加藤健の「天を回せ! ロビー活動で挑む」

一般国民が国際政治を動かすための具体的方法論

秘密口座発見! あと一押しで凍結だ!

★ついに制裁発動!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! もうご存知と思いますが、アメリカが追加金融制裁を発動しました!

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100831-OYT1T00382.htm


これまであまり知られていなかった39号室や偵察総局も、今回大きく報じられています。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100901-OYT1T00014.htm

ワシントン・ポスト紙によればレビー財務次官は、「制裁の効果は全世界に及ぶ可能性がある。もし外国企業による北朝鮮不法活動幇助が明らかになった場合、今回の制裁によってアメリカ国内の資産は凍結され、アメリカ企業はそうした企業と取引することが違法となる」と警告しました。心当りのある悪徳企業は、背筋が凍る思いでしょう。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/08/30/AR2010083005007.html


また「今後数週間、数ヶ月以内に追加的な措置を取る」とも述べています。

「これはチャンス!」と思った私は、さっそく平壌で大同(デドン)信用銀行を北側と合弁で経営するイギリス系企業を、登記されている香港で刑事告発しました。この銀行は20062月にモンゴルの空港で、北朝鮮外交官が100万米ドルと日本円2000万円を現金で運び込もうとして逮捕された事件に関係しています(頭取が認める)。また2009年には、アメリカ財務省が出した「北朝鮮政府機関およびフロント企業の不法金融活動への関与について」という警告文書(下記)で名指しされています。

http://www.fincen.gov/statutes_regs/guidance/html/fin-2009-a002.html


香港当局には、「アメリカが制裁する前に自主的に動くべきだ」と訴えました。真剣に検討されていると思います。


★安心するのは早い!

残念ながら、制裁が発動されたからといって私たち日本人は安心できません。むしろ最悪の結果をもたらす可能性さえあるのです!

アメリカの目的はあくまでも核問題解決です。拉致問題は関係ありません。
北朝鮮がちょっとした妥協をすれば、すぐに制裁を解除する可能性があります。それどころかアメリカは核を完全廃棄させるのは困難と考えていますので、絶対に拡散しない条件で北を核保有国として承認する可能性すらあるのです!

今回の制裁がレジームチェンジを目指したものでないことは、段階的に行われることで明らかです。制裁が最終段階に入っても、情報機関が把握しているヨーロッパの最重要銀行口座が意図的に外される可能性があります。あのテロ支援国家指定解除のような浅はかな妥協が、再び繰り返されるかも知れないのです!

いまこそ在宅ロビー活動を強化すべきときです! 全世界に訴え、追加金融制裁が徹底的に行われるように、そして金王朝が崩壊するまで決して解除されないように働きかけるべきです! 拉致被害者の命、そして祖国日本の命運がかかっています! 全力でがんばりましょう!


★口座凍結のチャンス!

8
30日に大スクープが飛び込んできました! デイリーNKが、39号室の秘密銀行口座が英領ヴァージン諸島にあるファースト・カリビアン国際銀行ロード・タウン支店に「ハナ・ホールディングス」名義で開設されていると報じたのです!
日本語記事の全文を読むには会員登録する必要がありますが、

http://japan.dailynk.com/japanese/read_certification.php?cataId=nk00600&num=10369


英語記事なら無料で読むことができます。
http://www.dailynk.com/english/read.php?cataId=nk01500&num=6749

この銀行口座を凍結させれば、マカオで2500万ドル凍結されて北朝鮮が悲鳴を上げた事件を再現できます! これは大チャンスです!

