加藤健の「天を回せ! ロビー活動で挑む」

一般国民が国際政治を動かすための具体的方法論

「北朝鮮が核兵器を密売する」と警告しよう!

★ なんとか次の決議で!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、9月11日に安保理で対北朝鮮制裁決議が採択されましたが、残念ながら私たちが求めた高麗航空乗り入れ禁止は実現しませんでした。最初アメリカが各国に示した草案では、高麗航空も資産凍結対象(事実上の乗り入れ禁止)だったのですが、中国・ロシアとの協議で削られたようです。

私のほうではイスラエルのネタニヤフ首相(外相兼)とホトベリー外務副大臣にメールやファックス、航空便を送り、北朝鮮製核兵器がイランやシリアなどイスラエルの敵に渡る危険性を強調したうえで、密輸手段である高麗航空を止めるためロシアを説得してくれと要請してありました。冷戦終結後ロシアから大勢のユダヤ人がイスラエルに移住し、いま両国はたいへん関係が深いです。ホトベリー副大臣の事務所からすぐに返信をいただき、イスラエルが核拡散をたいへん憂慮していることは分かりましたが、時間的に間に合わなかったかも知れません。

いま北朝鮮が核兵器を密売する危険性が非常に高まっています。というより北は、カネを積まれたら必ず売ります。北朝鮮はすでに数十個の核弾頭を保有しているとの観測がありますが、そのうちのたった一個を、数少ない友好国が「100億円出すから売ってください」と頭を下げてきたら、断るはずありません。核兵器密売は、核実験やミサイル発射と違って秘密裡に行われるので、北朝鮮から見たらリスクは低いのです。

北朝鮮は主要な外貨収入源だった石炭輸出を禁止され、今回の決議で繊維製品輸出や奴隷労働者派遣もダメになりました。本当に苦しいのです。これまで同様、カネになることなら何でもやります

fadc8606.jpg


ここで皆様にお願いがあります。いま一度安保理の国連大使にメールを送り、核兵器密売のリスクを訴え、高麗航空乗り入れ禁止決議を要請していただきたいのです。例文は前回と同じです。

実はこのロビー活動には、北朝鮮ミサイルの脅威に晒されていない国々を本気にする目的もあります。EU諸国にとっていま一番の課題はイスラム過激派のテロですが、イランやシリアを通して北朝鮮製核兵器が渡るリスクを認識すれば、北朝鮮問題は対岸の火事でなくなります。生きるか死ぬかの問題になるのです。そうやって各国の関与を引き出していきましょう。

例文をコピーするだけなら1分です。それではよろしくお願いします。


送り先 (多数に送っていることが分からないよう、宛名に自分のメールアドレスを入れ、BCCに下記をコピーしてください)
press@russiaun.ru, france@franceonu.org, uk@un.int, USUNPolFax@state.gov, missionboliviaun@gmail.com, egypt@un.int, pr.egypt@un.int, ethiopia@un.int, info.italyun@esteri.it, archives.italyun@esteri.it, p-m-j@dn.mofa.go.jp, japan.mission@dn.mofa.go.jp, kazakhstan@un.int, pr.kazakhstan@un.int, senegal.mission@yahoo.fr, sweden@un.int, uno_us@mfa.gov.ua, uruguay@urudeleg.org, uruguay@un.int, urudeleg@mrree.gub.uy


例文
件名: Air Koryo Smuggling WMD など(タイトルは個々別々のほうがいいので、できれば変更してください。From ・・・と自分の名前を入れても構いません)
本文:
Your Excellency,

I am writing to urge the Security Council to prohibit the entry of North Korean aircraft into territorial airspace of UN Member States. With the ban on coal imports in place, North Korea would likely intensify its sales of weapons of mass destruction, including nuclear weapons, in order to gain hard currency, and there is an urgent need to block smuggling routes.

Paragraph 129 of 2011 Panel of Experts report stated: "Prohibited ballistic missile-related items are suspected to have been transferred between the Democratic People's Republic of Korea and the Islamic Republic of Iran on regular scheduled flights of Air Koryo and Iran Air, with trans-shipment through a neighbouring third country."

North Korea has maintained strong ties with Iran and Syria. On September 2012, Iran and North Korea signed a scientific and technological cooperation agreement in the presence of Iranian President Mahmoud Ahmadinejad and North Korean parliamentary head Kim Yong Nam. North Korea assisted Syria with building a nuclear reactor that may have been part of a Syrian nuclear weapons programme, according to US official accounts.

