加藤健の「天を回せ! ロビー活動で挑む」

一般国民が国際政治を動かすための具体的方法論

いまこそ北朝鮮に制裁を!

★山口外務副大臣に面会!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です!
このたび衆議院議員の仁木博文(にき・ひろふみ)先生のご尽力で、山口壮外務副大臣に面会して直接訴える機会を得ました。


仁木先生には、同志である救う会徳島の陶久敏郎代表とHRネットワーク徳島の丸山太代表からお願いしていただきました。熱血漢の二人の訴えに仁木先生が一肌脱いでくださり、ご多忙のなか外務省まで同行してくださいました。大感謝です!
さっそくマスコミが報じています。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120308/plc12030818030017-n1.htm

 

日の丸の左が山口副大臣、右が仁木先生(私は右端)


仁木先生は医師で、いかにもお医者さんという雰囲気の慈愛にあふれた先生です。国会では医療改革のため、また故郷徳島のため、一生懸命活動されています。
http://www.h-niki.jp/


徳島県に関係する特定失踪者は、松下電器産業社員だった賀上大助さんをはじめ10名います。今後とも仁木先生のご活躍を期待しています。

http://www31.ocn.ne.jp/~nachnet/emer/

 

特定失踪者・賀上大助さん


今回私はメンバーになっているICNK(北朝鮮での『人道に対する罪』を止める国際NGO連合)の一員として、北朝鮮人道犯罪を調査するための国連調査委員会設立を訴えてきました。もし設立されれば、たいへんな効果が期待できます。そもそもICNKは、調査委員会設立を働きかけるため結成された連合組織です。

http://stopnkcrimes.org/about_01.php

本ブログ2011年9月20日付記事

国連の調査委員会とはCommission of Inquiry の訳で、独立調査団、事実調査委員会など複数の訳があります。外務省が調査委員会と訳しているので、今回は調査委員会で統一します。


調査委員会は簡単にいえば国連の人道犯罪特捜チームであり、各国から選ばれた委員が北朝鮮の人道犯罪を徹底的に調べます。過去10回以上設立されていて、昨年はリビアなどが対象になりました。
調査委員会設立は北朝鮮への強烈な圧力になるだけでなく、国際社会の目を拉致等の人道犯罪に向けさせる上でも大きな役割を果たします。

調査委員会を設立するにはいくつか方法がありますが、一番現実的なのは国連総会で決議することです。国連安全保障理事会も調査委員会を設立できることになっていますが、中国とロシアが拒否権を行使するので現実的ではありません。

それで実は、日本政府がその気になれば、チョロッと一文を書き加えるだけで調査委員会を設立できるのです!
「まさかそんな」とお思いになるかも知れませんが、本当です。決して大袈裟でも、精神論でもありません。

日本政府は毎年国連総会で北朝鮮人権状況決議案を提出していて、7年連続で賛成多数により採択されています。これは簡単にいえば北朝鮮人権非難決議であり、日本とEUが共同で提出しています。昨年の採択については外務省ホームページにプレスリリースがあります。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/23/11/1122_01.html

この決議案に、調査委員会設立を求める一文を加えるだけで、簡単に設立できてしまいます。全然難しいことはありません。本当にたったそれだけなのです。

ところが外務省の一部に、「そんな条項を入れると賛成票が減ってしまう」という反対意見があるので、拉致問題解決に有益な調査委員会がなかなか設立できません。拉致問題解決は最重要課題のはずなのに、賛成票の数を減らさないほうが大事だというのです。これは表向きの理由に過ぎませんが、それにしてもおかしな言い訳を考えたものだと思います(私個人の考え。以下同)

外務省ホームページにあるとおり、昨年の決議は賛成112票、反対16で採択されています。この大差が調査委員会設立条項くらいでひっくり返って、否決されることなどありません。賛成票にはEUの全27加盟国が入っており、欧州議会(EUの議会)で調査委員会設立を求める決議まで出ているので、磐石なのです。

 

欧州議会

 

