourg government to aggressively apply the Council Regulation (EU) No 1283/2009 of 22 December 2009 by ordering all financial institutions to report all financial transactions relating to North Korea in the past 15 years.

Yours sincerely,
あなた様のお名前


秘密口座凍結で金正日を屈服させられるか、それとも捜査が中途半端に終わって北朝鮮を利してしまうか、あなた様の説得力にかかっています。ぜひ日本海海戦の「皇国の興廃この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ」の精神で、ルクセンブルク大使に力強く要請してください。お互いがんばりましょう!

★一番乗りを目指せ!

いま金正日秘密口座を巡って、世界中の諜報機関、財務省タスクチーム、報道機関、国会議員、ジャーナリストなどが熾烈な競争を繰り広げています。それは今から70年前、シンガポール一番乗りを目指してマレー半島を凄まじい速度で駆け抜けた皇軍各部隊の競争のようです。

この熾烈な一番乗り競争に、日本のSomo(草莽)というプレーヤーが加わりました。私たちにはスパイ衛星も盗聴システムもありませんし、現地に行くことさえままなりません。しかし私たちは手紙、メール、ファックスで正論の集中砲火を浴びせる手法で、強烈な圧力をかけることができます。この手法は外国諜報機関には真似できません(すぐバレるので)

金正日秘密口座を凍結は、歴史的な事件となります。凍結一番乗りを果たし、同胞を奪還しようではありませんか!

さあ、いますぐファックスを送ってください! あなたの助けを待つ人がいます。

金正日の金庫番がクビになった!

金正日秘密口座凍結プロジェクトにご参加いただいている皆様、大ニュースです。北朝鮮の外貨獲得およびマネーロンダリングの責任者である39号室室長金東雲(キム・ドンウン)が解任されました。
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100204/kor1002041343000-n1.htm

これについて朝鮮日報は、「金東雲氏の交代について、北朝鮮の事情に詳しい消息筋は、『昨年12月に欧州連合(EU)の制裁リストに名指しされ、スイスなどにある金総書記の海外資金の管理が困難になったためではないか』と分析している」と報じています。

そうです! 私たちが要請し続けたEUによる制裁が効果を発揮したのです!

金東雲は1936年生まれで、金正日の腹心中の腹心です。パスポート番号は554410660という良い番号を特別にもらっています。彼は16年にわたって、金正日の個人資産(宮廷経済)を管理する39号室の室長として君臨してきました。EUの公式文書には、核拡散に関わる資金を管理していると明記されています。
下記ワシントン・ポスト紙記事は亡命者の証言として、保険金詐欺で世界中から騙し取った2000万ドル(18億円)の現金が、毎年216日の金正日誕生日の前の週にシンガポール、スイス、フランス、オーストリアから送られて39号室に納められたと報じています。ちなみに亡命者は、「保険金詐欺は北朝鮮で最高の職業の一つでした。大勢の人がやりたがっていました」とも証言しています。

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/06/17/AR2009061703852.html

金東雲のもとに、私たち草莽の動きが報告されているのは間違いないでしょう。いまごろ「チョッパリ! ウェノム! イルボンノムドル!」と日本人を侮辱する言葉をわめいているかも知れません。
しかし彼が分かっていないのは、本番はいよいよこれからだ、ということです。

金正日のカネを預かるヨーロッパのプライベートバンカーは、北朝鮮の特権階級でもなければ、家族を人質に取られている訳でもないし、ましてや洗脳などされていません。彼らはペイするビジネスとして、金正日の秘密資金を預かっているだけなのです。

ヨーロッパのプライベートバンク(日本でいうと証券会社個人部門に近い)の一任勘定口座は、信託手数料が積極運用の場合で年間1パーセント代です。仮に40億ドル預かれば50億円近い手数料が毎年入ってくるのです。それに対して専属担当者がついたとしても多くて3人でしょう。
3
人の担当者で50億円もらえるビジネスがどれほど美味しいか、社会人の方ならお分かりいただけると思います。こんな旨いビジネスを手放したい銀行があるはずありません。