The Jerusalem Post reported that in 2009, Major General (res) Amos Yadin, then the head of Israeli Military Intelligence, said Hamas and Hezbollah representatives regularly attended weapons tests in Syria and Iran where North Korean engineers and scientists were present.

There is no reason to believe that North Korea will turn down an offer to pay tens of millions of dollars.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)



翻訳文
大使閣下
国連安保理に、北朝鮮の航空機による国連加盟国領空通過を禁止するよう要請します。石炭禁輸が施行されたことで、北朝鮮は外貨獲得のため核兵器を含む大量破壊兵器の販売活動を激化させると思われます。そのため急ぎ密輸ルートを塞ぐ必要があります。
2011年度安保理専門家パネル報告書のパラグラフ129は、「禁輸対象の弾道ミサイル関連物資は、隣接する第三国を経由して、高麗航空とイラン航空の定期便を使い、北朝鮮・イラン間を移転したものと思われる」と記しています。
北朝鮮はイランとシリアと強固な関係を保ってきました。2012年9月には、イランのアフマディネジャド大統領と北朝鮮最高人民会議トップ・金永南の臨席のもと、科学技術協力協定が調印されています。アメリカの公式な説明によれば、北朝鮮はシリア核兵器開発計画の一環の疑いがある原子炉建設を手助けしました。
2009年にエルサレム・ポストは、当時イスラエル軍情報機関の責任者だったアモス・ヤドリン予備役少将が、ヒズボラやハマスの幹部がシリアやイランで行われる兵器実験に日常的に参加しており、その場に北朝鮮人技術者や科学者が同席していたと述べたと報じました。
北朝鮮が数十億円の支払申出を断るとは考えられません。
ご検討ありがとうございます。




★ 朝鮮総連の破産近づく!

前回解説したように、「朝鮮総連への破産申立てを行うべし」という訴えを、夕刊フジが9月11日に一面トップで取り上げてくれました。「日本独自制裁」「朝鮮総連強制解体要請」の見出しが躍る大変インパクトある記事でした。ネット版が下記になります。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170912/soc1709120010-n1.html

さらに9月16日の2面にも、詳しい解説が出ました。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170919/soc1709190004-n1.html

両方とも熱血漢・森本記者が書いた記事で、たいへん説得力があります。いま大きな反響を呼んでいます。

DJ1E-N5UQAA1Ktf

9月16日の夕刊フジ記事


実は今回の安保理決議でアメリカ草案から削られたものの一つが、金正恩の制裁対象指定です。もしこれが実現したら、朝鮮総連はどちらにせよ資産凍結対象になっていました。というのは、制裁対象者の「代理として若しくはそれらの指示により行動する者若しくは団体、及びそれらに所有され若しくは管理される団体」(決議のパラグラフ3)も資産凍結対象だからです。朝鮮総連は典型的な対象団体です。

金正恩制裁が実現していたら、日本政府は弱っていたはずです。というのは、管理下団体を直ちに資産凍結する法的根拠がないのです。新たな法律作りは、野党の猛烈な反発が予想されます。

しかし朝鮮総連の破産申立てを行えば、「資産凍結した」といえます。破産管財人が資産を管理下に置くのは、まさに資産凍結です。次の安保理決議で金正恩への制裁が実現すると思いますが、破産申立てを行えば新たな法律を作ることなく、決議を履行できるのです。

そうしたわけで、朝鮮総連破産が実現する可能性は結構高いと自負しています。近く政府高官や自民党幹部に面会し、拉致問題関係者数十人が賛同者に入った要望書を渡して訴えてきます。必ず実現したいと思います。



083dab96.jpg
山ざくら見つつぞおもふ武士のこころの花もさかりなる世を
(明治天皇御製)



「朝鮮総連強制解体」が夕刊フジ一面トップに!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、素晴らしいお知らせがあります! 

9月11日付夕刊フジが一面トップで、私のコメントを引用し、朝鮮総連破産申立てという独自制裁手段があることを報じてくれました!

DSC_0577


夕刊フジ編集部と記者さんに感謝です!
記事にあるように、現在政府に要望書を出す準備を進めていて、すでに著名人に賛同者に入っていただいています。大きな弾みとなりました。

記事の全文は、ウェブ版の「ZAKZAK」で御覧いただけます。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170912/soc1709120010-n1.html

内容としては、前回ブログの後半で書いたことと同じです。
本ブログ2017年9月5日付記事

IMG_3947



★ 日本国民は全員被害者!