ずっと一緒に在宅ロビー活動をしてきた同志の皆様は、一昨年私たちが訴えて、欧州議会で拉致問題解決を求める決議が採択されたことをご記憶と思います。

本ブログ2010年7月9日付記事
あのときの決議の6番に、国連調査委員会設立要求が入っているのです。

決議文リンク

もちろん調査委員会設立条項が入れば、棄権や反対が少し増えると思います。ひょっとしたらそれは、外務官僚の成績に響くのかも知れません。しかし国益は一切害しません
決議は、実際にどれだけ効果を発揮するかが重要です。マンネリ決議の賛成票を数票増やすことでなく、内容を強化して拉致問題解決につなげることが国益なのです。いったい何のための決議なのか、原点に立ち返る必要があります。

国益を害しているのは、これだけ有効な手段があるのに使わない不作為です。

 

国連


★利権と宥和主義

それではなぜ拉致問題解決に有益で、日本の国益に資する調査委員会設立が反対に遭っているのか? またなぜ拉致問題を矮小化しよう、切り捨てようという動きが根強くあるのか?


私は日朝国交正常化利権と、宥和主義が背景にあると考えています。

利権はずっと言われてきたことなので、皆様よくご存知と思います。昨年9月に、私ども保守派のヒーローである平沼赳夫先生に面会しましたが、たいへん興味深いことを仰っていました。
「君ね、1兆円の3%は300億円だ。もし10%抜けるなら1000億円だ。これは物凄い大金だよ」
何の話か、説明の必要もないでしょう。

 

これの何百倍のカネが


宥和主義は、大失敗に終わった韓国の太陽政策のような考え方のことです。対立を恐れるあまり、無理難題を吹っかけてくる相手にひたすら下手に出て、原理原則を無視して迎合し、相手の善意にすがる情けない姿勢をいいます。残念ながら日本で根強いです。

宥和主義についてケネディ大統領は、50年前のキューバ危機演説で端的に述べています。
1930年代は我々に明確な教訓をあたえた。もし攻撃的な行為が、抑制されず問題にされなければ、最終的に戦争に行き着く

 

JFK

 

これは1930年代のヨーロッパ各国の宥和主義、特にイギリスのチェンバレン首相の宥和政策をさしています。1935年にヒトラーは、ヴェルサイユ条約を一方的に破棄して再軍備を宣言しました。まるで北朝鮮のような挑発的行動です。ところがヨーロッパ各国は、対立を恐れて黙認してしまいました。まるで日本の一部勢力のようです。


その結果ヒトラーは勢いづき1938年にはズデーテン地方の割譲を要求してきて、緊張が高まりました。ところが協議するため集まったミュンヘン会談で、イギリスのチェンバレンはヒトラーの要求を飲んでしまいます。ヒトラーの善意にすがり、目先の対立を回避する道を選んでしまったのです。


ミュンヘンで結ばれた協定はすぐに破られます。結局チェンバレンの宥和政策はヒトラーを助ける結果しか生まず、第二次世界大戦に至りました。

こうした歴史があるので、宥和主義が危険を増大させるという事実は、西ヨーロッパとアメリカでは基本的了解事項となっています。
ところが日本では理解されていません。私たちの先祖が立派で、愚かな妥協の例が少ないからかも知れません。


ならば北朝鮮交渉史を素直に見ていけばいいと思います。宥和主義は太陽政策ばかりでなく、1994年の米朝枠組み合意など様々な失敗例があります。

 

国民が宥和主義の危険をよく理解し、いい加減な妥協を許さないようにすることが肝要です。そのためにはマスコミの役割が重要になってきます。


★断固たる姿勢が平和を守る!

ケネディはソ連によるキューバへのミサイル配備に際して、断固たる姿勢で臨みました。キューバ危機演説はケネディの決意と覚悟が感じられて、何度聞いても心に響きます。

 


ケネディはまずアメリカ国民に、キューバにミサイル基地があることによる脅威増大を説明します。次にソ連政府の声明やグロムイコ外相の発言を引用して、一つ一つ「ウソだった」と厳しく断罪していきます。

ソ連の挑発行為を厳しく非難する一方、キューバ国民には「友人として伝えたい」「君たちのリーダーは、もはやキューバの理想を持ったキューバのリーダーでない。傀儡であり、国際的陰謀の手先だ」「君たちは生命と国土は、君たちの自由を否定する者によって駒として利用されている」「過去何度も、キューバの人々は自由を奪う圧制者を追い出すため立ち上がった。今ほとんどのキューバ人が、真に自由になる日を待ち焦がれていると確信している」と語りかけます。