調べてみるとファースト・カリビアン国際銀行はカナダの大手銀行CIBC(カナダ帝国商業銀行)の子会社であることが分かりました。さっそくカナダ上下院議員全員と主要新聞社にメールを送り、調査を求めました。まだ出したばかりですが、すでに首相の事務所から「担当の金融大臣に転送しました」と返答をいただいています。

カナダは間違いなく調査すると思います。なにしろ先月オタワで北朝鮮人権問題の国際会議が開かれたばかりです。そのカナダで、自国の大手銀行が北朝鮮マネーロンダリングへの関与を疑われるというのは大問題なのです。あとは放っておいても、適切に処理されると思います。

問題は口座がある英領ヴァージン諸島です。タックスヘイブンとして有名なこの島には、厳格な銀行機密保護法があります。ハッキリ言ってしまえば、租税回避のグレーな金でも安心して預けられることを売りに金融センターとして発展したのです。往々にしてこうした地域は、マネーロンダリング摘発に熱心ではありません。

私は英領ヴァージン諸島の総督や首相らにメールやファックスを送って、捜査を求めました。アメリカの追加金融制裁について詳しく説明し、自主的に摘発することで信用を守るべきと懇懇と説きました。しかしながら相手はタックスヘイブン。1人の訴えではとても動きません。

あなた様の助けが必要です。助けを待つ同胞を救うため、国難を救うため、ほんの少しだけお時間をいただけないでしょうか? 下記にメールやファックスを送って、捜査を求めていただきたいのです。

英領ヴァージン諸島政府
総督 Governor David Peary

bvigovernor@gov.vg
副総督 Deputy Governor V. Inez Archibald
dgo@gov.vg
首相 Premier Ralph O’Neal
premieroffice@gov.vg
Fax: 1-284-494-6413
金融長官 Secretary Neil Smith

finance@gov.vg
Fax: 1-284-494-6180
金融サービス委員会委員長 Chairman Robin Gaul

commissioner@bvifsc.vg
Fax: 1-284-494-5016


サンプル文
件名: Money Laundering Allegation
本文:
Dear
(上記の名前、もしくはSir/Madam,

I am writing to urge the British Virgin Islands Government to investigate allegation of money laundering which reportedly took place at
Road Town branch of FirstCaribbean International Bank.
http://www.dailynk.com/english/read.php?cataId=nk01500&num=6749

Yours sincerely,
(あなた様の氏名)


2006
年にマカオのバンコ・デルタ・アジアで口座が凍結されたとき、北朝鮮高官が「血が凍る思いだ」と述べたと報じられています。あなた様の訴えでヴァージン諸島政府が口座を凍結すれば、今度は「心臓が止まる思いだ」になるかも知れません。
私たちの同胞を酷い目に遭わせている北朝鮮に、一矢報いてやりませんか?


★犯罪国家

この夏私は、39号室について解説したアメリカ陸軍大学戦略研究所発行の論文「犯罪国家」を翻訳しました。これはアメリカの軍情報部元幹部らによって書かれたもので、読んでいて非常に面白いドキュメンタリーのような論文です。

 

下記ホームページの「北朝鮮の国際的不法活動を理解するために」と書かれた行をクリックするとダウンロードできます。ぜひお読みください。
http://sky.geocities.jp/jpkr216/

内容で驚いたのは、麻薬密売収益のマネーロンダリングが中国、スイス、ルクセンブルクの銀行で行われてきたと断定している部分です。確たる証拠を握っているのでしょう。
また国際人道援助が、麻薬生産の助成金になっているという主張も新鮮な驚きでした。その理由については読むと納得します。

39
号室は北朝鮮の本質を非常によくあらわした機関です。この体制は更生不可能です。論文を読むとよく分かります。ぜひ序文や概要だけでもご覧ください。

それではお互いがんばりましょう!


北朝鮮の制裁破りを阻止しよう! ご協力の呼びかけ 弐

★国際政治が動き出した!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、凄いことになっています! 前回香港特別行政区政府への要請を呼びかけさせていただきましたが、さっそく捜査開始が報道されました!

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100724/amr1007241339007-n1.htm

今回はタイミングが絶妙でした。
私が北朝鮮の外資誘致機関・大豊(デプン)国際投資グループを告発するメールを、香港政府高官百数十人に送ったのが719日月曜日です。皆様に在宅ロビー活動を呼びかけさせていただいたのが20日火曜日。そうしたところ翌21日水曜日に、なんとクリントン国務長官が北朝鮮への追加制裁を発表したのです!