ところが刑事事件に発展するなら別です。プライベートバンカーはエリートです。一流大学院を出て、それなりの収入があり、地域社会では尊敬されています。どんなに儲かっても刑務所には行きたくありません。それに銀行がアメリカ財務省の制裁を受けてしまったら、倒産の恐れもあります。

バンカーたちは北朝鮮情勢を固唾を呑んで見守っています。そして「このままだと体制が崩壊してマネーロンダリングを手伝ったことがバレてしまう! ヤバい!」と思ったら、迷わず当局に通報して秘密資産を凍結します。金正日と心中する気などサラサラないのです。

今回の金東雲解任は、彼らに「いよいよ危なくなってきたぞ」という印象を与えたことでしょう。だいぶ心が揺れていると思います。いまごろ銀行の会議室で対策会議をやっているかも知れません。

金正日秘密口座凍結まで、あと一歩のところまできました! 引き続き、ルクセンブルク大使館にファックス、手紙、メールを送ってください。

アメリカが北を核保有国として承認してしまう前に、何としてでも口座を凍結する必要があります。祖国の命運が懸かっています。がんばりましょう!

金正日の弱点、秘密口座を狙え! EUが動いた!

★EUが強硬制裁!

金正日秘密口座凍結プロジェクトにご参加いただいている皆様、新年早々良いニュースです! EUが動きました!

もうご存知の方も多いと思いますが、1222日に改正EU規則(Council Regulation 1283/2009)が採択され、北朝鮮ナンバー2の張成沢(チャン・ソンテク)、人民武力部長・金永春(キム・ヨンチュン)、外貨獲得機関39号室室長・金東雲(キム・ドンウン)らの資産は発見次第ただちに凍結されることになりました。この内容は国連制裁よりはるかに強力なものです。

 

張成沢

EU規則(Council Regulation)とはEC条約249条で定められたもので、採択されると全27加盟国に直接適用され、法として施行されます。加盟国国会の承認もいらないし、加盟国の法律より優先されます。つまり加盟国ルクセンブルクの法律が銀行機密保護を定めていても、EU規則が採択されたので機密保護対象外となり、銀行に通報・凍結義務が生じるのです。今回の凍結リストに金正日の名は掲載されていませんが、最高幹部が名を連ねた以上、金正日自身の資産についても当然にマネーロンダリング通報の対象と判断されます。

私たち日本の草莽が、手紙と熱情だけを武器に国際政治を動かしてやろうというこの途方もない挑戦は、着実に北朝鮮を追い込んでいるのです!


★欧州委員会総局長から書簡が届く!

今回遠く離れたヨーロッパでこれほど強硬な制裁が実現した背景には、私たちが一生懸命送ったメール、ファックス、手紙も影響しています。

実は改正EU規則採択前の1211日付で、欧州委員会対外総局のヴァレ・デ・アルメイダ総局長から書簡をいただきました。内容は驚くほど前向きなもので、改正EU規則が採択前の最終段階にきていることを明らかにし、施行されたら強力な対北朝鮮制裁が「ルクセンブルクを含めた全EU加盟国の全法人に、完全かつ直接的に適用される」と明確に述べています。

そして書簡のコピーと、私が送った要請文のコピーを、駐EUルクセンブルク大使に送ったことを明らかにしています。これは私たちの訴えに理解を示すと同時に、ルクセンブルクに対する「ちゃんとやれ!」というメッセージなのです。欧州委員会は私たちの訴えに全面的に賛同してくれています。

それもそうだと思います。ルクセンブルクは銀行機密保護と利子課税ゼロ政策で脱税マネーを呼び寄せているとEU域内で問題になり、個人の利子課税についてやっと数年前に妥協が成立したばかりです。しかし信託(トラスト)などの法人は適用外のうえ、預金者の身元はいまだ銀行機密の厚い壁に守られています。その銀行機密保護が独裁者のマネーロンダリングに悪用されている疑惑があれば、欧州委員会が厳しい姿勢を見せるのも当然です。


★ルクセンブルクは逃げる気か!