自国民に対しては、「どのように事態が推移するか、どのような犠牲が生じるか、誰も正確には予測できない」と正直に認めます。

その上で、「何ヶ月にもわたって忍耐力と意志力が試される」と覚悟を促し、「自由のコストは高いが、アメリカ人は常に払ってきた。降伏・服従の道は決して選ばない」「自由を犠牲にした平和でなく、平和と自由の両方を追求する」と最も大切な価値を明らかにします。
「これぞリーダー」という演説だと思います。

 

敗者フルシチョフ


ケネディはフルシチョフに勝ちました。断固たる姿勢を貫き、キューバへのミサイル配備を諦めさせました。


無法・不法の輩に対しては、いい加減な妥協をしてはならないのです。平和を守るには、目先の対立を恐れず、長期的な安全を追及するしかないのです。
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といいますが、北朝鮮問題に限っていえば、経験から学ぶだけでも断固たる姿勢で臨む大切さはすぐ分かります。

幸い北朝鮮は、半世紀前のソ連と比べものにならないほど困窮しています。ケネディのような姿勢を貫けば、必ず向こうから折れてきます


★食糧のかわりに制裁だ!

北朝鮮がまた挑発してきました。人工衛星の名目で、ミサイル実験をすると発表しました。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120316/plc12031623040021-n1.htm

つい先月「食糧を恵んでくれるなら、ウラン濃縮も核実験も長距離ミサイル発射実験も停止します。IAEA監視要員も受け入れます」と発表したばかりなのに、まるで正反対のことをやっています。

こうした矛盾した行動は様々な解釈が可能で、多くの専門家が分析していますが、私たちは分析家でなく志士。さっそく行動に移りましょう
前回クリントン長官にメールを送って、食糧支援を止めるよう要請しましたが、ダメ押しでもう一度出しましょう。

本ブログ2012年3月5日付記事

いまアメリカは、イランやシリアに武力介入する可能性が出てきて、北朝鮮どころではありません。極東では多少妥協してでも、緊張を緩和させておきたいのが本当のところです。だいいち北朝鮮問題は中東問題と違って票にならないので、積極的に取り組む気にもなれないのです。

まだまだアメリカが食糧支援する可能性が残っています。完全に阻止するために、ほんの少しだけお時間をください。もう一度クリントン長官にメールを送っていただきたいのです。
例文をコピーするだけなら、1とかかりません。よろしくお願いいたします。

今回は食糧支援のかわりに、昨年解説した中国企業による制裁破りを捜査してくださいとお願いしています。

本ブログ2011年9月5日付記事

中国企業が北朝鮮から手を引いたら、金正恩体制に甚大な打撃を与えることができます。それではいますぐお願いします!


送り先
国務省送信フォーム

http://contact-us.state.gov/app/ask/session/L3RpbWUvMTMyMjkzMzIzNy9zaWQvb1ZtLXNHS2s%3D
または下記から「Email a Question/Comment」タブを選ぶ
http://contact-us.state.gov/app/answers/list

Topic」は、まず「U.S. Foreign Policy」を選び、その中から「East Asia and Pacific」を選んでください。
本文、タイトルとメールアドレスを入力したあと、下の「Continue…」ボタンを押すとボックスが出てきます。その中の「Finish Submitting Question」ボタンを押すと送信され、「Your Question has been Submitted(送信されました)」と表示されます。簡単です。

例文
Subject
(タイトル)欄: Food Aid to North Korea
本文:
Dear Secretary Clinton,

I am writing to respectfully request that you do not send food aid to North Korea. The North has reneged on its promise to implement a moratorium on long-range missile launches by announcing to launch a “satellite” into orbit next month. Last year, then Defense Secretary Robert Gates warned that Pyongyang was within five years of being able to reach the continental U.S. with an inter-continental ballistic missile but now it seems to happen within two years.