私たち日本国民は、朝銀の破綻で1兆4000億円負担させられました。国民一人1万円以上です。そのカネは、私たちの生命を脅かす核・ミサイル開発に使われたものです。もう本当に、こんなバカな話はないのです。

なのに朝鮮総連は弁済しないどころか、裁判所に出廷もせず、「取れるもんなら取ってみやがれ!」という姿勢を見せています。資産を別名義で保有していて、強制執行が困難なので、甘く見ているのです。

今のままでは埒があきません。朝鮮総連を破産者にし、破産手続で処理する必要があります。皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。「総連を破産させるべき」という意見を拡散いただけると幸いです。

安保理に制裁案を提案しよう!

★ 北朝鮮に打撃を与えよう!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、北朝鮮がついに核実験を行いました。

今回は核実験なので、国連安保理で新たな制裁決議が採択されます。焦点は石油禁輸が実現するかどうかですが、むろん他の制裁も強化されます。そこで安保理理事国の国連大使に、北朝鮮航空機の全面乗り入れ禁止を訴えたいのですが、ご協力いただけないでしょうか?

Air_Koryo_Tu-204s

平壌の空港に並ぶ高麗航空機(画像:クレイ・ギリランド)


北朝鮮国営の高麗航空は、いまだ中国やロシアへの定期便を運航しています。もしこれが止まれば、ピョンヤンに行くには船か鉄道を利用するしかなくなります。もう本当に陸の孤島です(笑) そして自国の飛行機を使えなくなれば、北朝鮮は武器密輸やマネーロンダリングに重大な支障をきたします。大ダメージを与えることができるのです。

下記の例文では、北朝鮮がイランやシリア、テロ組織ヒズボラやハマスと関係が深く、高麗航空で核兵器が密輸されてしまうと警告しました。最後に、「北朝鮮が数十億円の支払申出を断るとは考えられません」とダメ押ししています。

ヨーロッパ人にとって北朝鮮問題は対岸の火事です。だからドイツのメルケル首相が無責任にも、「平和的で外交的な解決しか考えられない」と北朝鮮を助長するようなことを言うのです。
しかしもし北朝鮮製核兵器がテロ組織に渡る可能性を認識したら、ヨーロッパ人は自国の生存に関わる問題として真剣になります。そして外交的解決を実現するには、金正恩に死の恐怖をたっぷり味わわせる必要があるという事実に気づきます。自国が関われば、誰しも真剣に考えるのです。

ヨーロッパ人に自分の問題として捉えてもらうためにも、ぜひとも各国国連大使にメールをお送りください。高麗航空を止めて、北朝鮮を陸の孤島にしてやりましょう! コピペなら1分。よろしくお願いします。



送り先 (多数に送っていることが分からないよう、宛名に自分のメールアドレスを入れ、BCCに下記をコピーしてください)
press@russiaun.ru, france@franceonu.org, uk@un.int, USUNPolFax@state.gov, missionboliviaun@gmail.com, egypt@un.int, pr.egypt@un.int, ethiopia@un.int, info.italyun@esteri.it, archives.italyun@esteri.it, p-m-j@dn.mofa.go.jp, japan.mission@dn.mofa.go.jp, kazakhstan@un.int, pr.kazakhstan@un.int, senegal.mission@yahoo.fr, sweden@un.int, uno_us@mfa.gov.ua, uruguay@urudeleg.org, uruguay@un.int, urudeleg@mrree.gub.uy


例文
件名: Air Koryo Smuggling WMD など(タイトルは個々別々のほうがいいので、できれば変更してください。From ・・・と自分の名前を入れても構いません)
本文:
Your Excellency,

I am writing to urge the Security Council to prohibit the entry of North Korean aircraft into territorial airspace of UN Member States. With the ban on coal imports in place, North Korea would likely intensify its sales of weapons of mass destruction, including nuclear weapons, in order to gain hard currency, and there is an urgent need to block smuggling routes.

Paragraph 129 of 2011 Panel of Experts report stated: "Prohibited ballistic missile-related items are suspected to have been transferred between the Democratic People's Republic of Korea and the Islamic Republic of Iran on regular scheduled flights of Air Koryo and Iran Air, with trans-shipment through a neighbouring third country."

North Korea has maintained strong ties with Iran and Syria. On September 2012, Iran and North Korea signed a scientific and technological cooperation agreement in the presence of Iranian President Mahmoud Ahmadinejad and North Korean parliamentary head Kim Yong Nam. North Korea assisted Syria with building a nuclear reactor that may have been part of a Syrian nuclear weapons programme, according to US official accounts. On 9 September, The Telegraph reported that according to British officials, North Korea's sudden advancement in developing nuclear weapons may be due to secret support from Iran.