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100721/amr1007212052013-n1.htm


アメリカの追加制裁という大ニュースに、香港当局がビックリ仰天したことは言うまでもありません。ひとつ間違えば大スキャンダルに発展しかねないからです。

その翌日の22日木曜日には、アメリカ国営の自由アジア放送(RFA)の取材を受け、さっそくこの件が報道されました。下記は朝鮮語の報道記事。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/nk_hongkong-07222010170553.html


下記グーグル翻訳ページにURLを入力すると、大体の意味が分かります。昨年私たちが告発していた朝鮮ファンド(ChosunFund)も監視対象に入ったと報じています。
http://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=wT#


それを韓国の朝鮮日報が後追いし、24日土曜日に「香港政府が制裁着手、北朝鮮系企業の実態とは」という記事になり、冒頭の産経新聞報道につながりました。

そしてなんと、これを書いている85日本日、香港政府が全190行の銀行に対して大豊グループの秘密口座が存在するかどうか回答せよ、と求める照会要請書を送っていたことが明らかになりました!

http://www.chosunonline.com/news/20100805000014

それにしても、なんというタイミングの良さ! 順調さ! およそ考えうる最高のタイミングで行動開始し、各国メディアで広く報じられる事態にまで発展したのです!

私は英霊の導きを感じずにはいられませんでした。何となく大豊グループを調べはじめ、何となくクリントン長官発表の2日前に行動を開始しましたが、振り返ってみると偶然とは思えません。日本を護らんとする人知を超えた力が働いたとしか考えられません。
ちなみに私事で恐縮ですが、祖父が戦死したのは724日でした。


★スイス、ルクセンブルクも!

アメリカの追加制裁発表で慌てたのは香港だけではありません。私たちが根気強く働きかけてきたルクセンブルクも、大急ぎで北朝鮮資金を監視していると明らかにしました。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100729/kor1007292242003-n1.htm
おや、まえ言っていたことと違うような(笑)まあいいか。過去は気にしないことにしましょう。

スイスについても同様の報道がなされています。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100731/kor1007312029004-n1.htm

ルクセンブルクは、今度こそ本気で調べると思います。アメリカに指摘されて全世界のマスコミに出る前に、自主的努力で摘発しないと、計り知れないダメージを被るからです。いまお尻に火がついて勢いよく燃えている状態です(笑

私たちがコツコツと続けてきた在宅ロビー活動は、マスコミ報道を引き出して「ヨーロッパに隠された金正日の40億ドル(3500億円)」を議題化、および常識化することに貢献しました。もうヨーロッパにおける秘密口座凍結なしに、追加経済制裁が成功したと思う人は誰もいません。追うほうも追われるほうも、ヨーロッパの秘密口座から逃げられなくなったのです。この効果は絶大なものがあります。

様々なかたちでご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。いよいよこれから歴史が動きます!


★中国の横暴を許すな!

しかしながら、安心するにはまだ早いです。中国の態度が現時点で明らかでないからです。
場合によっては金正日体制を存続させるため、香港の自治権を無視して無理やり対北朝鮮制裁を潰そうとするかも知れません。なんとしてでも香港政府に、香港自身の利害に基づいて自主的に正しい判断をするよう、力強く訴えていく必要があります。

大豊グループについては前回の呼びかけで解説させていただきました。
本ブログ2010年7月20日付記事


北朝鮮が国運を賭ける外資誘致プロジェクトであり、これを潰さない限り北の悪あがきは止まりません。

ここであなた様にお願いがあります。助けを待つ同胞を救うため、国難を救うため、ほんの少しだけお時間をいただけないでしょうか?
香港にメールやファックスを再度送って、大豊グループ摘発を訴えていただきたいのです。送り先は下記になります。(このロビー活動は終了しました)


追記
大豊グループは解散させられました。ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

本ブログ2012年8月20日付記事


香港特別行政区政府
行政長官   Sir Donald Tsang     
ceo@ceo.gov.hk
FAX 852-2509-0580
政務司司長  Mr Henry Tang       
cso@cso.gov.hk
FAX 852-2524-5695
財政司司長  Mr John Tsang      
fso@fso.gov.hk
FAX 852-2840-0569
律政司司長  Mr Wong Yan Lung
  sjo@doj.gov.hk
FAX  852-3579-2431
中央政策組主席顧問 Professor Lau Siu Kai 
siukailau@cpu.gov.hk
FAX  852-2537-9083
財経事務及庫務局局長 Professor K C Chan 
sfst@fstb.gov.hk
FAX  852-2537-1736
香港金融管理局総裁   Mr Norman T.L. Chan 
hkma@hkma.gov.hk
FAX  852-2878-8197