Instead of food aid, I respectfully request that you order an investigation into allegations that China
s state-owned car manufacturers have traded with North Koreas Office 39 in violation of Executive Order 13551.

http://english.chosun.com/site/data/html_dir/2011/08/23/2011082300978.html

The report says North Korea imported thousands of military vehicles from China and much of them were ordered by Korea Taesong Trading Company (Korea Daesong General Trading Corporation), a front company of Office 39. The military trucks were manufactured by China's state owned company FAW at Changchun, Jilin Province where the late North Korean dictator Kim Jong Il visited on May 21, 2011 during his visit to China. The company has US subsidiary and a joint venture with General Motors and they are likely “United States persons” subject to Executive Order 13551 that prohibits trade with Office 39.


Reports from the U.N. Panel of Experts and the Congressional Research Service both blame
China for violating U.N. sanctions and supporting the North Korean regime. I believe it is time for the U.S. to take action.


 



Yours very truly,
(あなた様のお名前)

 

 



それでは皆様、よろしくお願いいたします。

 

 

アメリカの食糧支援を止めよう!

★制裁が効いているぞ!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、素晴らしいニュースが入ってきました! 北朝鮮がアメリカに食糧を恵んでもらうため、ウラン濃縮・核実験・長距離ミサイル発射実験の一時停止と、寧辺核施設に国際原子力機関(IAEA)監視要員を復帰させることを認める妥協をしました!

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120301/kor12030100040000-n1.htm

金正恩は軍部の御機嫌をとろうと、部隊への視察を繰り返していますが、アメリカへの妥協は正反対の動きといえます。これまで強硬姿勢を見せて軍にアピールしてきたのに、食糧欲しさにアメリカに妥協してしまったのです。軍強硬派はガッカリしたことでしょう。これは制裁が効いている証拠です。

 

国民を飢えさせて、こんなものばかり作る北朝鮮

しかも食糧援助は軍が横領


私たちは世界で誰よりも早くから、北朝鮮食糧支援反対の在宅ロビー活動を行ってきましたが、今回戦略が正しかったことが立証されました。

本ブログ2011年1月20日付記事

そしていま一度立証された真理は、北朝鮮を動かそうと思ったら一に圧力、二に圧力、三に圧力ということです。


韓国は太陽政策で何千億円も北朝鮮にプレゼントしたのに、なんの成果も得られませんでした。李明博大統領は以前ユーロ・ニュースとのインタビューで、「過去の韓国の政権は、北朝鮮に43億ユーロ(4600億円)相当の支援を10年間にわたって与えた。北朝鮮の開放を目指したものだったが、失敗した。そしていま北朝鮮は核兵器を持っているか、少なくとも作ろうとしている」と述べています。
それが今回、カネの流れを一部遮断しただけで、強硬姿勢を見せる必要がある金正恩から妥協を引き出せました。

この教訓を忘れるべきではありません。圧力のみが、北朝鮮を変えるのです。

 

太陽政策は誤りだったと率直に認めた李明博大統領

大阪市平野区出身。通称は月山明博。父親は島田牧場(現京阪牛乳)で働いていた。

 

  

★北は騙すつもりだ! 見返りを与えるな!

残念ながら今回の米朝合意について、北朝鮮側は勝手な解釈を発表していて、このままでは再び騙されることが目に見えています

アメリカは米朝合意の内容について、プルトニウム型核開発についても停止で合意したと発表しています。当然事実でしょう。ところが北朝鮮側は完全に無視しています。
またウラン濃縮停止について、北朝鮮は「実りある会談が行われている期間」のみ停止すると子供じみたことを言っています。
そして北朝鮮は、6ヶ国協議で制裁解除と軽水炉提供が優先的に議論されることになったと、自分たちの妄想を勝手に発表しています。

北朝鮮は意味のない妥協をして、食糧だけ得ようとしているのです。そうは問屋が卸さないことをハッキリさせる必要があります。

また今回の米朝協議で、北朝鮮は拉致問題について全く誠意を見せませんでした。我々日本人をバカにしています。絶対に許せないことです。
このまま拉致問題が置き去りにされることは、断じてあってはなりません。アメリカに訴えて、食糧支援を止めてもらいましょう!

すでに食糧支援を乞うためアメリカの要求を受け入れたことで、金正恩の威信に傷がついています。もし食糧支援が中止になったら、さらにダメージが深くなります。がんばりましょう!