改正EU規則採択の翌日、ルクセンブルクは一応監督下の金融機関に通達を出しました。英語版が下記です。

http://www.cssf.lu/uploads/media/cssf09_430eng.pdf
しかしそれにしても何という薄さ! たったの2ページです。制裁対象の名前は一つも書いてありません。

比較のためイギリス財務省が出した下記通達をご覧ください。

http://www.hm-treasury.gov.uk/d/fin_sanctions_nkorea301209.pdf
ロンドンのシティに北朝鮮の秘密口座がないことは明らかですが、それでも7ページにわたるブラックリスト付の通達を出しているのです。しかも下記のように、「参照せよ」と当該規則を財務省ホームページに掲載しているのです。無意味と知りつつこれだけやるほど、金正日のマネーロンダリングは重大な犯罪なのです。
http://www.hm-treasury.gov.uk/d/council_regulation_ec_1283_221209.pdf
ルクセンブルクは意図的にチャチな通達を出したと疑われても仕方がありません。少なくとも受け取った金融機関側は、「当局は本気じゃないな」と判断します。

タックスヘイブンは特殊な世界で、機密保護を売りにグレーなカネを集めないと競争に敗れるという本音と、「クリーンな国際金融センター」という建前が共存しています。そして建前が維持できるギリギリの線まで、怪しいカネには目を瞑るというのが本当のところです。もちろんブラックな犯罪収益はお断りですが、それを厳しく言い過ぎて銀行機密保護が緩んだ印象を与えると兆円単位の資金が流出するので、最優先課題は「口が堅い」という評価を守ることなのです。

そうした本音と建前は監督を受ける銀行側もよく理解しており、当局と利害が一致しています。タックスヘイブンにおいては、「いますぐ北朝鮮関係の記録を全部提出しろ! 今度は本気だぞ! あとでバレたら免許取消だからな!」くらいの通達を出さなければ銀行は調査しないのです。

(銀行機密については、昨年820日に解説させていただきました)

本ブログ2009年8月20日付記事


★ルクセンブルク当局に重大さを知らせよう!

私のもとには1221日付で、ルクセンブルク政府のジャン・ル・シウェック1等顧問官からユンケル首相の代理として書簡が届いています。内容は簡単にいえば、「マネーロンダリング対策の法律はちゃんとありますよ」といったところです。残念ながら、実際の施行・取締に向けた熱意は全く感じられませんでした。
昨年10
5日にご紹介した、スイス外務大臣およびマネロン取締責任者から届いた書簡とは天と地ほどの違いです。

本ブログ2009年10月5日付記事

 

シウェック1等顧問官には再び要請文を送り、「金正日のカネを隠している銀行は大量飢餓殺人の共犯であり、これは人道に対する罪を構成する」「あとで判明したら第二次世界大戦後のナチ協力者同様の厳しい結果が待っている」と非常に厳しい表現で徹底調査を求めました。
昨年数ヶ月かけて世界各国の議員に800通の航空便と2000件のメールを送ってルクセンブルクに圧力をかけるよう要請しましたが、だんだん後になって表現が厳しくなっていきました。

ここであなた様にお願いがあります。極寒の地で助けを待つ同胞を救うため、少しだけお時間をください。駐日ルクセンブルク大使に手紙やファックスやメールを送って、改正EU規則で義務化された北朝鮮制裁を徹底的に実行するように求めていただきたいのです。銀行が通報してくるのを座して待つのでなく、過去15年間の北朝鮮関連取引を全て報告するよう強く命令すべき、と日本語で迫ってください。駐日大使館なら日本語で大丈夫です。

102-0081
東京都千代田区四番町8-9
ルクセンブルクハウス1F
駐日ルクセンブルク大公国特命全権大使
ポール・シュタインメッツ閣下
TEL: 03-3265-9621
FAX: 03-3265-9624
メール:
http://www.luxembourg.or.jp/req/index.html


本国政府へもメールをお願いします。

件名: Money Laundering in Luxembourg
本文: Dear Prime Minister Juncker,
We urge the Luxembourg government to aggressively apply
the Council Regulation (EU) No 1283/2009 of 22 December 2009 by ordering all financial institutions to report all financial transactions relating to North Korea in the past 15 years.