香港立法会主席  Mr Jasper Tsang  
plc@legco.gov.hk
FAX 852-2877-9600
香港立法会金融界選出議員 Dr David Li   
lidkp@hkbea.com
FAX  852-3608-6100

日本語で訴える方は、東京の香港経済貿易代表部にお送りください。ここは商務及経済発展局に所属しますが、日本において香港特別行政区政府を代表しています。

http://www.hketotyo.gov.hk/japan/jp/index_j.html
主席代表 祝彭婉儀 女史    Mrs Jennie Chok 
jennie_chok@hketotyo.gov.hk

 

ファックス番号 03-3556-8968


サンプル文
件名: Violation of UN Sanctions
本文:
Dear
(上記の名前、もしくはSir/Madam,

I am writing to urge the Hong Kong SAR Government to prohibit activities of Taepung International Investment Group Limited registered in HK (company number 1040548) that is violating UN Security Council Resolution 1874. 

http://www.un.org/News/Press/docs//2009/sc9679.doc.htm

As reported by
North Korea’s state-run news agency, the sole purpose of Taepung Group is to circumvent UN sanctions and fund the pariah regime.
http://www.kcna.co.jp/item/2010/201001/news20/20100120-17ee.html

I am hoping that HK would comply with the UN Resolution and defend her reputation.

Yours sincerely,
(あなた様の氏名)


あなた様の一通の訴えは香港政府を勇気づけ、法に従って粛々と大豊グループを摘発する助けとなります。ほんの少しだけお時間をください。よろしくお願いいたします。



 

北朝鮮の制裁破りを阻止しよう! ご協力の呼びかけ

★イスラエルが動き出した!

金正日秘密口座凍結プロジェクトにご参加いただいている皆様、またまた朗報です! イスラエルの女性国会議員エイナット・ウィルフ博士から、私どもの活動に賛同するお手紙をいただきました!

お手紙の中でウィルフ博士は、私が求めた金正日秘密口座摘発へのイスラエルの全面協力について、「十分考慮に値します」と述べています。これはウィルフ博士の立場を考えると、かなり踏み込んだ表現です。既にイスラエル情報機関が動き出しているかも知れません!

ウィルフ博士はイスラエル軍諜報部(アマン)の将校です。退役してからハーバード大学に進学し、ケンブリッジ大学で政治学の博士号を取得したあと、シモン・ペレス大統領(当時副首相)の外交政策顧問として活躍します。本年労働党の国会議員になったばかりですが、すでにBBC等の欧米メディアにコメンテーターとして登場しています。現在もペレス大統領の政治顧問を務める実力者です。

実は最近ペレス大統領が外国メディアに対して「北朝鮮は核の免税店」「武器はイランを通してテロリストに渡っている」「イスラエルは目を見開いて(open eyes)監視している」といった発言を積極的に行い始めました。読売新聞との独占インタビューでも同趣旨のことを述べています。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100709-OYT1T00095.htm
http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=10532809

私たちの真摯な訴えが、顧問のウィルフ博士を通してペレス大統領に伝わっている可能性があります。もちろん実際のところは分かりませんが、今後とも一生懸命在宅ロビー活動に励みたいものです。

いっぽう韓国でも、代表的な保守論客である趙甲済氏(月刊朝鮮前編集長)が興味深いことを書いています。私のコメントも引用いただきました。

http://gendaikorea.com/20100712_01_hon.aspx


金正日秘密口座への包囲網は着々と狭まっています。トドメを刺そうではありませんか!