 

藤本健二氏の著書によれば、金正恩は日本語を習っていた

今回、「泣き面に蜂」という表現を教えてあげましょう



★クリントン国務長官に直訴だ!

 

私は早速クリントン長官にメールを送り、食糧支援しないよう求めました。これから航空便でも同じ内容の手紙を送ります。

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。アメリカ国務省にメールを送って、クリントン長官に食糧支援中止を要請していただきたいのです。

もちろんアメリカは過去に騙されたことをよく覚えているので、国務省内で反対意見が多数出ていることは想像に難くありません。そうした正当な反対意見を応援するためにも、同盟国からメールを送ることは意味があります。

例文をコピーするだけなら、1分で済みます。拉致問題置き去りを防ぐため、ぜひお時間を投資してください。
例文をご覧いただくと分かる通り、国務省が無視できないリンクを入れています。労力は無駄になりません。それではよろしくお願いいたします。

 


送り先
国務省送信フォーム

http://contact-us.state.gov/app/ask/session/L3RpbWUvMTMyMjkzMzIzNy9zaWQvb1ZtLXNHS2s%3D
または下記から「Email a Question/Comment」タブを選ぶ
http://contact-us.state.gov/app/answers/list

Topic」は、まず「U.S. Foreign Policy」を選び、その中から「East Asia and Pacific」を選んでください。
本文、タイトルとメールアドレスを入力したあと、下の「Continue…」ボタンを押すとボックスが出てきます。その中の「Finish Submitting Question」ボタンを押すと送信され、「Your Question has been Submitted(送信されました)」と表示されます。簡単です。


例文
Subject
(タイトル)欄: Food Aid to the North Korean Military
本文:
Dear Secretary Clinton,

I am writing to respectfully request that you reconsider sending food aid to North Korea. The North has deceived the
U.S. several times in the past and this time they already announced that they only need to “temporarily halt” nuclear activities “while meaningful talks continue.” They did not mention their obligation to freeze its plutonium-based programs.
Below is an opinion article written by Christian Whiton, former deputy special envoy for North Korean human rights, on the agreement.
http://www.foxnews.com/opinion/2012/02/29/why-north-korea-nuclear-moratorium-means-next-to-nothing/

Food aid will send the wrong message to the North Korean regime that the
U.S. has accepted their interpretation of the agreement, and it will be a bad example for Iran. I am hoping that you could suspend food aid to North Korea immediately.

Yours very truly,
(あなた様のお名前)


訳文

タイトル:北朝鮮軍部への食糧支援について


親愛なるクリントン長官、

北朝鮮向け食糧支援について再考をお願いしたく、お手紙を出させていただきました。北朝鮮は過去に何度もアメリカを欺いていますが、今回の米朝合意についてはすでに「実りある会談が行われている間」だけ核開発を「一時的に停止すればいい」のだと発表しています。またプルトニウム型核開発を凍結する責務については、なんら言及していません。
下記は北朝鮮人権担当次席特使だったクリスチャン・ウィトン氏による論説記事です。
(ウィトン氏論説記事のURL)

食糧支援は、北朝鮮による合意内容曲解をアメリカが認めたという、誤ったメッセージを送ることになります。それはイランに悪い先例を与えることにもなります。直ちに北朝鮮向け食糧支援を中止してくださることを願っています。
敬具

 

クリントン長官


文中にFOXニュースへのリンクを入れましたが、これは元北朝鮮人権担当次席特使だったクリスチャン・ウィトン氏が、米朝合意を厳しく批判した論説記事に飛びます。国務省は外国人から寄せられた意見にはさほど興味を示さなくとも、同僚だった元北朝鮮担当高官の意見には関心を持つはずです。クリントン長官に直接報告される可能性もあります。

http://www.foxnews.com/opinion/2012/02/29/why-north-korea-nuclear-moratorium-means-next-to-nothing/

ウィトン氏が特に批判しているのは、今回の合意が北朝鮮独裁体制の合法性を認めてしまっている点です。下記のように非難しています。

 

「実際のところこれ(著者注:今回の合意)は、北朝鮮国民が世界で最も抑圧的な政権から解放されることに、一切援助を差し伸べないことを意味する。それはアメリカの安全を守るための、もっとも実際的な手段を捨て去ることだ。絶対に起きないと分かっている『北朝鮮による世紀の大妥協』を追求するのでなく、金政権のない北朝鮮を追求すべきである」