Yours sincerely,
あなた様のお名前

ルクセンブルク政府コンタクトフォームはこちら
http://www.gouvernement.lu/functions/contact/index.php
Nomはファーストネーム、Prénomは姓、Paysは国)


金正日の4000億円といわれる秘密資産が凍結されたとき、歴史が動きます。彼は国民を数百万人餓死させても何とも思わない男ですが、自分の虎の子を押さえられたら降参するしかありません。いまの状況だと、そのカネがないと権力を維持できないからです。放っておいたらクーデターで殺されかねません。
金正日に、「ボクのお金返して! 拉致被害者も日本人妻も全員返すし、核もやめるから」とお願いさせようではありませんか!

皆様、凍結までもう一歩です。ほんの3分だけ時間を割いてください。よろしくお願いします。


★在宅ロビー活動は北朝鮮に効く!

さて、日本の草莽が外国政府や議員に手紙、ファックス、メールで訴えていく「在宅ロビー活動」は本当に効果あるのだろうかと、疑問に思う方もおられると思います。

結論からいえば、テーマ次第です。
例えばアメリカの医療保険問題で日本人が一生懸命訴えても、ほとんど効果ないと思います。アメリカの議員事務所はその問題で何千人もの有権者から働きかけを受けていますし、そもそも日本人は有権者でないからです(それでも信ずるところがあれば訴えるべきだと私は思いますが)
しかし北朝鮮問題は違います。効果があります。なぜなら、欧米は北朝鮮にさほど関心を持っておらず、決定的に知識が不足しているからです。遠い東(Far East)の何だかよく分からない問題なのです。欧米で暮らしたことがある方なら、日本と韓国の違いが分からない人が大勢いることをご存知だと思います。

そうした知られていないテーマでは、少数の在郷ロビイストが国際政治に大きな影響を与えられる可能性があります。例えば一説によると、38度線はアメリカの若い将校2人が19458月に呼ばれて分割方法を聞かれたとき、地図が手元になかったので「そんじゃあ北緯38度の線にしたらどうですか」とテキトーに答えて決まったといいます。もしその場にあなた様が居合わせて、地図や今後の見通しをもとに違う線を提言したら、「じゃあ、やっぱりそれにするよ。ありがとう」となっていたかも知れません。

重要な決定はすべて十分な検討の上なされているとは限りません。決定権者の気まぐれや知識不足から、大勢の人の運命を暗転させる決定がなされることもあります。例えば武道通信かわら版720日号で、イギリス外務省が失礼ながら基礎的な知識不足によるとしか思えない幼稚な北朝鮮認識を持っていることを報告させていただきました。

http://archive.mag2.com/0000036568/20090720072000000.html
もしイギリスがその幼稚な認識をもとに金正日政権支援を行なえば、私たちの同胞は生きて日本に帰れないのです。それどころか北朝鮮の大量破壊兵器拡散によって、ロンドンでテロが起きて何万人も犠牲になる可能性すらあるのです。

北朝鮮問題は、欧米で正しい知識が普及していない分野の最たるものです。あなた様の1通のメールが決定権者の目を開かせ、国際情勢を一変させることがありえるのです。

さあ、いますぐメールを出してください。あなたの助けを待つ人がいます。

プロフィール
アーカイブ
QRコード
QRコード

にほんブログ村 政治ブログへ

  • ライブドアブログ