★国運を賭けて

私は現在、北朝鮮が外資誘致を行うために設立した大豊(デプン)国際投資グループの活動を阻止すべく動き出したところです。同グループの活動は国連制裁決議(1874)に違反しますが、そんなことを北朝鮮が気にするはずもなく、国営放送を通して大袈裟な宣伝を行っています。

北朝鮮は大豊グループに国運を賭けています。それは外資誘致によって経済破綻を乗り切る起死回生のプロジェクトであると同時に、最後の「希望」を見せることで幹部連中の気持ちを繋ぎとめておく大切な舞台装置でもあります。私は後者の意味合いが大きいと思います。金正日は国防委員会委員長名で「大豊グループの活動を保障せよ」という正式命令を出しているほど重視しています。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100222/kor1002222040001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100416/kor1004162002004-n1.htm

一方、大豊グループに国運がかかっているのは北朝鮮だけではありません。実は我が日本も、その成否に国運がかかっているのです!

北朝鮮が外資誘致に成功して国連制裁を無力化すれば、アメリカで「核放棄させるのは無理だ」というムードが広まり、再び「拡散しない条件で核保有国として認め、体制も保障しよう」という議論が息を吹き返します。
それによって北朝鮮が核保有国として承認され、金王朝が磐石となったら、我が国は建国以来最大の危機に直面します。もう拉致問題は議題にすることすら不可能になります。想像するだけで恐ろしい事態です。
また日本ばかりでなく韓国も危機に直面しますので、東アジアで核開発レースが起きます。

なんとしてでも、北の核保有国承認を阻止しないといけません!


★草莽崛起

大豊グループについては、香港で登記された大豊国際投資集団有限公司の調査から始めました。そうしたところ、日本にも事務所がある国際法律事務所(今はあえて名前を記さず)が関わっていること、株式や役員の不可解な変更を繰り返していること、董事(役員)の1人が大型経済事件で2年の実刑判決を受けていること、別の元董事が韓国で懲役1年執行猶予2年の有罪判決を受けていること、などなど様々なことが分かってきました。

私は香港特別行政区政府高官と立法会議員の計135にメールを送り、大豊グループの活動が国連制裁決議に違反すること等を訴え、取り締まりを要請しました。今後必要があれば、世界各国に香港への圧力を要請します。

メールでは、北朝鮮が脱北者の赤ちゃんを生き埋めにして殺している事実を報じたBBCの下記レポートを引用しました。看守は「中国人との混血児が生き残るのを阻止するためだ」と語ったそうです。「中国人よ、そこまで侮辱されても北をかばうのか?」と問いたい。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3204509.stm

ここであなた様にお願いがあります。助けを待つ同胞を救うため、国難を救うため、ほんの少しだけお時間をいただけないでしょうか? 香港にメールやファックスを送って、大豊グループの活動禁止を訴えていただきたいのです。送り先は下記になります。

香港特別行政区政府
行政長官   Sir Donald Tsang     
ceo@ceo.gov.hk
FAX 852-2509-0580
政務司司長  Mr Henry Tang       
cso@cso.gov.hk
FAX 852-2524-5695
財政司司長  Mr John Tsang      
fso@fso.gov.hk
FAX 852-2840-0569
律政司司長  Mr Wong Yan Lung
  sjo@doj.gov.hk
FAX  852-3579-2431
中央政策組主席顧問 Professor Lau Siu Kai 
siukailau@cpu.gov.hk
FAX  852-2537-9083
財経事務及庫務局局長 Professor K C Chan 
sfst@fstb.gov.hk
FAX  852-2537-1736
香港金融管理局総裁   Mr Norman T.L. Chan 
hkma@hkma.gov.hk
FAX  852-2878-8197
證券及期貨事務監察委員会主席 Mr Eddy C. Fong 
enquiry@sfc.hk
FAX  852-2845-9553

香港立法会主席  Mr Jasper Tsang  
plc@legco.gov.hk
FAX 852-2877-9600
香港立法会金融界選出議員 Dr David Li   
lidkp@hkbea.com
FAX  852-3608-6100

日本語で訴える方は、東京の香港経済貿易代表部にお送りください。ここは商務及経済発展局に所属しますが、日本において香港特別行政区政府を代表しています。

http://www.hketotyo.gov.hk/japan/jp/index_j.html
主席代表 祝彭婉儀 女史    Mrs Jennie Chok jennie_chok@hketotyo.gov.hk