まったくその通りだと思います。北朝鮮の諸問題を根本から解決するには、金王朝を崩壊させるしかありません。
そしてウィトン氏は、北朝鮮に圧力をかける手段の第一として「資金源の遮断」を挙げています。

拉致被害者の救出、核廃棄による日本の安全の確保、そして人道犯罪の抑止、そのすべてが金王朝崩壊の成否にかかっています。私たちの活動は地道なものですが、確実に効いています。コツコツと金王朝にダメージを与えて、
必ず崩壊させましょう!

 



いずれ国際法廷で裁かれ、独房で泣くことになる

 

 

北朝鮮への下請を止めよう!

★外務省がついに折れる!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! 外務省がついに、「本年度中に特定失踪者問題をパンフレットに入れます」と確約しました。松原仁先生の事務所に大感謝です!

この件は昨年何度か解説させていただきました。

本ブログ2011年8月20日付記事
外務省が各国政府に配っている拉致問題解説パンフレット(7言語)に、特定失踪者についての説明がないのです。

 

外務省


参議院議員の柴田巧先生は昨年この問題を国会で取り上げ、「これでは存在しないと外国の人が受け取りかねない」「外務省が各国に知らしめるよう、努力・改善を求める」と厳しく追及しています。

本ブログ2011年11月20日付記事

以前ご報告したとおり、昨年84日に松原仁先生の事務所を訪問して訴えたところ、松原先生はすぐさま電話をとり、外務省の課長に厳しく迫り、「次回10月か11月の改訂時に特定失踪者問題の説明を入れます」という約束を取り付けてくれました。

本ブログ2011年8月5日付記事

ところが外務省ホームページ(現時点)を見ると、もう2月だというのにまったく変更されていません!

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/n_korea/abd/rachi.html


立腹した私は、松原仁事務所の矢島光弘様に直接訴えました。矢島様は松原先生の大臣秘書官として国会公安委員会(警察庁)で重責を担っている方で、いくつもの議連を運営してきた名物秘書さんです。

そうしたところ矢島様はさっそく外務省に連絡を入れてくださり、「今年度中に、現在作っているパンフレットに必ず入れます。できしだいホームページも変わります」という回答を引き出してくださいました!

以前松原先生に約束し、今回大臣秘書官に対して約束したのですから、今度こそ本当に変わるでしょう。本来ならホームページ(1分で変更可能)など、すぐに変更されてしかるべきですが、もう少しだけ待つとしましょう。


いろいろと障害がありますが、解決に向けて一歩一歩進んでいます。


★一流ブランドが北朝鮮に下請?

今回は久々に、北朝鮮の外貨収入源を攻めたいと思います。

1
月にアメリカ政府系のRFA(自由アジア放送)ホームページを見ていたところ、友人のヤン・ヒジュン記者が北朝鮮の対EU貿易が2300万ユーロの黒字だと報じる記事を書いていました。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/eu-01252012165426.html
下記のグーグル翻訳システムに入れると、だいたい分る日本語になります。
http://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=wT#

この中に注目すべき記述があります。「ドイツの有名アパレルメーカーのゲリー・ウェバーが、北朝鮮の安い労働力を利用して生産した完成品をドイツに輸出していることが、ドイツ・北朝鮮間の経済交流増大に反映された」「ハレ市に本拠とするゲリー・ウェバーは、生産拠点を中国から、北朝鮮をはじめとする労働力が安い国にシフトしている


ブランドイメージが命のアパレルメーカーが、よりによって犯罪国家・北朝鮮と手を組んでいるというのです。これには驚きました。

そのゲリー・ウェバーですが、下記の会社になります。婦人服の高級ブランドです。
http://www.gerryweber.com/
れっきとした上場企業で、下記のように株価は上がったり下がったりしています。

http://uk.finance.yahoo.com/q?s=GWI1.DE
ゲリー・ウェバー・オープンという男子プロテニスのツアートーナメント大会を主催しています。
http://www.gerryweber-open.de/

 

ハレ市のゲリー・ウェバー・スタジアム


もし北朝鮮での生産が事実なら、誠に許しがたいことです。さっそく社長に問いただしましょう。北朝鮮現体制にカネを稼がせることは、法律以前に、人間として絶対に許されないことです。直ちにやめさせなければなりません!