The Jerusalem Post reported that in 2009, Major General (res) Amos Yadin, then the head of Israeli Military Intelligence, said Hamas and Hezbollah representatives regularly attended weapons tests in Syria and Iran where North Korean engineers and scientists were present.

There is no reason to believe that North Korea will turn down an offer to pay tens of millions of dollars.

Thank you for your consideration.

Yours truly,
(あなた様のお名前)


翻訳文
大使閣下
国連安保理に、北朝鮮の航空機による国連加盟国領空通過を禁止するよう要請します。石炭禁輸が施行されたことで、北朝鮮は外貨獲得のため核兵器を含む大量破壊兵器の販売活動を激化させると思われます。そのため急ぎ密輸ルートを塞ぐ必要があります。
2011年度安保理専門家パネル報告書のパラグラフ129は、「禁輸対象の弾道ミサイル関連物資は、隣接する第三国を経由して、高麗航空とイラン航空の定期便を使い、北朝鮮・イラン間を移転したものと思われる」と記しています。
北朝鮮はイランとシリアと強固な関係を保ってきました。2012年9月には、イランのアフマディネジャド大統領と北朝鮮最高人民会議トップ・金永南の臨席のもと、科学技術協力協定が調印されています。アメリカの公式な説明によれば、北朝鮮はシリア核兵器開発計画の一環の疑いがある原子炉建設を手助けしました。9月9日に英テレグラフ紙は、北朝鮮核兵器開発の急激な進展はイランの秘密支援による可能性があるとするイギリス当局者の発言を伝えました。
2009年にエルサレム・ポストは、当時イスラエル軍情報機関の責任者だったアモス・ヤドリン予備役少将が、ヒズボラやハマスの幹部がシリアやイランで行われる兵器実験に日常的に参加しており、その場に北朝鮮人技術者や科学者が同席していたと述べたと報じました。
北朝鮮が数十億円の支払申出を断るとは考えられません。
ご検討ありがとうございます。



★ 朝鮮総連の破産申立てを!

いま私のほうでは、政府は朝鮮総連の破産申立てをすべきと訴えています。

8月2日に東京地裁は、朝鮮総連に対し整理回収機構への910億円の支払いを命じる判決をくだしました。朝鮮総連側は期日に出廷せず、書面も提出せず、一片の誠意も見せませんでした。朝鮮総連の無法を許していることが、北朝鮮に誤ったメッセージを送り、拉致問題の解決を遅らせています。すぐに破産させるべきです。

afdea871.jpg

朝鮮総連本部ビル(著者撮影)


朝鮮総連が支配下の朝銀信用組合を破綻させたため、日本国民は1兆4000億円(国民一人当たり一万円以上)も負担させられました。朝銀から北朝鮮に送金された金は、国民の生命を脅かす核・ミサイル開発に流用されています。これほど理不尽な話はありません。

ところが朝鮮総連は、競売になった本部ビルを法の趣旨を潜脱する形で買戻し、堂々と活動しています。買戻しに当たってわざわざ傘下企業「白山出版会館管理会」名義で極度額50億円の根抵当権を設定する挑発行為を行いました。傘下の保険会社、出版社、旅行社等は盛業中で、数十の中央団体や地方本部はそれぞれ事務所(持ちビル含む)を構えています。昨年は2万人を動員するイベントを開催しました。返済能力があるにも関わらず公然と無視しているのであり、我が国の司法が侮りを受けています。

そればかりではありません。平成26年に1億円の損害賠償を求める訴訟を提起されたとき、朝鮮総連は準備書面さえ提出せず敗訴に甘んじようとする不可解な行動をとりました。詐害意思があることは明らかです。また本部ビル買戻しの前に、香港在住の女性から競落名義人に10億円が送金されています。マネーロンダリング対策の国際義務の観点からも全容解明が必要です。

こうしたことから、破産手続の必要性は明白です。破産法では説明拒絶や虚偽説明、重要財産開示拒絶等の行為に懲役刑が定められています。郵便物は破産管財人に転送されます。司法への国民の信頼を取り戻すには、強制力が必要不可欠です。

安倍総理は8月29日のトランプ大統領との電話会談について、「北朝鮮に対して圧力を更に強めていくということで日米は完全に一致いたしました」と説明しました。断固たる姿勢で朝鮮総連に臨むべきです。



Emperor Komei

戈とりて守れ宮人九重の みはしの桜風そよぐなり
(孝明天皇御製)



プロフィール
アーカイブ
QRコード
QRコード

にほんブログ村 政治ブログへ

  • ライブドアブログ