 

ファックス番号 03-3556-8968


サンプル文
件名: Violation of UN Sanctions
本文:
Dear
(上記の名前、もしくはSir/Madam,

I am writing to urge the Hong Kong SAR Government to prohibit activities of Taepung International Investment Group Limited registered in HK (company number 1040548) that is violating UN Security Council Resolution 1874.

http://www.un.org/News/Press/docs//2009/sc9679.doc.htm

As reported by
North Korea’s state-run news agency, the sole purpose of Taepung Group is to circumvent UN sanctions and fund the pariah regime.
http://www.kcna.co.jp/item/2010/201001/news20/20100120-17ee.html

I am hoping that HK would comply with the UN Resolution and defend her reputation.

Yours sincerely,
(あなた様の氏名)


あなた様の一通の訴えが、大豊グループを崩壊に追い込み、北朝鮮の悪あがきに終止符を打つかも知れません。ほんの少しだけお時間をください。よろしくお願いいたします。


★国難を救う

先日靖国神社遊就館で、元寇の特別展を拝観してきました。遊就館は何度行っても新鮮な感動があります。
特別展では明治時代に国民的愛唱歌だった「元寇」が流れていました。素晴らしい曲です。ぜひクリックしてご鑑賞ください。


 

「元寇」を聴いていると、まるで現代のことのように思えてきます。冒頭の、
「四百余州を挙(こぞ)る 十万余騎の敵 国難ここに見る 弘安四年夏のころ」
という歌詞は、
「核兵器を誇る 百万余騎の敵 国難ここに見る 平成二十二年夏」
と変換できますし、
「傲慢無礼者 倶(とも)に天を戴かず」
などまさに北朝鮮そのものです。

大正天皇もご愛唱されたこの文部省唱歌は、かつて我が軍将兵を危機から救っています。日清戦争さなかの1894年(明治27年)915日早朝、平壌付近で佐藤正大佐指揮の部隊が大人数の敵に攻撃され苦境に陥ります。そのとき一人の兵士が「元寇」を歌い出したところ、全部隊がこれに続き、勇気百倍となり敵を潰走させた話が伝わっています。
それぞれの時代に日本を守るため力を尽くされた先人を思うとき、ただただ感謝の念で胸がいっぱいになります。


さて、元・高麗(朝鮮)連合軍が日本の存立が脅かした文永の役(1274年)、我が鎌倉武士は敵の集団戦法や毒矢に大いに苦戦します。壱岐・対馬では大虐殺が行われ、生き残った女性は手に穴を開けて縄を通して、数珠つなぎで船に吊るされました。高麗(朝鮮)の将軍金方慶は、拉致した日本人200人を高麗の忠烈王(日本侵略を進言した人物)に献上したと『高麗史』は記しています。下記は元・高麗(朝鮮)軍の日本人に対する残虐行為を描いた油絵。


この絶体絶命のとき、小弐景資(しょうに・かげすけ)という若き武将が一矢で戦況を変える大勲功を立てています。苦戦が続いた1274年(文永11年)1020日(旧暦)の夕刻、博多の海岸付近を退却途中、小弐景資は追撃してくる敵の副将劉復亨を見事射抜きます。重傷を負った劉は部下の目の前で落馬します。司令官を失った元・高麗(朝鮮)軍は大混乱に陥ったといわれ、その日のうちに船に退却しました。そこに暴風雨が襲いかかったことはご承知の通りです。一本の矢が日本を救ったのです!

私たちには弓矢はありませんが、手紙・メール・ファックスという強力な武器で、全世界に真実を訴えることができます。たった一本のファックスが、国際政治を動かし我が国を危機から救うかも知れません。神武天皇御即位以来二千六百七十年、今ほど草莽の士が活躍できる時代はありません!

ご参加いただけませんか? 再び祖国に危機が迫っています!

 

これも面白い!

 

 

 

 

プロフィール
アーカイブ
QRコード
QRコード

にほんブログ村 政治ブログへ

  • ライブドアブログ