★みんなで問い質そう!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。ゲリー・ウェバーの社長に、「北朝鮮と取引しているのは本当か? 本当ならすぐにやめなさい。やめないなら刑務所にブチ込まれますよ!」とメールをお送りいただきたいのです。
英語が苦手な方は、私の例文をコピー&ペーストするだけです。1分もかかりません。

北朝鮮はいまギリギリの状態です。あなた様が送った1通のメールが千数百万ユーロの外貨収入を奪い、「もう限界だ! このままでは体制が崩壊する! 仕方ないから拉致被害者を返して制裁を緩めてもらおう」と思わせるかも知れません! ぜひご参加ください!


送り先
ゲリー・ウェバー社送信フォーム

http://www.gerryweber.com/ag-website/en/ag-website/metanavigation/contact
まず上のPlease choose からOther を選んでください。SURNAMEに苗字、FORENAMEに名前、E-MAILにメールアドレス、そしてMESSAGEにメッセージを入力して、最後にSendをクリックするだけです。

例文
Dear Mr Gerhard Weber,

There have been serious allegations that Gerry Weber International AG is producing products in North Korea.
http://www.rfa.org/korean/in_focus/eu-01252012165426.html
I am writing to inquire whether this is true or not.

If by any chance the report was true, I strongly urge that you sever ties with
North Korea immediately and announce it publicly.

You could be targeted by US sanctions and face imprisonment for up to 20 years.

http://www.treasury.gov/resource-center/sanctions/Programs/Documents/nkorea.pdf
The Executive Order 13570 prohibits the importation into the US, directly or indirectly, of any goods, services, or technology from North Korea and garments produced in the North are a typical example.

North Korea
is one of the worst human rights abusers in the world. The following reports from the BBC say they are killing detainee’s babies by burying them alive and testing new chemical weapons on women and children.
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3204509.stm
http://www.bbc.co.uk/pressoffice/pressreleases/stories/2004/02_february/01/korea.shtml
If you work with
North Korea, you will be condemned for aiding such heinous crimes.

 Yours sincerely,
(あなた様のお名前)

 

 

翻訳文

ゲルハルト・ウェバー社長

 

ゲリー・ウェバー・インターナショナル社が、北朝鮮で商品を生産しているという重大な疑惑があります。

(RFA記事へのリンク)

本件が事実かどうか、お尋ねいたします。

 

もし万が一、記事が事実であったなら、直ちに北朝鮮と絶縁し、そのことを公式発表するよう強く求めます。

 

あなたはアメリカの制裁によって、最高20年間刑務所に服役することになるかも知れません。

(アメリカ財務省の制裁を説明したパンフレットのリンク)

大統領令13570は、北朝鮮産のいかなる物品、サービスまたは技術が、直接、間接を問わずアメリカに輸入されることを禁じていて、北朝鮮産の服飾品はその典型的な例といえます。

 

また北朝鮮は世界最悪の人権侵害国のひとつです。BBCの下記記事は、収容所抑留者の赤ちゃんが生き埋めで殺されたり、女性や子供に対する化学兵器人体実験が行われていると報じています。

(BBC記事のURL)

もし北朝鮮と仕事するなら、あなたはこうした凶悪犯罪を幇助したと糾弾されることになります。

 


それでは皆様、よろしくお願いいたします。


 

平成23年度法務省啓発ポスター

プロフィール

加藤健

アジア調査機構代表 保守系ロビー活動家 

拉致等の北朝鮮人道犯罪追及、朝鮮総連破産申立て推進、外貨資金源根絶などを行う。
本ブログ記載の通り、北朝鮮工作員の偽装用旅券を暴いたり、高麗航空の寄航拒否を実現したり、投資計画を潰したりといった戦果をあげる。

毎回読者の皆様に「在宅ロビー活動」へのご協力を要請。ぜひご参戦を!

アーカイブ
QRコード
QRコード

にほんブログ村 政治ブログへ

  • ライブドアブログ